ちょろの癒し部屋

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日記事を更新しています。

【スポンサーリンク】

バカと子供がスピリチュアルには最高な理由。受け入れることが大切。

おはようございます。

ちょろです。

 

突然ですが、スピリチュアル。

胡散臭いですよね??スピリチュアル思想。信じれますか??

 

僕はブログでも永遠と書いているように、かなり信じています。

というか、かなり科学的なものだと思っているので実世界はスピリチュアルで回っていると思っています。

 

そこで、今回はスピリチュアル思考を高める為にはどんな状態が良いのかを書いていきます。

 

スピリチュアル思想で大切な事。

それは「受け入れて自分の物にする」ということです。

 

ただ、「頭で分かる」だけではダメです。

「受け入れて自分の物にする」ことが大切です。

 

バカ、と子供。この両者の状態にあれば、スピリチュアル思考を受け入れやすくなります。ではその理由を書いていきますのでご覧ください。

 

バカと子供は考えない

f:id:choro0164:20190527065806j:plain

 

先程から、「バカ」「バカ」と記述してしまいバカを気にされていらっしゃる方がおられましたらごめんなさい。

 

でも、「バカ」というのは「低質のバカ」と「高質のバカ」があると僕は思っています。

 

まず、「低質のバカ」。

・自分の強欲だけで人を傷つけ裏切り、犯罪行為まで起こしてしまう。

自分の欲望がどれほどあるのかを理解もせずに最悪は殺人やテロまで起こしてしまう。

 

そして、「高質のバカ」。

・素直な感情の持ち主。感情的にもなりやすいが冷めやすい。人を傷つけない。

笑顔が素敵。笑いが絶えない。人から頼られるが、人の事も頼る。

 

こういう違いです。

簡単に言うと「悪魔(低質)」と「天使(高質)」の違いのようなものです。

 

僕は、なるべく「天使」タイプでいようと思っていますが、まだまだ「悪魔」タイプがたまに出てきます。まだまだ人間として未熟なようです。w

 

どちらのバカも短絡的であまり考えないところは共通です。でも、出来たら「高質なバカ」でいたいですよね。

 

子供の感覚もスピリチュアルには非常に最高です。

 

子供は考えていい無いわけではありません。

ただ、「考えられる知識の幅が狭い」だけです。

僕達大人と違って今までの経験が非常に少ない。

 

少ない経験の中で今の現状を理解しようとする。だから思考が大人に比べて前向きです。怖がりにくい。

 

しかも、子供は「産まれた時の状態」に大人よりも近いです。

この世におぎゃあと産まれて来た時に「思考」がある人はいません。

 

考えて行動できる人は間違いなくいないと思います。

(もしいたらすぐに神様になってくださいw)

 

つまり、純真無垢な状態に近いのが「子供」ですね。

 

「バカ」と「子供」どちらもスピリチュアルな思考を受け入れ実行しやすい価値観を持っています。

 

受け入れやすくなる性質

まずはこちらの写真をご覧ください。

f:id:choro0164:20190525064634j:plain

まるで、映画「スタンドバイミー」を彷彿させる写真です。

 

4人の少年たちはワクワクと好奇心だけで旅立ちます。

悪者の手から死体を守るために正義の味方4人の少年はワクワク、ドキドキの旅に出かけるのです。

 

ただ一つの目標の為に4人の子供が助け合いながら楽しんで進んでいく旅です。

この先にどんな「恐怖や不安が待っているのか?」など考えていません。(考えていても大人が考えるそれとは度合いが違います)

 

そして、「バカ」。

「バカ」も何も考えていません。

考えてはいますが、短絡的です。

とにかく、脳が動き出すのと同時に手足が動いています。

(ひょっとすると手足の方が早い可能性もある)

とにかく行動力があります。

思い立ったらすぐに動き出してしまいます。

 

だから、時に犯罪すれすれの行為をしてしまいます。

犯罪をすると警察のご厄介にもならないと行けなくなるのでスピリチュアル的にはNGですが、いつも笑顔でニコニコ、人との助け合いをしている「バカ」はそんな犯罪とは無縁です。

