ちょろの癒し部屋

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日記事を更新しています。

【スポンサーリンク】

そわかの法則を実践した時に起こった3つの効果

こんにちわ。

ちょろです。

 

人は幸せになるために生きています。

では幸せになるためにはどうしたらいいのでしょうか??

当たり前ですが、効果の出る幸せになる事を実践するしかありません。

 

このテーマに正解はありません。

「自分が幸せだ!」というのはその日その日で違います。

人それぞれ幸せを感じる時も違います。

 

それでも僕は幸せを追い求めて今日も生きていきます。

 

小林正観さんの本「そわかの法則」を実践して効果を体験してみよう!

そしてそわかの法則の効果を実証してみよう!

そわかの法則はかなり効果的で即効果が表れやすいです!

f:id:choro0164:20190521123029j:plain

何年か前ですが、「小林正観さん」の有名な著書、「そわかの法則」を読ませていただきました。

 

簡単に言うと、「そうじ、笑い、感謝をし続けることで人は幸せになれますよ」という内容です。

 

・掃除をすることによって心をきれいにしてあげる。

・笑い続けることで自分が元気になる。人も元気になる。

・感謝をきちんとすることで、お互い様の関係を維持できる。

 

そう、「自分が変わるから世界は変わるんだ。」ということが書かれています。

僕達は生きているうえで無意識のうちに「そわかの法則」を実践して生きています。

今回はその「そわかの法則」を実践した時に起こったことや、なぜ「そわかの法則」でなにかが起こるのか?を記事にしていきます。

 

「そ・わ・か」の法則

「そ・わ・か」の法則

 

 

簡単に読めて読みやすいので是非お勧めしておきます。

 

小林正観さんは「宇宙の法則」や「引き寄せの法則」、「仏教」などを基軸に「心理学者」としてご活動されている作家さんです。

 

どの本も読みやすいので大変おすすめです。

中でもこの「そわかの法則」は特に読みやすい良書です。

 

掃除を実践することで変わる世界と効果

f:id:choro0164:20190521124506p:plain

最近、ミニマリストブームの様で物を捨てられる方が多いです。

と、この僕もその一人。

先日から家の不要な物をどんどんどんどん捨てました。まずは掃除から実践です。

ちなみに、こちらのミニマリストブロガーさん「イカキムさん」( id:ikakimchi)も毎日ブログを書かれていて、ミニマリスト的な思考を得られるのでおすすめです。

www.ikakimchi.biz

 

完全にミニマリスト生活を実践されています。

 

僕も先日使っていないラック、着ていない服、コードや電化小物など。

捨てまくりました。掃除の実践です。

 

そして、必要最低限の物のみ残す、もしくは買い足して部屋をすっきりさせました。

 

整理整頓の「整理」の部分ですよね。整理とは「不要な物を捨てる事。」です。

物が減ると、世界の気の流れ(エネルギーの流れ)が良くなります。

 

エネルギーの流れが良くなると部屋の中が明るくなったような気になります。

空気も今までとは比べ物にならないくらいきれいな物になります。

 

神様も仏様も家に来やすい状態になります。

「神様、今日、うち来てもええでーー。」

と気軽に誘えます。神様を誘う事を実践しています。

気分が良くなって効果を即実感できます。

 

特にトイレ掃除の実践が最強だそうです。

トイレの神様が一番「お金持ち」なのだそうです。

まずはトイレ掃除から始めましょう。

掃除はトイレに始まってトイレに終わります。

そわかの法則の実践はトイレからです!

 

笑うことで出る出る元気。笑う事も実践で即効果あり!

f:id:choro0164:20190521125023j:plain

笑うことで元気になります。

これも常識のお話。

 

でも、なかなか笑うことが実践出来ない人もいます。

僕は「YouTube」さんの力を借りたりしながら「笑い」を実践するようにしています。

(お笑い系を見ます。サンドウィッチマンさんとか、細かすぎてつたわらない物まね選手権とか)

永らくお笑いの仕事を実践されている方は凄いです。

シンプルな事を笑いに変えられるプロですね。

 

 

 

もし、仕事で大きなストレスを感じられた方。

おすすめは、「口角を上げること」を実践することです。

この方法も即効果を実感できます。

 

これもビジネスでは常識のお話。

口角、つまりほっぺたの筋肉を上に持ち上げて「えくぼ」をしっかり作るようなイメージです。さあ、すぐに実践してみてください。

 

僕達が生きていく上で「人とのかかわり」は欠かせません。

誰とも関わらずに生きていくことは不可能です。

どうせ、人と関わるのだったらお互いに気分良く関わり合いたいですよね??

