ちょろの癒し部屋

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日記事を更新しています。

【スポンサーリンク】

すごく儲かる仕事を探しても無駄【とにかくやりたい仕事をすべき】

おはようございます。

ちょろです。

 

皆さんは「すごく儲かる仕事」に興味がありませんか?

きっとこの地球に生きている人であれば間違いなくすごく儲かる仕事に興味があるはずです。

 

僕達が生きていく上で「お金」というものは必要。

そのお金を稼ぐために今あなたがやっているのは「仕事」なのです。

もっと簡単に多くのお金を得ることが出来るのであればそれはとても「裕福」な話ですね。だからみんなもっと楽をしたくて「すごく儲かる仕事」を探します。

 

結論から言います

 

すごく儲かる仕事はありません。ただ、儲かるきっかけの仕事はあります。

 

ということです。

あなたは「すごく儲かる」をテーマに仕事を探しすぎ。

どんなに頑張ってすごく儲かる仕事を探したからと言って目の前に現れることはまずあり得ません。

 

そして、そこには大きなスピリチュアルパワーが絡んでいるのです。

 

まずはその「すごく儲かる」という言葉から離れてみることをおすすめします。

それでは具体的に記事を書いていきます。

 

給与が安すぎて続けられない仕事

f:id:choro0164:20190922065702j:plain

すごく儲かる仕事があるという事は、全く儲からない仕事も世の中にはあります。

むしろ、今の日本では「殆どの仕事が儲かりにくくなっている」というのが正しいのです。

 

そんな儲からない仕事の中には「給料が安すぎて続けられない仕事」もあります。

では、なぜ給料が安いのでしょうか?とても簡単な答えです、「儲からないビジネス」だから。収益性が低いビジネスを頑張っているから給料が安すぎるのです。

 

もちろん、「収益性が低いけれどこのビジネスが無くなったら困る」というものは無くならないように国が補助しているものもあります。

 

また、国の為に絶対に必要な仕事は公務員を使って行われているでしょう。

この仕事は国の税金から出ていくため基本的には無くなりません。

 

給料が安すぎて働き手が続けられない仕事は早急に無くすべきか、副業をさせて生活を維持させるのがいいと考えます。

 

なぜ給料が安いのかは「儲からないから」。

ということはその民間企業は世の中から「価値が低い」と思われている可能性が高いです。で、あるならばもっと規模を小さくしてスモールビジネスにするか大きな会社の一部になるのが自然。

 

給料が安すぎて生活できないと思う企業は早急に辞めるか生活に掛かる固定費を削っていくしかありません。その企業は儲からない仕事をしている可能性がかなり高いです。

 

人口が減ってきているのに簡単にすごく儲かる仕事はない

f:id:choro0164:20191030081130j:plain

引用元:統計局ホームページ

 

ご存知のように日本の人口は減り続けています。

約1億2000万人いた人口はこの20年で200万人程度減ったことになります。

今後も確実に人口は減っていくとの予測です。

 

人口が減って、消費が減っているのに「簡単にすごく儲かる仕事」はありません。

消費が旺盛な時には簡単にすごく儲かる仕事が沢山ありましたが今の時代はそういう時代ではありません。

 

さらには、経済のグローバル化でお金は日本国内にだけ留まる事はありません。

世界中に日本のお金は出て行っています。

 

消費は減る。そしてお金も減る。であれば昔の様に多くのお金で取引をする時代では無くなってきているのです。

円の価値も昔より上がっています。

少ない円で大きな買い物が出来るようになったのが今の「デフレの日本」と言えるでしょう。デフレは悪い事の様にみんな思っていますが、僕は悪いだけとは考えません。

 

ただ、お金の回り方が以前より小さな流れになっているだけだと考えるからです。

小さな商圏の中で小さな金額が動いてそれで生活を維持できているのであれば「無理に儲かる仕事」をする必要も無いかもしれません。

 

過去の栄光に目がくらみ、「昔は良かったなー」と考えることはナンセンスです。

昔は「多くの円」が無ければ必要な物が買えなかった時代。今は少ない円で多くの物が買える時代です。

 

