ちょろの癒し部屋

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日スピリチュアルブログを更新しています。

平野美宇選手は引き寄せられていなかったのか?そうではない理由

おはようございます。

ちょろです。

 

先日から行われている「ITTFワールドツアーグランドファイナル」。

卓球の1年間の総決算である大会。今年のナンバー1をこの大会で決めます。

 

大会自体がスタートしたのは1996年から。

2014年に石川佳純選手が日本人として初めてこの大会で優勝して以来、完全にチーム中国に後れを取っている日本。

 

この大会は来年行われる「東京五輪」の卓球女子シングルスの最終選考残り1枠を掛けた大会でもありました。

 

惜しくも一回戦で敗退して夢破れてしまった平野美宇選手。

彼女は「小さいころから五輪の金メダル」を切望していましたが今のところ願望実現には至っていません。それでは、彼女は願望を実現できないのでしょうか?

結論から言うと、、

 

今はまだ戦いの途中で、世界はまだ変わり続けているところ

 

だということです。

彼女が目指しているのは4年に一度の五輪、女子シングルスでの金メダルです。

ハッキリ言って「物凄いスピリチュアルパワー」で世界が変わらなければ手には入りません。

 

彼女の引き寄せの法則の現実化はいつなのでしょうか?

今回は平野美宇という女子卓球選手に迫っていきたいと思います。

 

平野美宇選手とは?

f:id:choro0164:20191213065731j:plain

平野美宇選手。

2000年4月14日静岡県沼津市生まれの19歳の女の子です。

美宇という名前は「スペースシャトルエンデバー」の打ち上げ成功で感動したご両親が「美しい宇宙」から取って名付けられたとのこと。

 

ご両親ともに卓球経験者で筑波大学の卓球部でキャプテンを務められた経験もあるほどの腕前の持ち主。ご家族が全員卓球をしていらっしゃって卓球家族の長女です。

 

卓球選手ではロンドン五輪金メダリストの「張継科選手」のファンで、プライベートでは乃木坂46のファンを公言していらっしゃいます。

握手会への参加や直筆のサインを持ち歩くなど、かなりのファンぶりが伺えるでしょう。

 

卓球をしている時は鬼のような形相ですごい集中力ですが、プライベートでリラックスしている時は普通の19歳の女の子だと言えそうです。

 

7歳から五輪での金メダルを引き寄せようとしている

f:id:choro0164:20191213070715j:plain

平野美宇選手が五輪での金メダルを目指し始めたのは7歳の時。

ご両親の影響で卓球を始めた少女はいくつもの大会で優勝を飾り続け、目指して生きてきたのは五輪での金メダル。

 

しかも、今回五輪に出られることが決まれば会場は「日本」。

自国開催のアドバンテージの中で戦えるというのは非常に選手にとって有利な条件でしたが惜しくも「東京五輪の女子シングルス」の選考からは漏れてしまいました。

 

女子シングルスの五輪選考枠は2枠。

1枠目は平野選手と同じ年の伊藤美誠選手。五輪代表選考獲得ポイントで1位にいる選手です。その後を追うのが石川佳純選手と「平野美宇」選手です。

 

石川佳純選手とのポイントの差は僅か135ポイント。どちらが選ばれてもおかしくない状態です。

ということは今回の大会「ITTFワールドツアーグランドファイナル」でより上位に食い込んだ方が残りの1枠を獲得できると言える大会でした。

 

しかし、結果は無常な物で平野美宇選手はあえなく初戦敗退となってしまい、五輪女子シングルスの切符はあと一歩のところで手から逃げて行ってしまいました。

 

苦しくても前に進んでいるとさらに変化する

f:id:choro0164:20191203062832j:plain

平野美宇選手のここ数年の心境は想像を絶するような不遇が多かったのかもしれません。

信頼するコーチが中国へ帰国。なかなか勝てない日々。ご本人も「ラケットを握ると涙が出て、吐き気もした」とさえ言われるほどの苦しさです。

 

前回のリオデジャネイロ五輪でも涙をのんだ平野美宇選手。そこからの血のにじむような努力は彼女にしか分からない過酷さだったのでしょう。

 

そんないばらの道でも彼女は苦しみながら前に進んできました。

中国からコーチが戻り、前向きになろうと頑張り続けました。

それでも気持ちは付いてこず、結果もあと一歩の事ばかり。

 

彼女は五輪の切符を引き寄せられていないのでしょうか?

