ちょろの癒し部屋

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日スピリチュアルブログを更新しています。

これからのビジネスでは【心が癒される】ことが大事な理由

おはようございます。

ちょろです。

 

あなたは「心が満たされている状態」でしょうか?どこかに、心の癒しを求めてはいませんか?

現代社会には、「多くの課題」が潜んでいます。

それは、「心が癒されていないという事」です。

 

確かにこの50年から60年余りで、日本経済は「めちゃくちゃ豊か」になりました。

というのも、「今、日本に元気がないのは物が足りないからだ!」」

と、人間が思い、「より良い物を作り」それを元に「世界中からお金を集めてきたから」なのですが、「じゃあ、世界中に物が揃いだしたらどうなるの?」というところまで、日本は成熟している状態なのです。

 

にもかかわらず、「日本人の心は癒されていない状態」でしょう。

 

これは、どうしてか?

 

結局のところ、「物だけでは心は癒されない」からです。

今回のテーマはこの「心が癒されることがビジネスになる」ということになります。

 

 

結論を先に書きましょう。

 

これからのビジネスは心が癒されることでしか儲かりません

 

ということです。

今までは「物質的な豊かさ」で心が癒されていました。さらには、「価格の安さ」「サービスの質」まで、向上し、「これ以上の豊かさって無理じゃね?」ってところまで来ています。

 

そんな、時代には「癒し」が一番のポイントになってくるでしょう。

その理由を色々と書いていこうと思います。

 

世の中には物が溢れているけど【心は癒されない】

f:id:choro0164:20200126065403j:plain

現代人は「何を楽しみ」にして生きているのでしょうか?

 

・休みの日に家族とゆっくりする時間?

 

・安心できるだけのお金?

 

・仕事が終わってからの休息?

 

・旅行?

 

・いい家と、良い車を手に入れる事?

 

 

 人それぞれ、様々ですが、「楽しみの幅はかなり多様化」していると言えるでしょう。

例えば、僕が以前売っていた「服」の話。

 

大昔は「裸じゃ困る」から服を買っていました。段々経済が発達すると「服にお金を掛けて良く見られたいから」と、より服にお金をかける人が増えました。すると、「もっと安く作らないと競合に負ける」ということで、価格は安くなっていきます。

 

最終的には「服なんて、どこにでも安くあるから、、、あまり欲しくないよね」となってしまいました。

 

これこそまさに、「資本論」の中の「見えざる手」で物価が変わってしまった例ですよね。

 

商品の品質は向上して、価格も下がってきた。それでも、「売れない」のが服なのです。

 

かつては、「いい服を着て出かけることが楽しみ」でしたが、それは「楽しみ」ではなく「当たり前」に変わってしまったと言えるでしょう。

 

30年前までは、「もっともっと物を!」となっていましたが、今は「もっともっと心の豊かさを」という時代です。

しかし、「物が欲しい」という人もいるのは事実。

そうやって、人の「人生の楽しみ」はめちゃくちゃに多様化していますよね。

 

それでも、「もっと心を癒されたい」と願い続けるのが、現代人です。

日本経済は完全に「成熟化」していると言えるでしょう。

 

もう、「本当に必要な物」しか売れない時代になりました。

こんな状態で、景気の回復はあるのでしょうか?

 

これからは心が癒されて【元気が貰えること】しか人は投資しない

f:id:choro0164:20200126072530j:plain

景気の「気」とは、「気分の気」と言われています。

 

人が、「前向き思考」になれば、景気は回復し、後ろ向きで保守的になれば「景気は減速」します。

 

というのも、「お金を人が使うか使わないか」で、景気が決まるからです。

となってくると、「物が欲しくない状態」の日本では、不景気から脱却するのは至難の業だと言えるのかもしれません。

 

では、これからの日本人が、「何にお金を使いたがっているか?」ということが、ポイントですよね?

