ちょろの癒し部屋

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日記事を更新しています。

【スポンサーリンク】

Creofugaで「反発」しあう5人がタッグを組み楽曲を作りました。

おはようございます。

ちょろです。

いよいよです。いよいよこの時がやってきました。

f:id:choro0164:20190217063251p:plain

楽曲投稿サイト「Creofuga」で出会った5人のクリエイターが力を合わせ、一つの楽曲を完成させました。まずはお聞きください。「STAGE」

 

 

昨年2018年の11月よりプロジェクトはスタートし、様々な意見をぶつけ合い、互いに磨き合い、ついに一つの楽曲を完成させることが出来ました。

そう、それはまるで「一つの石をみんなで磨く」ごとく積み重ねて積み重ねて仕上げていく感じ。

一人では到底出来ないことを5人で力を出し合って磨いていきました。

 

チームで作ることの素晴らしさ

僕は普段「自己解決型」で楽曲を仕上げています。

自分で発起→作曲→作詞→アレンジ→完成。

全ての工程を基本は一人で作ることが多いです。

全ては自分のアイデア次第。自分の思い通りに進めていきます。

でも、今回は5人。みんな違う想いを持ち、みんな違う捉え方をします。

そりゃ、完全に一致することはありません。

でも、意見を交換し続け、長い時間をかけ続け、メンバー5人全員が「納得」する作品が出来たと思っています。

 

「チームで作ると何が良いのか?」と考えました。

 

きっと、、「オーラのレベルと量」が一人で作る時とは比べ物にならないほどパワフルになるんだろうなー。というのが答えです。

僕一人の想いではありません。5人の想い。

5色のオーラがまるで虹のようにまとまって一つの作品に宿る。かっこつけて言うとそんなところでしょうか。

 

ここで出会う「縁」

この作品には間違いなく「縁」があります。

僕が、ギターを弾いていなければ、曲作りをしてクレオフーガにアップし続けていなければ、音楽を途中で辞めていたら、発起人のリーダーからの提案を引き受けていなければ、、

沢山の「偶然」のような「必然」の中で産まれた「奇跡」なんだと思います。

僕の少しの判断。そのタイミング。行動。イメージ。どれが欠けていてもみんなとこの曲を完成させることは出来なかったのだと思います。

そう。やっぱり全ての物事には「縁」があるんだな。と改めて気づけた3か月間でした。

 

 

特設ホームページは以下からアクセスできます。

reactcreofugacwtea.wixsite.com

 

ホームページに詳しいメンバーのプロフィールも書いています。

楽曲が出来るまでのカレンダーも載せています。

みんなの「熱い想い」を感じて頂ければ大変うれしいです。

 

自分の世界が全てじゃないことの素晴らしさ

僕は「世界を客観的に見る」ことは出来ません。

それはこの世に生きる誰でもそうです。

どんなに客観的に物事を判断しようと思っても、全ての判断には主観が入ります。

だから、世界は70億通りの見方が出来るのです。

世界中に生きる人間70億人。その数だけ世界が存在します。

だからこそ、自分の世界ではない場所から見た一つの物。

その感じ方を伝えあえることはとても素晴らしい事なんだな。と思います。

この世に正解はありません。

自分が正解だと思ったことが正解。

 

人の価値観を互いが尊重し合い、時には意見をぶつけ合い、今まで誰も見えていなかった世界を見に行く。

 

そんな新しい「STAGE」の中で僕達「ReAct+」が反発しあい、化学変化を起こして、一つの旅を終わらせた。

 

そんな素晴らしい1日になったように思います。

 

この素晴らしい出会いをもたらしてくれたCreofugaさんに感謝です。

 

creofuga.net

 

お気軽にユーザー登録いただき、React+を是非フォロー下さい!

(リスナー目的で登録される方も沢山いらっしゃるのでご安心ください。数分で登録できます)

 

素敵なメロディと歌詞を是非ご堪能いただければ幸いです。

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

 

 

【スポンサーリンク】