ちょろの癒し部屋

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日記事を更新しています。

【スポンサーリンク】

ギターと音楽1

おはようございます。

ちょろです。

先日、ツイッターのフォロワーさんからご意見を頂きまして、「ギターの初心者講座的なサイトが欲しい」とのことでした。

以前、ブログを書いてみたことはありますが、大した知識もないまま書き始めたのであっという間にネタ切れになって頓挫しましたので、今回はこのブログの「カテゴリーの一部」というくくりで簡単に書いてみようと思います。

 

まずは僕が使ってるしょぼしょぼギターをアップ。

f:id:choro0164:20181226063736j:plain

 

こちら、レスポールタイプと言われるギターです。

ギブソンと言えば聞かれたこともある方が多いのではないでしょうか?

 

こちら、音の特徴としては「太い音」「低音」が特徴です。

ロックといえばレスポールと覚えておいてください。

ロックギターのイントロのリフ部分にぴったりです。

 

f:id:choro0164:20181226064026j:plain

そしてこちら。ストラトキャスターってタイプです。

フェンダーって言葉なら聞いたことありますか?それです。

フェンダーさんが作ってるギターです。

音の特徴としては「繊細」「か細い」「エッヂが立っている」

でしょうか?しゃりっとした音がします。

 

初めてギターを弾くには何を買えばいいのか?

はい、まずはギターを仕入れよう!

ということですが、「どれ買ったらええねん?」ってやつです。

ますは、、、「誰かのお古」で十分です。

誰か、もうギター要らねえよって人はいませんか??

いない??いたら貰ってくださいね。それで充分ですから。

 

さて、「ぼっちな僕はいません」って方。

やっすいギターで十分です。

2~3万円くらいで売ってる初心者セットみたいのがあるでしょ?

それを買っときましょう。

ちなみに、自分の好きなギタリストが使ってるタイプと同じ型のモデルを使っとけばモティベーションも続きやすいですからおすすめです。

とにかく、「誰かにあこがれろ!」ここからスタートです。

「このギタリストかっこえーわー。この人みたいになりたい!!」って人を真似ましょう。それが第一歩。

 

あれ?どうやって弾くの?

そう、ロックギターは基本的にピックというもので弾きます。

指で弾く人も沢山いらっしゃいますが、とりあえずピックで弾いてみましょう。

そう、アーティストがステージから投げて、「きゃー!!」とか言われてるあれです。

ルナシーのSUGIZOさんが投げる姿がかっこいいです。個人的には。

 

どんなの買えばいいの?

まずは楽器屋さんへ行きましょう。(なければハードオフとかにもあったような、、)

三角形のやら、涙型のやら、三角おにぎりみたいのやら、色々な形があります。

素材や色も沢山あるでしょう。

 

ここでも、僕がおすすめするのは、「自分の憧れのギタリストを真似ろ」です。

自分の好きなギタリストが使ってるピックと似たような感じのものを買っとけば間違いありません。

100円くらいで安いので適当に何枚か買って帰って、色々弾き比べてみてください。

最初は弾きやすい、持ちやすい、ってもので弾いときましょう。

 

多分、初心者セットで買った中にピックもついてるはずですが、最初のカスタマイズはピックからってことで、安くカスタマイズするにはうってつけです。

 

なりきれ!

さらに、ギターを肩にかけるストラップも一緒に付属していますよね?

もし、なければ、楽器屋さんもしくはハードオフに行って適当に買ってきてください。

これも、自分の好きなギタリストを真似てくださいねw

そして、ギターを肩から下げて。ピックを持って、さあ姿鏡の前へ!!

 

何も弾けないけど、とりあえず「じゃらーーん」と鳴らしてみろ!!

これがロックだ!!魂だ!!

ということで、まずは形はOK。具体的に何を弾けばいいのか?どうやって弾けばいいのか?は教則本通りにお願いしますw(嘘です今度書きます)

 

でも、本当に教則本通りが一番近道かなー?とは思いますが、

個人的に思うことを今度まただらだらと書いていきます。

 

とりあえず、ロックは魂なので、それだけを忘れないこと。

そして、形から入ることが一番重要。

髪型も、服も、真似る。誰に何と言われようとそこだけは貫いてほしい。

 

なりたい自分をイメージしてつかみ続ける。

つかめなくてもつかもうともがき続ける。

これが初心者には絶対必要です。

僕達の存在は、意識です。意識が変われば色んな現実が変わるんです。そこからスタートです。

 

【スポンサーリンク】