 

個人的には、こう考えています。

 

・心が癒されて元気になる事であれば、人はお金を使う

 

 

 ということです。

人は「物」ではなく、「物を買って得られる癒しや元気」が欲しいと思っています。

 

物があまりない時代には、「何でもいいから物があれば癒される」となっていましたが、今はそれだけでは「元気」になれません。

 

それでは、どうすれば、「癒されて、元気になれる」のでしょうか?

 

経済が成熟して物では心の癒しが拭えない日本人

f:id:choro0164:20200109060917j:plain

人が癒される時は、どんな時でしょうか?

 

・自分の夢が叶った時

 

・自分の好きな時間に好きなことを出来た時

 

・癒し効果がある元気な人に会った時

 

 

 ずばり、こんな感じでは無いでしょうか?

この中でも、特に大切なのが三つ目の「癒し効果がある元気な人に出会った時」です。

 

これが、「現代人の心を癒すのにかなり効果がある」と思っています。

 

そして、これからのビジネスには「この元気」が必要なのでは無いでしょうか?

ご存知のように、スピリチュアル的には「引き寄せ」、「類は友を呼ぶ」などの言葉があります。

今回の場合で言うと、「元気な人のところには、元気な人が集まるということ」ですよね?

 

でも、それは半分違っていて、「今まで元気じゃなかった人が元気になっている」という可能性もあるのです。

 

現代人は「物を欲しいだけ」ではなく、その物を「元気で癒し効果のある人」から買いたいのではないでしょうか?

 

また、「これを買えば絶対に癒されて元気になれる物」が欲しいと考えるでしょう。

そこには、「惜しげもなくお金を使う」のだと思います。

 

そこに今後のビジネスの大きなヒントがあるかもしれません。

 

不景気からの脱却には心の癒しは絶対に必要

f:id:choro0164:20191216080723j:plain

先程も書きましたが、「景気の気は気分の気」です。

 

不景気から脱却するには「元気な気分」が絶対に必要なのです。

 

ということは、「元気な気分になる為の癒し」は絶対的に日本に必要になります。

心の癒しをどうやって得るのか?が今後の日本社会の大きな課題でしょう。

 

もう、「物」では絶対に無理です。

感情でも無理。無理やりな教育でも無理です。

 

と考えると、「物を買ってもらう時に一緒に元気や癒しをあげれたらいいよね。」と考えることもできますよね?

 

現代社会の日本人が本当に欲しい物は、「物質」ではなく、「元気な人からもらえる癒し」だったのです。

 

例えば、今YouTubeで人気の鴨頭嘉人さんです。

こちらの動画でも「元気」がどれだけ大切かを仰っています。

 

 

 僕達人間は、「もっともっと元気になりたい」と、心の奥底ではずっと思っているのです。

いつでも、満たされたいし、癒されたいと思っています。

 

そんな時には「元気な人」というのは絶対的に必要です。

人は、何を買うのか?よりも、「どんな人から買うのか?」を重視するようになってきています。

 

それを、堀江貴文さんなどは「お金よりも信用が大切」だと言われていますが、まさにそれと一緒で、信用されるべき元気な人には、元気と安心の源「お金」が沢山入っていきます。

 

もし、これからの時代に「お金」が欲しいのであれば「元気な状態の人」でいるべきでしょう。

 

物なんてぶっちゃけ、「どこにでもある」のです。

でも、元気な人で、人を癒せる人は「あまりいません。」

 

もし、これからのビジネスで成功したいのであれば「元気な人」を集めてくるべきでは無いでしょうか?

そして、「人に癒しを提供」しましょう。

 

実は僕も、そのつもりでブログを毎日更新しているのですが、、、。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は「これからのビジネスには元気で癒されることが大切」ということを、まとめて見てきました。

 

癒しの条件というのは「人それぞれ」で、かなり繊細な内容かもしれません。

 

しかし、元気でない人から「癒しのパワー」を貰う事は間違いなくあり得ないでしょう。

あなたも、「元気な状態」で「癒しを届けられて」いますか?

 

最後までお読みいただきありがとうございました。 

【スポンサーリンク】