ちょろの癒し部屋

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日スピリチュアルブログを更新しています。

嫌いな人に無関心になる方法とスピリチュアルの関係

おはようございます。

ちょろです。

 

人には必ず、「嫌いな人」がいます。

好き嫌いがなければ、「何も感じていない」ことと同じになるでしょう。

 

裏を返せば、間違いなく、何らかの方法で「好き嫌い」を分けていることになるのです。

でも、「嫌いな人」とはなるべく関わり合いたくないですよね?

あなたも「無関心」でいたいでしょうし、相手側も無関心な状態でいたいはずです。

 

では、その、嫌いな人と無関心な状態になる為には、どうすればいいのでしょうか?

 

結論から先に書いておきます、、

 

あなたのペースで生きて、嫌いな人と無関心になりましょう

 

ということです。

いや、むしろ、あなたが「あなたのペース」で生きる事で、間違いなく勝手に嫌いな人と無関心状態になれるはずです。

 

それでは、具体的に書いていきましょう。

 

人には必ず嫌いな人がいるのは事実

f:id:choro0164:20200201075931j:plain

あなたの周りには「嫌いな人」がいますか?

おそらく、一人は嫌いな人がいるはずです。

 

もしくは、「好きな人」はいますか?

その「好き」という感情がある、ということは「嫌い」という感情もあるという事になります。

つまりは、「嫌いがなければ好きも無い」と言えるため、結局あなたには間違いなく「嫌い」という、感情があるのは事実なのです。

 

世界中が「真っ黒」だったとすれば、「黒ってなに?」という疑問すら持ちません。

そこに「白」があるから、黒の存在がわかるのです。

 

あなたが、「これは好き!!」という感情を持っているのであれば、間違いなく「これは嫌い」という感情も、どこかに存在すると言えるでしょう。

 

でも、その「嫌いな人」ってなるべく関わり合いたくないですよね、、しかし、なかなか「嫌いな人」と関わらないことは出来ません。

しかも、その嫌いな人は、あなたの周りにいつでも出現し、一生付きまとってくるかもしれません。

 

どうすれば、もっと「嫌いな人と無関心な状態」になれるでしょうか?

 

自分が逆に嫌われてみる【スピリチュアル的にはどっちでもいい】

f:id:choro0164:20200127071001j:plain

あなたはひょっとして、無意識的にその「嫌いな人」に、好かれようと思って行動をしていないでしょうか?

 

嫌いな人の為を思って気を遣いまくり、自分で我慢して、その嫌いな人に、自分の事を好きになってもらおうとして、行動していますよね?

 

でなければ、その嫌いな人を「嫌いだ」と認識することは出来ないのです。

 

断言します。

「無理に嫌いな人から好かれる必要は無い」

 

ということです。

ただし、明らかに攻撃的になる必要もありません。

あなたが「嫌い」と感じる人が、「必要な人」であれば、自ずとあなたの世界にはやって来るでしょうし、あなたにとって、その嫌いな人が「不必要」なのであれば、あなたの世界からは消えていくでしょう。

 

この世界を創り上げているのは「スピリチュアルパワー」なのです。

あなたが、思い描いたとおりの世界しか広がっていません。

 

嫌いな人に「もっとそこに存在して欲しい」と、無意識レベルでイメージしていない限り、実は嫌いな人は目の前にはいないのです。

 

つまり、「嫌いな人に好かれよう」と行動すれば行動するほど、嫌いな人の事を考えてしまい、目の前に現実となって現れ続けてしまうのです。

 

別に、嫌いな人から無理に好かれる必要があるでしょうか?

あなたが、あなたらしく生きていて、さらに、その嫌いな人が目の前に現れるのであれば、その嫌いな人はあなたにとって「必要な人」なだけでしょう。

 

嫌いな人があなたに、「何か」を教えようとしてくれているのかもしれませんね。

 

自分のペースで生きれば勝手に嫌われる【無関心な状態】

f:id:choro0164:20200124070231j:plain

では、どうすればもっと「嫌いな人からも嫌われる生き方」ができるのか?

 

それは、「あなたがわがままになって、自分のペースで生きる事」です。

 

きっとあなたは「八方美人で、みんなから好かれたいタイプ」なのでしょう。

だから、自分の思い通りに動かない「嫌いな人」が憎いのです。

 

嫌いな人もあなたのことを「何とか変えよう」と関心を寄せてきます。

あなたも、嫌いな人を何とか「自分を好きにさせよう」と関心を寄せています。

 

でも、二人は別に「無関心な状態」で、存在しても構わないのではないでしょうか?

 

職場や学校で、「必ず関わらないといけない場合」は、必要最低限の会話だけで済ませてしまえばいいのです。

 

もし、「何だか雰囲気が悪いな」と思えば、「笑顔」と「挨拶」だけで済ませてしまいましょう。

無理に「好かれるための行動」は必要ありません。

 

あなたは「あなたの好きなこと」だけを自由にして、無理だったら、そのコミュニティから逃げることも考えましょう。

 

一人でも、あなたの好きなことは出来ますし、むしろ、誰にも邪魔されずに出来て「超ハッピー」です。

 

もし、それでも「嫌いな人」があなたの目の前に現れるのであれば、その嫌いな人は、「あなたにとって必要な人」という事になります。

 

別に、無理に好きになる必要はありません。好かれる必要も無いでしょう。

そのまま、ただあなたは「あなたらしく」毎日を生きればいいのです。

 

全ての世界は自分と一緒だから嫌いな人に無関心でもOK

f:id:choro0164:20200103065938j:plain

スピリチュアル業界には「ワンネス」という言葉があります。

 

” この世界に存在する物は、全て一つに繋がっているのだ ”

 

という、考え方です。

量子力学的に言っても、確かに「僕の体を構成している粒子と、あなたの体を行使している粒子と、今ブログを見ているスマホやパソコンの粒子」は、すべて、細分化してしまえば同じ物になりますよね?

 

ただ、「その粒子の塊を物や肉体」として、認識している自分の意識があるだけで、全ては「同じ物」なのです。

 

この地球も、空気も、水も、エネルギーも、何でもかんでも「一緒」にあります。

つまり、「あなたが嫌いだと感じる人」も、あなたと一緒の” 粒子 ”の存在なのです。

 

あなたも、あなたの嫌いな人も「全ては一緒の存在」なのに、どうしてそんなに「嫌い」と、分けてしまう必要があるのでしょうか?

 

それは、「あなたが嫌いな人に、居てもらわないと困る」と、無意識レベルで思っているからに過ぎないのです。

 

だから、「意識しすぎる事」をやめて、嫌いな人に対して無関心状態でいれば、いつの間にか、嫌いな人は「嫌いな人で無くなる」のだと思います。

 

もちろん、僕にも嫌いな人はいます。

 

しかし、その嫌いな人は間違いなく僕に「大切な教え」を与えてくれる必要な人だと思うのです。

 

嫌いな人の言葉に耳を傾けつつ、「自分の生きたいように生きる事」が、嫌いな人に「無関心」になる、一つの方法だと言えるでしょう。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は「嫌いな人に無関心になる方法」をスピリチュアル的な視点で見てきました。

 

確かに、誰にとっても「嫌いな人」というのは存在するでしょう。

しかし、その「嫌いな人」がいるから分かることもありますし、あなたらしく生きる事で、いつの間にか「嫌いな人が好きな人」に変わる可能性も高いのです。

 

というわけで、今日も「あなたの好きなように生きる一日」を、送ってみてはいかがでしょうか?

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

【スポンサーリンク】