ちょろの癒し部屋

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日記事を更新しています。

【スポンサーリンク】

秋の長雨でストレスパワーを溜めることが必要な理由

おはようございます。

ちょろです。

 

季節の変わり目と言えば「長雨」です。

夏の終わりから秋の始まりまでは「秋雨前線」というのが日本付近に停滞します。

太平洋高気圧と大陸からの高気圧の境目ですよね。

そこへ雨雲が流れ込んで長雨を降らせます。

 

長雨で嫌な事と言えば、

 

「気分がどんよりしてワクワクしない」

 

ということです。

令和のワクワクおじさん「ちょろ」としてもさみしい限りです。(自称)

でもこの秋の長雨。実はあなたの人生をワクワクさせるための要素の一つだとしたらどう思いますか?

実は、この秋の長雨、秋雨前線は僕達の秋をワクワクさせてくれるために必要な雨だったのです。

結論から書きますと、

 

秋雨前線があるから僕達は秋の風情を感じてワクワク出来る

 

ということです。

では、記事を書いていきます。

 

秋に近づくと長雨になる秋雨前線

f:id:choro0164:20190820063152j:plain

秋になると紅葉が美しいです。

紅葉は「寒くならない」と見れません。

つまり、「夏から秋へ季節が変わること」が重要なのです。

 

季節が変わるという事は「空気が変わる」ということです。

地球を覆っている空気の層にはいくつもの「温度の差」があります。

その空気の層が徐々に入れ替わることで日本には「四季」があるのです。

 

夏から秋に季節が変わると、日本の上空の空気が徐々に変わっているという事です。

人間の目には見えませんが、今、空気は変わっているのです。

 

ただし、空気の変わり方は昔とは変化してきているのかもしれません。

30年位前までは確かに「お盆を過ぎれば涼しい」というのは定説でしたが、今現在、「令和時代」の盆明けは「まだまだ残暑が厳しい」です。

 

太平洋高気圧がどこまで元気な状態でいるのかが「夏と秋」を分けるターニングポイントですが、昔とは「太平洋高気圧の元気な時期」がちょっと変わっているのかもしれませんね。

 

少なくとも、太平洋高気圧の淵に出来る「秋雨前線」が秋の訪れを教えてくれることは間違いないようです。

 

とりあえず、今の長雨は太平洋高気圧の周りの前線がもたらしている「秋の気配第一弾」なのは間違いないでしょう。

 

夏が暑いから、秋の涼しさを感じられて、紅葉の美しさも身に染みるという訳です。

 

雨は最高のストレスの場所

f:id:choro0164:20190820064222j:plain

雨が降ると普通の人が感じる感情は、

 

「雨は嫌だね。洗濯物も乾かないし、気分がどんよりするよ。もう長雨はうんざり。」

 

というようなことでしょう。

例えば、通勤や通学が徒歩や自転車の方であれば「行きたくない理由」の一つに雨が挙げられるかもしれませんね。

 

とにかく、雨が降るとストレスが溜まってワクワクしにくくなるものです。

 

梅雨時期にも長雨でうんざりする記事を書いています。

www.choro0164-iyashibeya.site

 

ただし、そのストレスというのは本当に悪い物なのでしょうか?

人間はストレスが無ければワクワクは感じられません。

 

ワクワクを感じるためにはストレスは必要不可欠な物なのです。

 

今の秋雨前線での長雨からくるそのあなたの「ストレス」。

本当に悪なのでしょうか?

秋の長雨のストレスの場所が無ければ僕達は「秋晴れの良さ」を理解することは出来ません。

 

秋雨のストレスから解放されたときの開放感は何物にも代えられないくらいのワクワクパワーなのではないでしょうか?

 

秋雨前線が日本列島を覆っている間には、その長雨を楽しみながら、どんよりうんざりした気分を持って、しっかりストレスを溜めておくことが重要なのかもしれません。

 

この世に不必要な物など無いのです。

 

人が罪を犯すときは自分の事を認めて欲しいから

話は変わりますが、犯罪者が罪を犯すのは「自分の事を認めて欲しいから」です。

自分は犯罪行為をして人を傷つける事でしかその存在を認めてもらえないと「宗教的に」信じているのです。

誰もがたたえ合って尊重し合う素晴らしい世界であれば「争いごとが起こること」も無くなって来るのかもしれませんね。(世界の理想像)

 

ストレスからのワクワク秋晴れ

f:id:choro0164:20190522072517j:plain

秋晴れって言うのは気持ちがいい物です。

空気も夏とは変わり、「爽やかさらさら」です。

風も心地よく吹いて、太陽の温かさをじんわり感じることが出来る。

それが秋晴れです。

 

なぜ、秋という季節がこんなにも心地いいのか?

