ちょろの癒し部屋

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日記事を更新しています。

【スポンサーリンク】

日清食品「デカうま豚キムチ」を食べてみた。

おはようございます。

ちょろです。

今週も暖かい1月となりました。本当に春がやって来たみたいです。

そろそろ、花粉の飛散も始まりそう。。

花粉症だから外出時は気を付けようっと。。あとは薬ですね。

 

今夜はジャンクに

人生1度きり。

好きな時に好きな事をして何が悪いんじゃい!!

ということで、、体にだらしなく、昨晩のご飯はカップ麺。

日清食品さんの「デカうま」シリーズから、、「豚キムチラーメンを頂きました」

 

f:id:choro0164:20190123063045j:plain

大盛カップ麺シリーズの「デカうま」ちゃんです。

しかも、、セール中で、、なんと税込み91円!!安い!!

 

こりゃ買うしかないっしょ。

たまにはいいよね、ジャンクフード。カップ麺コーナーで「買ってよーー。」って僕の心に訴えかけてきました。こんなにエロいスタイルで心に訴えかけてくるなんて犯罪です。(あくまで個人の意見)

 

そして、熱湯を注ぐこと3分、、、

 

??あれ??スープをよく見ると、、、

「食べる直前に入れてお召し上がりください。」??

おおー。粉末スープを食べる直前に入れるタイプですか。初めて遭遇しました。

(もちろん調味油は食べる直前でした)

改めまして、、熱湯をカップの線まで投入!!

 

そして、待つこと3分。。

「来たぞーわーれらーの うーるーとーらーまーーん♪」

 

ウルトラマンが地球を救ってる間に出来ました!

 

f:id:choro0164:20190123064150j:plain

どどどん!!

辛いのかなーーー??

見た目はちょっと辛そうだけど、、

ちょい太麺でボリューム感たっぷりですね。

 

いざ実食。

f:id:choro0164:20190123064400j:plain

麺をずるずるーーーっと。。

スープもずずずーーっと。

 

味は、、、「あ、あんまり辛くない!!」

麺は、、「ちょい太麺なんでコシがあって美味い!」

このタイプの麺は伸びにくいから好きです。

 

そして、この「デカうま豚キムチ」さんのおすすめポイントは、、

 

「香り」です!!キムチの香り、唐辛子の香りが、部屋中に広がって、僕の食欲を大幅に掻き立ててくれました!

この香りだけでご飯が食べれそうな勢いですw

 

なので、、接客業の方。ご自宅以外で食べられる方、、匂いにお気を付けください。ここは大きなポイントです。

 

そして、、白飯&カップ麺で、、満足満足です。

これは美味い。

 

人生1度しかないから好きに生きよう

何度も何度も書きますが、「人生は一度きり。」死んだらお終いです。

僕達はこの世に産まれた瞬間から「死」への旅を続けています。

死なない人はいません。必ずいつかは死にます。

カップラーメンは確かに「体に悪い」のかもしれません。

カップラーメンだけを食べ続けていたらすぐに成人病にかかりそうです。w

 

でも、たまにはいいじゃないですか!

体が欲している物を食べて、「幸せ」を手に入れること。

 

今食べたいもの=体が欲しがっている物です。

人生は1度しかありません。

我慢して後悔するよりも食べちゃいましょう。ジャンクフード。

 

本当は僕達人間は賢すぎて「我慢」をしすぎているのかもしれませんね。

「我慢」をして無理にいい恰好をして生きるからストレスが溜まって、、「犯罪」を犯す。

自分に厳しく生きすぎるから攻撃的になってしまうのかもしれません。

自分への愛が足りないわけです。自分を愛せない人は人の事も愛せません。

自分のことを愛している人で「笑顔」じゃない人って見たことありますか?

僕はありません。

自分の価値をきちんと認められている人はいつも「笑顔」です。

周りの人に自分の価値を見せびらかす必要もないからいつも「ニコニコ」しています。

余裕があります。

我慢をしません。いや、、「我慢」ということを知らないのかもしれませんね。

「我慢」すらも楽しんで生きているのかもしれません。

僕もまだまだその境地までは達せていませんが、

少なくとも昔よりは自分のことを愛して人生を楽しめているとおもいます。

昔よりも攻撃的ではなくなりましたwきっとw

 

別に無理に我慢しなくても、まずは「自分に優しく、人に優しく」で生きてみたら、新しい世界を見ることが出来るはずです。

 

世界を作り出しているのは自分の持っている価値観です。

価値観の中に「自分への優しさ」を入れるだけで、新しい味の世界になるかもしれませんね。カップラーメンと同じです。

 

常識の外に本当は幸せがあるのかもしれませんね!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

 

【スポンサーリンク】