ちょろの癒し部屋

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日記事を更新しています。

【スポンサーリンク】

引き寄せの法則は音楽やアートにも必要な情熱が必要な理由

おはようございます。

ちょろです。

 

引き寄せの法則はスピリチュアルパワーを使ったものです。

突然ですが、皆さん「引き寄せていますか?」

僕は毎日引き寄せまくっています。情熱で燃えています。

引き寄せと情熱が僕の人生を前に進めてくれているといっても過言ではありません。

 

ちなみに、これは僕の認識なのですが、

「スピリチュアルパワー」というのは「霊的なパワー」というのが世の中では一般的です。しかし、この解釈はあくまで「クリスチャン」の方に偏った解釈だと思っています。僕は仏教徒なので「霊的な」と言われてもピンときません。

そこで僕はこの「スピリチュアル」という言葉は

 

僕達人間の目には見えない不思議なパワー

 

として認識しています。気とかオーラとかプラーナとか、全て一緒の認識です。

僕達は引き寄せの法則で動いていて、時に引き寄せの法則で動かされています。

その根源となるのが情熱的なスピリチュアルパワーなのです。

 

特に、音楽などのアートとは抜群に関わり合いが深いです。

では、今回は「引き寄せ」と「音楽」や「アート」などとの関りを記事にしていきます。

 

この世は目に見えない情熱が引き寄せ合っている

f:id:choro0164:20190613075645j:plain

この世は「引き寄せの法則」で成り立っています。

いわゆるスピリチュアルパワーが世の中には無限に生じていてその波に乗りながら僕達人間が生きているという状態です。

もしくは、僕達人間の存在も「スピリチュアルパワー」その物なのかもしれません。

 

なぜこんな事を書くのかというと、僕達の体はめっちゃ小さな素粒子の集まりです。

空気の存在も素粒子。

その空気の素粒子の中で僕達の肉体を構成している素粒子が「人型」に集まっているにすぎないからです。

ということはここでもう「人型の体を形作るための引き寄せ」が行われています。

 

僕達はこの世に無限に存在する情熱的なエネルギーの一部分なのですね。

地球も宇宙も実は一緒です。

予め不動の物が存在しているわけではありません。

絶えず変化を続ける素粒子という情熱のエネルギーが集まっているだけです。

 

毎日僕達が生きていく中で「今日は〇〇をしよう」「明日は〇〇をしよう」と行動するための予定を無意識的に立てます。そして実行して「思い通りにいったかいかなかったか?」で一喜一憂して幸せと不幸せを決めます。

 

そこでも、引き寄せの法則は働いているのです。考えて実行するだけですが、無意識的に引き寄せを行っているわけです。

行動することで産まれる「音楽」や「アート」もスピリチュアルの一部です。

 

音楽は情熱という空気の振動

f:id:choro0164:20190613080551j:plain

音楽は情熱という名のスピリチュアルパワーの振動です。

僕達の耳には空気の振動として届きます。

 

音楽やアートは素晴らしいです。僕達が皮膚や目で感じた物や事を、体の全ての能力を使って空気の振動や素粒子の再形成によって表現し続けているのです。

 

「今はこんな音楽が流行り」とか「こんな画風が流行り」とか世の中には当たり前の様に流行りが存在しますが、その流行りの具体的な表現は誰も出来ません。

 

つまり、具体化できない抽象的なものが音楽やアートの情熱エネルギーだからです。

 

目に見えないスピリチュアルパワーです。

そして、僕達は元々世界に存在する「スピリチュアルパワー」の一部を体中で感じ、そのパワーを音楽やアートとして表現しているのです。

 

つまり、スピリチュアルパワーを体の中で作り変えているような状態です。

これぞまさに「引き寄せの法則」の一部分なのです。

 

自分で何かを産み出したいと思って空気を動かす。

スピリチュアルを感じてスピリチュアルな行動を起こす。

そして、そのスピリチュアルパワーで人を感動させている。それだけなのです。

 

聞いている人や見ている人の感情を揺さぶるほどの激しい感情は、「強烈な引き寄せの法則」が現れたものです。

 

