ちょろの癒し部屋

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日スピリチュアルブログを更新しています。

嵐さんの「超責任論」が日本を豊かにする

おはようございます。

ちょろです。

今日はそこまで寒くない2月5日です。

2月なのに、、、。完全に暖冬ですね。(南国西日本限定か?)

 

さて、、今更感が強いですが。

嵐さんの記者会見。「無責任」発言について。

 

嵐は今やジャニーズのエースです。

その嵐が活動を休止する。

それは本当に無責任なのでしょうか?

僕はそうはおもいません。

 

嵐の皆さんがどんな決断をするにせよそれは彼ららしい判断で僕達視聴者は彼らの想いを応援してあげるしかないのです。

 

僕達は何のために生きるのか?

f:id:choro0164:20190831174212j:plain

 

先日の嵐さんの活動休止記者会見。

もうみなさんよくご存じの質問 「今嵐を活動休止にすることは無責任ではないか?」という意見。

 

賛否両論あるようです。

でも、この質問を聞いた時に僕は「え??」とお口あんぐりでした。

 

「無責任??何に対して??」

「嵐だって人だぞ??人が人らしく生きることは無責任なのか??」

「意味がわかんねーよ。この発言。」

 

すみません。ちょっと怒り心頭ですねw

 

嵐も人の子生きてるのは自分の為

まず、僕達は何のために生きているのでしょうか??

はい。「幸せになるために生きているのです。」

不幸せになりたくて生きている人はまずいません。

幸せになろうとしたけど、結果的に今は不幸せ。というだけですよね。

 

「幸せ」とは誰の幸せなのか?

もちろん。自分の幸せの事です。

他人の幸せを願うのも大切ですが、まずは自分が幸せであるべきです。

自分が幸せな姿を見せられないのに他人を幸せにできるはずがありません。

 

大野さんは自分らしく生きたい

そして、嵐さんの活動休止の理由。

 

”大野さんが嵐以外の世界も見てみたい”

 

実に素晴らしい理由じゃないですか!!

自己の見識を広めたい!という前向きな理由にも聞こえます。

今はジャニーズ事務所に所属されていて、出来ることも限られているだろうし、やりたいことをやる時間もないでしょう。

この先”嵐”として活動し続ける限りそんな自由な時間は持てないのが現状だと思います。

 

でも、でも、そんな中で「俺、本当は別のことがしたいんだよねー。」

 

という、、勇気のある発言!! これは大変すばらしい事だと思います。

 

しかもですよ、、国民的アイドルグループで日本最大級のインフルエンサーである嵐のリーダーの発言。

本当に僕は思います。「大野さん勇気ある発言をありがとう。」

 

ここで、すごく大切なのは、、

大野さんは誰のために生きているのか??

 

そう。大野さんのために生きていらっしゃるわけです。

 

他人の為に生きてるわけではありません。

そして、人生は1度きりです。

「今しないと後悔します。絶対に後悔します。」

大野さんのこの発言は無責任なんでしょうか??

そして、その発言を受け入れて、めっちゃ長い時間をかけて、行動を起こそうとしている嵐さん達は無責任なんでしょうか??

 

まずは、自分の人生に責任を持つべき

大体思うのが、、

「自分の幸せな人生の責任を取れない奴が他人の幸せな人生の責任なんか取れるわけねーじゃん。」

ってこと。

まずは、自分が幸せになる方が先じゃろがい!!

ってことが言いたい。

もし、大野さんがこれから先も我慢して、、

「本当は嵐の活動より別のことがしたかったんだよねー。」

って思いながら中途半端にテレビに出続けられる。

表情からはそんな一面も垣間見えるようになってくるかもしれません。

そんな可哀そうな彼を見て、みんな幸せを感じられますか?

(もちろん、嵐さんはプロなのでそんな表情はされませんが。)

 

僕達は、「いきいきしてて、楽しそうで、ワクワクしてて、元気な人」からパワーをもらって幸せになるんです。

 

「無理に頑張っている人からもらえないパワーを貰いたいんです。」心の中では。

 

そんな大野さんの勇気ある発言はまさに ”一番の責任者” にふさわしいのではないでしょうか??