もちろん、より「多くの円」を得たいと考える欲は非常に大切です。

しかし、無理に頑張って時代の流れにあらがう事は正直お勧めできません。

 

今の日本は実は「暮らしやすい国」なのだと思っています。

 

儲かる仕事を探す前に「今やりたい」が出来る勇気を持つ【スピリチュアルパワーが必須】

f:id:choro0164:20190902072945j:plain

儲かる仕事を探すことを辞めてはいけません。

 

しかし、「儲かる仕事」だけにスポットを絞っていては一生「儲かる仕事」は見つからないものです。

そんなものはないから。儲かる仕事を探す前にあなたがするべきことは

 

あなたの信用と価値を高める事

 

です。

それはまず「あなた自身が自分の価値に気が付く事」から始まります。

 

資格取得などを勧める人もいます。資格取得も大切ですが、「外見ばかり」にこだわり過ぎてもいけません。

まずは「自分は価値のある存在だ」ということを自分で認識するところから始めませんか?

 

「私には価値も信用も無いのー」と言っている人に誰が「あなたを信用してるし価値も認めるよ」と言ってくれるでしょうか?まずはその「自分に価値がない」という感覚を改めるべきです。

 

資格取得をせずとも出来る事。

今日からあなたは自分の価値をきちんと認めてマイペースに仕事をこなしていけばいいのです。

 

あなたが自分の価値に気が付くと、「今やりたい仕事」が見えて来ます。

あなたが自分の価値に気が付かないから「やりたいけどやらない」と決めていた仕事がふわふわーっと浮き出てくるのです。

 

そこに必要だったのは「やりたいことをやる勇気」だったのです。

あなたが自分の価値に気が付いた時に「大きなスピリチュアルパワーの動き」があります。その動きがあなたの世界を変えて、さらに「やりたい仕事」をさせてくるのです。

 

そのやりたい仕事を継続することが実は「儲かる仕事」に繋がっていきます。

やりたくない仕事を継続していても「儲かる仕事」にはなりません。

 

まずは、あなたが自分の価値に気が付く事。ここから全てが始まります。

 

とにかくバカになって仕事をすべき【バカはスピリチュアルパワーを持つ】

f:id:choro0164:20190527065806j:plain

やりたいと思える仕事が見つかりだすと、とにかく後は「バカになって仕事をする」だけです。

 

 

やりたかったけれど諦めていた仕事に勇気を出して挑んだならあとはもう前に進み続けるしかありません。

 

初めからすごく儲かる仕事を探し続けても答えが出ません。

まずは、あなたがやりたいと思う仕事に真剣になってバカになって毎日取り組んでみましょう。

 

働き方改革で「作業の効率化」も叫ばれていますが、あなたがやりたい仕事は決して効率的な仕事ではないかもしれません。

 

でも、あなたはバカになって仕事をやり続けるのが大切です。

その継続の先に「作業の効率化」が待っています。

 

僕は「フリーランスのライター」として生きていますが、この仕事も決して効率的ではありません。しかし、僕はやりたいことをやり続ける為に今の仕事を選んでいます。

 

どの仕事がおすすめで、どの仕事がすごく儲かるのか?を決めるのはあなたなのです。

 

僕がやっても儲からなかった仕事をあなたがやったら儲かってしまう事もあります。

つまり、仕事をやる人によって違うもの。

バカになってしまった人は「どんな仕事が自分に向いているか?」なんて考えません。

だから鬼の様に仕事を続けて結局「すごく儲かる仕事」にたどり着きます。

 

そこには大きなスピリチュアルパワーの流れがあるのです。

 

転職をするというのは不安な物です。以下の記事も参考ください。

www.choro0164-iyashibeya.site

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

すごく儲かる仕事を探し続けても答えはありません。

 

とにかく今は「あなた自身が自分の価値に気が付く」そして「とにかくやりたい仕事だけ」をするべきなのです。

その先にあるのが「すごく儲かる仕事」なのかもしれませんね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

【スポンサーリンク】