ちょろの癒し部屋

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日記事を更新しています。

【スポンサーリンク】

冬は鬱っぽい

おはようございます。

ちょろです。

今日はこれまた一段と冷え込んでいます。

めっちゃ寒い。まあ、僕が住んでるのは南国なんで北国の人はもっと寒いでしょうが、人はその住んでる環境に慣れて皮膚感覚を作るようなので一概には言えません。

もし、今の僕が北海道に移住したら凍死しちゃうかも・・w

 

f:id:choro0164:20181124063338j:plain

 

寒いので昨日は一人さみしくカップラーメンを食べました。

 

マルタイさんのちゃんぽん。

いかにもカップラーメン!ってところが好きな理由です。

マルタイさんって全国にあるのかな??まあ、あんまりないでしょうね。

恐らく、東京、大阪にはあるのかもしれません。

スープがいかにもとんこつ!!って感じで美味しい。(ちょっと臭みがあります)

まあ、見かけられた際にはぜひお試しください。

 

冬は日照時間が短い

昼間の時間が一番長いのは夏至。夏です8月。

昼間の時間が一番短いのは冬至。冬です12月。

 

一日のうちで昼間の時間が約5時間も違うそうです。

あんまり意識していなかったけど意識すると確かに5時間くらいありそう!

だから、冬はどんよりしたイメージなのかもしれません。

 

ちなみに、北海道だと夏至と冬至の時間差は8時間。沖縄だと3時間半だそうです。

 

で、日照時間が短くなるとどうなるのか??

基本、元気が出にくくなります。

幸せホルモンセロトニンが出来にくくなるから。

 

 

朝の光を大切に

セロトニンは幸せホルモンです。

気分がいい状態をコントロールしてくれます。

感情の起伏を和らげます。

辛いことがあっても、悲しいことがあっても、少しはカバーできます。

 

セロトニンは朝の6時から9時の間に太陽の光を浴びることによって体の中で作られます。

 

朝の光はとっても貴重です。

特に冬は5時間も日照時間が短いのでマジで貴重。

 

冬にどんよりした気分になりやすいのはこの為です。

冬場は寒さで中々早起きするのが難しい。でも、朝の光を効果的に浴びることで幸せホルモンはどんどん出てきます。

 

成功者に早起きが多いのはその為です。

自然と、自分の価値も自分で認めやすくなります。

自分で自分の価値に気づく事が新しいチャレンジを加速させます。

自分の価値に気が付くと世界が変わって見えます。

世界が変わるとさらに自分も変わります。

 

夏も冬も早寝早起きのルーティーンをこなすことで、体にいいリズムが生まれます。

ちなみにセロトニンは朝の時間にしか作られないそうです。

昼間にいくら日光を浴びても作られないそうです。

 

つまりは、朝の時間ってめっちゃ大切。

 

夜もよく眠れる

そして、幸せホルモンセロトニンは夜になるとメラトニンっていうホルモンに変わります。

睡眠ホルモンメラトニンです。

つまり、朝早く起きてセロトニンを作れば夜も早く眠たくなるはずです。

 

自分の価値を信じられて、幸せホルモンも沢山出て、夜はぐっすり良質な睡眠がとれる。

 

このルーティーンで成功しないわけがありません。

全ての物事がうまくはいきませんが、少なくとも人よりは幸せな人生が待っていることでしょう。

 

自分で決めて自分で動く。

その為には、まずは自分の価値に自分で気が付く事。

ここから始めてみましょう。そして、早寝早起き。これがとっても大切です。

冬の短い朝をじっくり楽しみましょう。

 

 

 

 

【スポンサーリンク】