ちょろの癒し部屋

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日記事を更新しています。

【スポンサーリンク】

本当に美味しい料理のレシピが人生を豊かにしてくれる理由

おはようございます。

ちょろです。

 

今日からまた気温が段々下がってしまうようです。

夜は凄い風が吹いていました。気圧が変化しているようですね。

 

 

春の天気は変わりやすいものです。

 

さて、皆さんはなぜ料理を作って食べるのでしょうか??

 

・お腹が空くから

 

・美味しい料理を食べて幸せになりたいから

 

・美味しそうなレシピを試してみたいから

 

・愛する人に美味しそうなレシピで幸せを届けたいから

 

 

 そこには様々な理由があると思います。

美味しそうな料理のレシピは僕達の心をワクワクさせてくれます。

 

人生とは「幸せになる為」にあります。

不幸になる為に生きている人はいません。

 

どうして本当に美味しい料理のレシピが人生を豊かにしてくれるのか?

その結論から言います、、

 

豊かな人は本当に美味しいと感じる物しか食べないから

 

です。

非常にシンプルな答えでがっかりされたことでしょう。

 

自分の好きな物、美味しいと感じるものだけを食べているのが「人生を豊かにする人」です。

 

では、どんな料理が本当に美味しくて人生を豊かにしていくのかを記事にして行きます。

 

本当に美味しいロールキャベツが豊かにしてくれる

 

f:id:choro0164:20190331062911j:plain

手作りロールキャベツ。

これは美味しいです。でもめっちゃ作るの大変。かなりの時間がかかっています。

 

僕は手作りロールキャベツが大好きです。

 

シンプルなトマトの味付けと「お肉のハーモニー」が最高です。

しかも、キャベツの甘みがプラスされ、あっさりとした仕上がりにしてくれます。

 

今回は本当に美味しいロールキャベツのレシピにするためにサワークリームを投入しています。

トマトソースとサワークリームの相性がこんなにいいなんて知りませんでした。。

 

本当に美味しいロールキャベツは「手作り」に限ります。

 

人生は一度しかないので本当に美味しい料理を食べて豊かになろう

f:id:choro0164:20190910062911j:plain

 

人生は一度きり。死んだらもう二度とこの肉体で生きる事は出来ない。

別の肉体で別の人生が始まるのかもしれませんが、それは誰にも分からない。

 

しかも、もう今と全く同じことは経験できない。

今の一瞬は二度と戻ってこない。

 

なのに、僕達は不安や恐怖を感じて「我慢する」という感情を優先してしまう。

我慢することでポジティブにいれる時はいいと思うんですが、自分の体調を崩してまで我慢する必要は無いと思う。

 

つまり、、、

 

「今食いたいもん食っとけよ。」

 

っていうことです。本当は野菜なんて嫌いで肉しか食べたくないんだけど、、健康の事を考えて野菜ばっかり食べている。。

 

そんな我慢は必要なし。今すぐに肉を食べましょう。

野菜が欲しくなったら野菜を食べたらええんです。

 

辛い辛い野菜ロードの先に肉が待っている訳ではありません。

しかも肉というゴールにたどり着く頃にはお腹がいっぱいで肉が食べれなくなってる可能性もある。

 

うそーーー。せっかく我慢して野菜食べたのに、、、もう食べれない。。

こんなことになる前に「好きな物を食っとけ。そしてそんな自分を責めるな。」

 

じゃあ、一生野菜を食べずに健康でいられるのか??

 

それは無理。だけど、肉ばっかりずーーっと食べてる人ってあんまり見たことない。

急に野菜が食べたくなったりするもの。

 

もしくは、肉ばっかり食べてるのにも関わらず健康体な人も世の中にはたくさんいる。

結局は「自分が自分の事をどう感じるか?」

 

自分はどうなりたいのか?自分で自分を責めていないか?罪悪感を感じていないか?が大切。

 

日本人よりアメリカ人の方が肉をいっぱい食べてるけど、確かにアメリカ人の方が病気になる人は多いけど、それは全ての人じゃないし健康な人もいる。

 

「肉って体に悪いんだよねー。適度に野菜を食べなきゃ。」

 