 

そこで、笑顔と「口角を上げる事」です。

特にビジネスの場では「いっつもへらへら笑う」ということは出来ません。

 

笑う事を会社で実践しようものなら

「お前、なに笑ってんだ!!」

と言われてしまうのがオチです。

 

そこで「口角を上げたままの顔でいつもいる。」

すると、あら不思議。「嫌なストレスが軽減されます。」

これがそわかの法則笑いの実践の効果です。

 

大切なプレゼンの前、発表するステージの前、上司に怒られたとき。

 

どんな時でも実践できます。

自律神経のバランスを整える効果もあります。

ストレスを感じている時は交感神経が優位な状態。

そこで笑う、口角を上げることを実践すると副交感神経が刺激されてストレスを軽減してくれるという仕組みです。

 

そして、笑う事で体は免疫力を高めてくれるのです。

癌などを抑制してくれる免疫細胞。「ナチュラルキラー細胞」は笑うと活性化されます。よく笑っている人は病気になりにくいのです。

 

笑うことを実践すると心も元気になるし体も元気になるのです。

こんなに早く効果を感じられる方法はあり得ません!

「笑う門には福来る」という言葉は本当ですね。

 幸せホルモン「セロトニン」と同等の効果がありそうです。

 

感謝をする。ありがとう。を毎日実践することで産まれる効果!

f:id:choro0164:20190425130019j:plain

そして、最後に感謝を実践します。

「色々なことを支えてくれてありがとうございます。」

ということです。

 

今、ここに当たり前の様に存在出来ていることは当たり前では無く、色々な人がいてくれているから自分があるという事を今一度感謝し続けなければいけません。

感謝し続けることがそわかの法則の感謝の実践です。

感謝をし続けることで効果の有難みに気が付けます。

 

僕達人間は当たり前の様にこの世に生きています。

でもそれは多くの人の支えによって存在出来ているという事なんです。

 

大体、「自分の親がいなければ自分は存在していません。感謝も実践できません。」

 

そして、自分にとって「心地いい存在」の人もいれば自分にとって「心地よくない存在」の人も必ずいます。

 

世の中の全ての人から好かれている人はまずいません。

 

世の中の50%は自分の味方だけど、残りの50%はどうでもいい人なのです。

 

でも、僕はここで思うんですが、

「この世界はパズルゲームのようなもので、誰かが欠けても成り立たなんじゃないか?」

そんなことをよく思います。

僕がいるからあなたがいて、あなたがいるから僕がいる。

それは自分にとって「心地のいい人」も「心地の悪い人」も含めてみんなそうです。

本当はみんなが互いの価値を認め合って感謝を無意識のうちに実践しているのです。

 

「この世に存在しなくていい人などいない。」

というわけです。

だから、どんどん色んなご意見を聞きたいな。

とも思うんです。

傷つくこともあります。悲しくなって死にたくなることもあります。

 

でも、「全ての人から好かれる人はいない。」

そして、「あなたがいてくれてよかった。」

のです。

 

そんなあなたの存在に心の底から感謝を実践したいと思います。

 

「いてくれてありがとう。」

 

感謝をすることで「もっと人に頼って生きていいんだ。」と思うことが出来ます。

相手の為に感謝の言葉を伝えますが、それは自分の為でもあるのです。

インドでは「ごめんなさい」という言葉は在りません。「ありがとう」という言葉で意思を伝えます。

「助けてくれてありがとう。今度は私が助けるわよ!」でいいのです。

心が凄く楽になって効果を簡単に感じられます。

 

最後に

幸せで生きるという事は「今の世界で自分が生きていられる」ことに感謝することです。

掃除をして、笑い合って、助けてくれてありがとう。と感謝をすること。それがそわかの法則の実践です。すると簡単に効果を感じられるはずです。

 

お金がいくらあっても幸せではありません。いつか必ず飽きます。

自分が存在していることを感謝し、自分で認めることが出来た時に本当に幸せはやって来るのではないでしょうか??

さあすぐにそわかの法則を少しでもいいから実践してみませんか??

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

先日「ミニマリストへの道とDIY」をした時の記事です。ご参考までに見ていってください。すっきりしました。

www.choro0164-iyashibeya.site

 

【スポンサーリンク】