 

笑顔でニコニコしている状態はワクワクしている状態。

人との助け合いをしている状態は「チームワーク」なのでドキドキしている状態です。

 

「バカ」も「子供」も共通のところに行き当たりますよね。

「ワクワク(好奇心)」と「ドキドキ(不安)」ですね。

 

そして、この二つの要素とさらに大切な要素を次項に書いていきます。

 

受け入れるための素直さ

夢を叶えるためには「この夢は叶う夢なんだ。」と思い込めることが大切です。

叶わないと思った時点で夢は叶いません。

 

この夢を叶えたい。

だから、毎日夢に向かって努力しよう。進んでみよう。

 

ワクワクとドキドキの連続で毎日が進んでいきます。

 

しかも、「夢は叶うもの」「夢はいつか手に入るもの」と受け入れて信じ切っているので進む道はぶれません。

 

「バカ」も「子供」もドキドキ(不安)も感じていますが、ワクワク(好奇心)を忘れることはありません。

考えすぎない性質があるからです。

 

しかも、いつもニコニコしている。人からの助けも素直に受け入れる。

ドキドキという(不安)ストレスを感じてもワクワク(好奇心)だけで進む。

 

だから、気が付くと「夢」に向かって膨大な努力をしているわけです。

 

変に考えすぎる大人よりもよっぽど強いです。

素直さは強さです。

 

でも、全く考えないわけではありません。

上手くいかなかったら直感的に感じて、同じ失敗を繰り返さないように無意識に工夫します。

 

それは、大人が行う小手先のテクニックだけに捕らわれない工夫ではありません。あくまで直感的に感じたことを行動に移すだけです。

 

これは知能の付いた大人には出来ないことで「バカ」か「子供」が得意とすることです。

 

夢に自然と向かっている

f:id:choro0164:20190523185431j:plain

 

ということで、「バカ」も「子供」も夢に自然と向かっています。

特に毎日意識して夢を追いかけているわけではありません。

「夢は叶うものだと信じ切っている」のでそんな「叶えてやる的な意識」はありません。

 

つまり、「無意識」の領域で進んでいるのです。

繰り返して、毎日継続する。

 

継続しながら失敗すると無意識的に改善する。

でも。心は折れない。「夢は叶う」と受け入れて信じ切っているからです。

 

スピリチュアル的なパワーは「顕在意識」が行う事ではありません。

「潜在意識」がスピリチュアルなパワーを利用し、現実を変えて引き寄せてくるのです。

 

仕事は1万時間やると身に付く。と言いますが、まさにこれは「引き寄せの法則」なのです。

 

「その仕事をやりたかったわけじゃない」とあなたは言うのかもしれませんが、「やめたい理由」もなく1万時間継続してしまったわけです。

それは、やりたかったことと一緒です。

 

仕方なく1万時間継続できたのならそれはやりたいことです。

もし、もっと他にやりたいことがあるのであればそれを今すぐに実行すればいいだけの事です。

「バカ」も「子供」もすぐに実行すると思いますよ??

だから、時間がかかってもスピリチュアルパワーを受け入れて「引き寄せてくる」のです。世界を変えてしまうのです。

 

最後に

スピリチュアルなことは本当は詐欺でも嘘でも霊でもなんでもありません。

僕達人間が普段から確実に実行していることであり、当たり前の様に続けていることなのです。

努力をする、頑張る、の中にはワクワクとドキドキが混在しています。

もし、直感的に「これは違う」と思えばやり直せばいいだけです。

 

ワクワクすることドキドキすることをしていこう、継続しよう、というのは実は「頑張って努力して継続しよう」と一緒の事なんですね。

 

あなたも今日から「バカ」になって「子供」の好奇心から学んで目の前のやるべきことに全力でトライしてみませんか??

今まで叶わなかった夢が突然思ってもみなかった形で叶うかもしれません。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

【スポンサーリンク】