っていうのを信じてる人は野菜を食べるし、

 

「肉を食べないと元気にならないよ。」

 

っていうのを信じてる人は肉ばっかり食べる。

 

「野菜しか食べなかったらきれいになるのよ。」

 

ってのを信じて実行し続けている人はとってもきれいな人かもしれない。

 

全部、自分が感じたことを素直に受け入れ、自分を責めずに素直に実行している。

自分の事を疑っていない。

 

するとそんな人に合わせた世界が目の前に広がる。

「毎日好きな物食べてる私は幸せで、こんなに素晴らしい世界はない!」

 

なんて盲目的に思い込んでいるから、体も健康。

 

でも、ある日急に野菜が食べたくなってベジタリアンになってしまうかもしれない、

そんな時も、、

 

「肉ばっかり食べてたけど、やっぱり野菜が最高よ!」

なんて真逆の事を言い出すかもしれない。それでも自分を全く責めていなければ彼女は幸せ。

 

周りの人は彼女を「わがまま」だと非難するかもしれないけれど、僕達は人から好かれるために生きてるんじゃない。自分が幸せになるために生きてる。だからこれでOK。

 

本当に美味しい料理は他人に施す為でなく、自分で味わうためにある

f:id:choro0164:20190905055825j:plain

自分の為に生きる事が悪なのか??

いえ、それは違う。

 

人の為に生きる事は善。

でも、自分が不幸になりながら人の為に生きるのは悪だと思う。

 

まずは自分が幸せを感じる。

そして、周りの人も幸せになる。この順番。

 

人に施しを行うことで幸せな気分になれるんだったらそれが一番いい。

でも、自分はめっちゃ我慢して毎日グチグチ言って、人の為に頑張るんだったらそれは違うと思う。

 

愚痴は言わない。って我慢するのも違うと思う。

愚痴を言わなくてもいいように自分が自分に優しくなればいいと思う。

 

もう周りの人はあなたを真っ白な目で見てくるかもだし、直接攻撃もしかけてくるかもしれない。それでも進む勇気があるか?ここが大切。

 

僕は毎日自分のやりたいことをやりたいペースでやっている。

サラリーマンの時も今もそう。

 

きっとこれから先もずっとそうする。じゃないと一度きりの人生を与えてくれた両親、ご先祖様、神様に申し訳ない。

 

そして、自分が幸せになっていることが本当は人の役に立っている。

 

「あ、そんなに自由でいいんだ。」

 

なんて感じて無理をしなくなる人が増える。これも利他の心。

一見自分の事しか考えていないように見えて、、実は周りの人の役に立っている。

 

自分だけが苦痛を味わう人生なんてもうやめた方がいいと思う。

そして、みんなで幸せになりましょうよ!!

 

別に誰かに喜んでもらうために料理を作らなくていいと思います。

 

自分が本当に美味しいと感じるものを自分の為だけに創る。

これが、周りの人の心を動かし、みんなが幸せになる本当に美味しい料理を作り出すのです。

 

他人の為に利他の心で行動するという事は最終的に「自分が幸せになる」ということを忘れてはいけません。

 

人それぞれ違う価値観で本当の美味しさを判断している

f:id:choro0164:20190831071201j:plain

人の価値観は十人十色です。

 

みんな必ず違います。

 

あなたが本当に美味しいと思っているものでも、僕からしたら、、

 

「まず!!!」

 

と思う味付けかもしれません。その逆もしかりです。

 

だから、本当に自分で美味しいと思う物だけを作り続ければいいし、他人にも「これが本当に美味しい料理なんだ!」と差し出せばいいのです。

 

とてもシンプルな事です。

他人の事を考える必要はありません。

 

あなたが本当に美味しいと思う物を提供しましょう。

 

最後に

いかがでしょうか?

 

人間と言うのは非常にわがままなものです。

 

みんな実は「自分の事しか考えて生きていません」

どんなに他人の為だと思っていてもそれは「廻りまわって自分に返って来ることを狙っています」

 

僕達の無意識領域はそれほど欲張りなのです。

 

あなたはもっと自分にとって本当に美味しい料理ばかりを食べ続けるだけでいいのです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

【スポンサーリンク】