あなたの魂が音楽やアートに乗り移り、引き寄せの法則として世界中の人々の感情を変えていくのです。これは、「考え続ける動物人間」にしか出来ない事です。

 

音楽やアートは非常に崇高な物だったのです。

 

引き寄せの法則は人間にとって必要な物

f:id:choro0164:20190613081701j:plain

引き寄せの法則は人間にとって必要不可欠です。

全ての存在は引き寄せ合って存在しています。

 

今僕がこうしてブログを書く為にパソコンに向かい、さらにキーボードをタッチしていますが、これも引き寄せの法則です。

 

僕が、「ブログを書きたい」と思わなければパソコンは存在しませんし、はてなブログにもアクセスしていません。

マウスも無いかもしれませんし、ブログを書くためのアイディアも浮かばないかもしれません。

 

しかし、僕が「ブログを書きたい!」と思えばそれら全てを手に入れようと情熱を持って行動を起こします。

全ての物が揃って「じゃあブログを書くか?」ではなく、

「ブログを書きたい!」「書いて人気になりたい!」「ワクワクしたい!」という情熱的なスピリチュアルエネルギーがあるから全てを引き寄せるのです。

 

ワクワクすることを書いた記事もありますので読んでみてください。

www.choro0164-iyashibeya.site

 

「ワクワク」「情熱」「エネルギー」「引き寄せ」それは何にしても一緒です。

 

喉が渇くから水を飲む。

その水道まで行けば水が飲める。

水を飲むために喉が渇いているのかもしれませんね??

乾いた喉に流し込む水の美味しさがを感じたいから喉を渇かせている。とも感じられます。

 

当たり前の様に毎日を繰り返していますが、この毎日は情熱とスピリチュアルパワーで作り上げられた「引き寄せ」の毎日だったのです。

(そんなことも意識できないほど僕達は忙しくて、無意識領域の働きは凄いという事を実感できる)

 

人を感動させるのは情熱だ

f:id:choro0164:20190613083053j:plain

人の心を感動させるのは「情熱」という名のスピリチュアルエネルギーです。

情熱が無ければ人は感動しません。

情熱というのは僕達は全く意識していないかもしれませんが、無意識的な力でその「量」をコントロールしているのです。

 

自分が感動してスピリチュアルエネルギーを放出すれば、近くにいる人はみんな感動しやすくなります。

 

同じ景色を見ても感動する人も感動しない人もいますが、、スピリチュアルエネルギーを出して感動を与えやすい情熱的な人と一緒に行くとより強く感動できるようになります。

 

そんな人はいつもワクワクしている人です。

ワクワクは「引き寄せの法則」に非常に大切な要素ですよね??

 

スピリチュアルエネルギーを出して人を情熱的に感動させている人は実は「引き寄せの法則の達人」だったりします。

 

いつも元気でワクワクしている人は全ての引き寄せをガンガン行っている人です。

 

音楽をしている人で人気のある人は何かしらの「オーラ」を感じる人が多いです。

素晴らしい音楽を作る自信のようなものもあるのでしょうが、それだけではない、その人から感じる情熱のような物を感じます。

 

音楽の演奏技術は普通なのに、人気になる音楽家もその部類に入ると思っています。

 

理屈で語れるものではありません。それが情熱をはじめとする「スピリチュアルパワー」なのです。

 

そして、これから先普及してくるであろうAIにはこの情熱を再現することは難しいです。

情熱というのは人の不完全な部分です。不完全なパワーがあるから世界は引き寄せ合うのです。完璧になった途端に世界のスピリチュアルエネルギーは止まってしまいます。

 

最後に

今回は引き寄せの法則と音楽やアート、それを表現するための情熱。について書いてきました。いかがだったでしょうか??

僕は普段の仕事でも「情熱」というスピリチュアルパワーは動き続けていると信じています。

「情熱」を持てない人からは感動を得られません。

逆に「情熱」さえあれば大抵の事は引き寄せられるようになります。

それが、「引き寄せの法則」なのです。

 

すぐに結果が出ないからと諦めてはいけません。

時間をかけてゆっくり情熱を燃やしていけばいいのです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

【スポンサーリンク】