 

f:id:choro0164:20190205071840j:plain

 

無責任と言う言葉の亡霊に踊らされている日本人

日本人は「無責任と言う言葉」を他人に投げつけるのが好きです。

自分の事は棚の上に上げておいて他人にはしっかりと「あなた無責任だね。」と厳しく当たります。そんなに完璧に責任を全うできる人はいません。

 

さらに、嵐のメンバーがそんなに無責任だとは思えません。

無責任という言葉は昔の人が創り上げた「亡霊」のようなものです。

 

 

会社を去るには人に迷惑がかかるから無理

サラリーマンは会社をなかなか辞めれません。

特に日本人の思考は根底に ”終身雇用制度” なるヤクザのようなしきたりが根付いています。

死ぬまで同じ組織に居ることが美しくて素晴らしい。

極端に言うとそんな感じです。

 

「会社を辞めることはダサい。根性がない。継続性がない。」

 

こんな心理もあるでしょう。

 

本当にそうでしょうか??

会社を辞めると、人に迷惑がかかるの??

その行為は ”無責任” なの??

 

「いやいや、、会社ってさ、誰かが欠けてもその役割を補い合うために組織にしてんじゃねーの??」って僕は思うんです。

 

「今日は風邪ひいちゃったから、ちょっと休ませてーー。」を誰かがカバーしあう。

持ちつもたれつ。ですよ。それと一緒だと思うんですよね。

しかも、その退職に向けて ”引継ぎ” まできちんとしてるなら尚更責任感のある行為だと思うんです。

 

だって、「勇気を出して自分のやりたいことを決めて実行しようとしてるんですよ??」

そんな凄い人を無責任呼ばわりすること自体、おかしくない??って思います。

 

もし、本当に辞めることで人に迷惑がかかるのなら、、

「人に迷惑をかけてでも、幸せな自分の人生を生きようぜ!!」

って思います。

 

ひょっとしたら、「会社を辞める」「アイドルを辞める」って決めたから新しい運命の歯車が回りだすかもしれないじゃないですか?

 

「あの時に会社を辞めたから起業して金持ちになれた」とか、

「会社を辞めたら素敵な人と巡り合えた」とか。

 

 

先のことは誰にも分かりません。

だからこそ、今を大切に生きて、自分が幸せになるべきなのではないでしょうか?

 

そんな、 ”幸せなあなた” を見て周りの人たちはみんな幸せになるもんです。

「え??いいじゃん。みんなで幸せになっちゃえば??君もなる??ええやん。そうしよう。」で、いいじゃないですか。

 

日本の労働生産性が上がらないのはここに理由がある??

前述しましたように、日本人は基本 ”終身雇用” の意識です。

一度入った会社は辞めないほうが素晴らしい。の価値観で評価しあっています。

 

実は、「こんな仕事やりたくねーな。」って言いながら「本気になれない毎日」を過ごしているわけです。

本当はやりたい仕事があるのに、我慢して今の仕事をし続けていて、それが最高に美徳だと思っているのです。

 

それって非効率じゃないですか??

ひょっとしたら、本当にやりたいことを仕事にしたらめっちゃくちゃ生産性が上がるかもしれませんよね??

 

そう。自分のやりたいことにはみんな「本気」になれるからです。

本気になれば新しい発想は沸々と湧いてくるものです。

 

やりたいことが沢山あれば効率を上げることも考えます。

 

やりたくないことを極力減らしてやりたいことに時間をかけるようになります。

自分のコアバリューに特化するようになります。

 

そしたら、気が付くとみんなが助け合って、、

「俺、この仕事得意だからやらしてくれよー。」

ってなるじゃないですか??

そしたら、労働生産性が上がるんじゃないでしょうかね??

 

そう。仕事を辞めることも、嵐さんが活動休止されることも、どっちも「勇気ある幸せになるための大きな決断」なわけです。

 

これが ”無責任” だとは到底思えません。

むしろ、 ”超責任” ある行動なのではないでしょうか?

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

【スポンサーリンク】