 

いや、まだ結果を焦るのは早いです。今の平野美宇選手は「苦しくても前に進み続けている状態」。いつまで進み続けるのか?苦しみはいつまで続くのか?それは「死ぬまで続く」といえます。人生は「苦しい」のが基本の状態。

苦しみを感じない人はいません。

 

ただ、その苦しみのストレスがあるから現実を大きく変えるスピリチュアルパワーをさらに動かすことが出来るのです。

 

平野美宇選手は結局いつ引き寄せられるのか?

f:id:choro0164:20191213072433j:plain

結局のところ平野美宇選手はいつ「五輪での金メダル」を引き寄せられるのでしょうか?

それは誰にも分かりませんが、とにかく4年後の五輪に期待するしかないと言えるでしょう。日本人で五輪の女子シングルスで優勝した卓球選手はいません。それだけ高いハードル。それだけ重たい現実を動かそうとしているわけですから平野美宇選手にはまだまだ大きなエネルギーを動かしてもらうしかないのです。

 

凄く頑張って来て、涙も溢れて苦しみから解放された今。

今こそ少しづつ現実が変わろうとしているのではないでしょうか?

 

ストレスが大きくたまって、その後に解放される。

その解放されるタイミングでスピリチュアルパワーは大きく動き出し潜在意識をガラッと変えます。ストレスが溜まっただけの状態では潜在意識は変わりません。

あくまで「ストレスからの解放」があるから世界は変わっていくのです。

 

こちらの記事もご参考ください。

www.choro0164-iyashibeya.site

 

 ストレスパワーはようやくダムを決壊させて平野美宇選手から溢れ出し始めました。

会見での「涙」にはそれだけ多くのパワーと愛が詰まっています。

人の事を安心させてくれるのは「沢山の涙」です。ストレスから解放されたことをあの涙が物語ってくれていると思います。

 

もうダメだ。と思える限界まで頑張った彼女をたたえて、また4年後の五輪でのシングルスに臨んでもらいたいと心から応援します。

 

平野美宇選手が輝いて見える理由

 

 

 こちらは先日の一回戦の模様をまとめた動画です。

この平野美宇選手。とても輝いて美しく見えます。女性としても非常に魅力的。

 

どうして彼女がこんなにも輝いて見えるのか?

 

「苦しくても嫌でも死にたくても、そのやるべきことに集中しているから」

 

これだけです。

やりたいことはやるべきことにも変化します。

初めは「苦しみなんて知らなかった」という状態でやりたいことを始めても必ず「苦しみ」をどこかで知る必要が出てきます。

その苦しみが合わさった「やりたいこと」は「やるべきこと」に変化していきます。

やるべきことはハッキリ言って苦しすぎます。

それでも彼女はその「やるべきこと」にとことん集中して世界を目指しました。

引き寄せの法則で世界を変えようとストレスを感じまくりました。

 

今は「リラックス状態」にあるのかもしれませんが、ここまでやりきったからこそ彼女から「輝き」を感じることが出来るのだと思います。

 

それは、世界中の成功者みんな一緒です。

やりたいことがやるべきことに変わってそれでも進むからワクワクする。

 

その時に人は最高に輝くのです。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は日本女子卓球選手の「平野美宇選手」に的を絞って記事を書いてきました。

日本の卓球レベルはここ10年余りで飛躍的に進化してきていると思います。

 

さらに変化して世界を変えていくには平野美宇選手の今後の活躍は絶対条件でしょう。ずっとストレスの感じっぱなしは良くないのでちょっとは休んでね。と個人的には言いたいのですが、彼女はどこまでも進み続けてしまいそうです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

【スポンサーリンク】