という事なのですが、

正解は「夏が暑すぎるから」ということと「秋雨前線の長雨がうんざりさせるから」ということです。

 

長雨の時に溜め込んだストレスパワーはあなたの秋の心地よさを演出してくれる一つの武器なのです。

 

夏の暑さでストレス。夏の終わりの長雨でストレス。

そして、新学期の始まりでストレス。

 

その多くのストレスを感じるからこそ、秋晴れの日の「ワクワク爽快感」を感じることが出来るのです。

 

ストレスをあなたがどうやって捉えるのかで今の「秋の長雨」の過ごし方が変わって来るのではないでしょうか?

 

ストレスパワーを溜めて解放することが有用です。

www.choro0164-iyashibeya.site

 

僕は、おとなしく秋雨前線の持つ長雨が止むのを待っています。

しかも、「なんて心地のいいストレスなんだ」と思いながら待つようにしています。

 

確かに真夏の燦燦とした太陽の時期からはちょっぴり離れて寂しい感じはします。

しかし、次にやって来る素晴らしい季節「秋」の前触れだと思うと心はどこかワクワクする物なのです。

 

今、感じているストレスは確実にあなたの人生をプラスに変えます。

 

どんなストレスでもあなたの人生を変えるきっかけになる

世の中には「ストレスを我慢しすぎて病気になる人」が沢山います。

日本にはうつ病で病院を受診される方が年間に300万人以上いらっしゃるそうです。

ストレスの最大の問題は「我慢して発散できにくい」ことにあるのだと思います。

 

ストレスそのものが悪いのではなく、「ストレスをむやみに解放すると周りに迷惑を掛ける」という日本の教育に問題があるように感じます。

責任感が強くて人一倍頑張る島国の人「日本人」。

今まで技術力で日本人の「価値」を提供してきているので致し方ない部分はあるのかもしれませんが、決して、

 

ストレスを解放することで人に迷惑は掛けません。

怠けることで人に迷惑は掛けません。

 

逆に、どんなに迷惑を掛けまいと思って生きていても人は常に迷惑を掛けている状態です。それが自然なのです。

犯罪者になる前に、「適度にストレスを解放できる場所」が必要なのだと思っています。

ストレスをどう感じて、どう解放するかで「あなたの人生は確実に変わる」と思います。

 

涼しくなると感じるワクワクがある

f:id:choro0164:20190518071118j:plain

涼しくなってくると僕達は暑さから解放されてワクワクします。

夏の暑さと長雨で溜め込んだストレスが一気に解放される場所です。

 

涼しくなると虫の鳴き声も変わります。今まではセミだったのが秋の虫に変わって来るのです。

www.choro0164-iyashibeya.site

 

秋の涼しさは確実に僕達の体にプラスの影響を与えてくれます。

ワクワクを感じさせるきっかけになるのです。

 

季節の変わり目に人はストレスを感じ、さらにワクワクする。

そこには、この世の全ての物が上手く絡み合って縁を作り、その中で僕達が生かされているという事を感じ取れる場所でもあるのです。

 

秋の訪れは確実に僕達をワクワクさせてくれるでしょう。

読書をしてもいい、美味しい物を食べてもいい、旅行に行ってもいい、運動をしてもいい。

秋の楽しみ方は人それぞれです。

どんな楽しみ方をしてもあなたが確実に感じられるのは「ワクワク」という感情だけでしょう。

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

秋雨前線から発する「秋の長雨」。そしてその長雨から感じるストレスはこんなにもあなたの人生のワクワクに好影響を与えてくれているのです。

 

ストレスを感じることは悪い事ではありません。そのストレスを上手く解放出来ないことに何かしら問題があるのではないでしょうか?

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

【スポンサーリンク】