ちょろの癒し部屋

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日スピリチュアルブログを更新しています。

仕事が決まらない時は勉強をしよう!【スピリチュアルが動く】

おはようございます。

ちょろです。

 

皆さんは「生活をする為」に仕事をしていますよね?

サラリーマンにしろ、個人事業主にしろ、会社経営者にしろ、20代中盤になると、間違いなく何らかの仕事をしているはずです。(ニート様は除く)

 

その仕事、「辛くない」ですか?

きっと、皆さん。辛いと感じているでしょう。

 

そんな時は「辞める」という選択肢もありです。

そこで、今回は「仕事辞めたけれど決まらないわ。」ていう時に、どうするのがベストなのか?

を、スピリチュアル的な視点で書いていこうと思います。

 

結論的には

 

仕事が決まらない時は勉強をするのが一押し!!

 

ということになります。

仕事が決まらない = 魅力的な仕事がない

 

と思っていませんか?

実は、スピリチュアル的には、それ以上に大切なことがあったのです。

 

それでは、具体的に書いていきましょう。

 

仕事をしても結果が出ない時は辛いから辞めるという選択

f:id:choro0164:20200203063021j:plain

仕事というのは「ある程度のストレス」は、かかるものです。

というのも、仕事とは「未知の領域の事」をするか、「同じことの継続」をするか、のどちらか。

つまり、「ワクワク」か「苦しい」かの、どちらかの感情は持つからです。

 

あるいは、「嫌いな人間」とも協力してやらなければいけません。

残念なことに、この「仕事におけるストレス」はあなたが生きている限り、一生背負っていかなければいけないのです。

 

考えるだけで、苦痛ですよね??

そんな時はどうするのがおすすめなのか??それはこちらです。

 

・辛くて苦しいなら、すぐにでも辞めちゃおう!!

 

 

 ということ。

確かに、仕事は「何の仕事をしても」ストレスを感じます。

しかし!!しかしですよ、、「辛くて体を壊す」くらいであれば、辞めるべきです。。

そして、その後に、、生活の為にゆっくりと仕事を探しましょう。

 

 

そう、死ぬまで働かないといけないので、、「次の仕事」は探さなければいけません。

この「次の仕事を決める」という戦いは、エンドレスに続いていきます。

それでも、なかなか理想の仕事は決まりません。

 

それは、どうしてでしょうか?

実はそこには「勉強」と関係が深くあったのです!!

 

仕事が決まらない時勉強をすれば全てが変わる【スピリチュアルパワー】

f:id:choro0164:20200203070612j:plain

理想の仕事というのは、「なかなか決まらない」ものです。

そうした時に、普通の人はどうするのか?というと、「理想の仕事があるまで探し続ける」。

そう、当たり前ですがこの一択しかありません。


 とにかく、あちこちで仕事を探しまくる。

 

「この条件は嫌だ、もっといい条件の仕事は無いのか?」

 

このように、仕事を探し続けるのです。

フリーランスになっても一緒。

 

「もっといい条件の案件はないのか?」

「信頼できるクライアントはいないのか?」

 

そうやって人は、「一生仕事を探し続ける」のです。

 

そこで僕が是非とも、お勧めしたいのはこちらです!!

 

・何でもいいから、とにかくがむしゃらに勉強をしよう!!

 

 

 ということです。

ここでポイントなのは、「何でもいいから」「がむしゃらに」です。

 

世の中一般には、「資格取得に関する勉強を」とか、「方向性を見定めた勉強を」と、言われますが、僕は違います。

 

「何でもいいから、がむしゃらに勉強を!」

 

です。どうして、「何でもいい」のでしょうか?

その理由としてはこちらになります。

 

・情報化社会では、幅広い知識がある人が勝つから

 

・世の中の激しい移り変わりは、幅広い知識が無ければ対応できないから

 

・知識は陳腐化するから

 

 

 そう。

例えば今「プログラミング」が流行っています。

もちろん、今プログラミングが出来る人は「稼げる」のです。

仕事も、全く困らないでしょう。

 

しかし、そのプログラミングの技術は、5年後10年後に使えるでしょうか?

実は、それは「誰にもわからない」のです。

ひょっとすると、AIのシンギュラリティ(人工知能が人間を越える事)が起こり、

簡単なプログラミングは必要なくなるかもしれません。

 

となってくると、あまりに「狭い分野」でのみ、勉強をしていたのでは、思考の幅が狭まり、新しい発見(イノベーション)が起こせないかもしれませんね。 

 

 かの、スティーブジョブズが言った、有名な言葉、

 

” コネクティング ザ ドッツ ”

 

です。

今まで「意味があるのかわからなかったこと同士」が、継続して勉強し続けているうちに「点」が「線」になり、あなたの強みになります。

勉強するなら、「何でもいい」から「がむしゃらに」するのが大切です。

 

個人的には「歴史」や「宗教」は学ぶべき対象だと考えています。

(自分の経験だけではない、過去の愚行を学べば、新しいヒントが産まれる)

 

仕事が決まらなければとにかく本を読んで勉強をする

f:id:choro0164:20200203072410j:plain

仕事が決まらなければ、「勉強をする」。

 

これは大切です。

では、一体「どういった勉強の仕方」がいいのでしょうか?

それはこちらです。

 

・勉強をするには、本を沢山読もう

 

 

 ということ。

ちなみに、有名な心理学者の「メンタリストDaiGoさん」は、1日に10冊の本を読まれるそうです。

それぐらい、がむしゃらに「勉強をしたい」と考えていらっしゃいます。

 

僕達はDaiGoさんではないので、そこまでの量を読むことは不可能かもしれませんが、自分で決めて「本を読む習慣」を持つことは、大切だと考えています。

 

僕は、様々なビジネス書や、小説、あるいは「池上彰さん」が書かれた、現代史の本を読んだりして、勉強を続ける日々です。

 

ちなみに、人気ユーチューバーの鴨頭嘉人さんも、「本を読んで勉強をしろ!!」と、仰っています。

 

 

 僕は基本的に「アウトプットを目的として」本を読んでいます。

人が学ぶためには「目的」が必要で、その為であれば「がむしゃら」でも頑張れるのです。

 

もし皆さんの場合だと、「決まらない仕事を決める為」に、勉強することになるでしょう。

あるいは、「今の仕事のスキルアップ」の為に、勉強をすることになるかもしれません。

 

いずれにせよ、「いい仕事を決める」には、勉強は不可欠でしょう!!

 

仕事が決まらない時にどんな勉強をすればいいのか?

f:id:choro0164:20200706062750j:plain

では、仕事が決まらない時に勉強するべきこととは一体どんなことがいいのでしょうか?僕は、以下の2つをおすすめします。

 

・自分が好きなことの勉強

 

・人の話を聞く勉強

 

 

こちらの2つです。どちらも、仕事を決めていくためで大切なことばかりですので、それぞれ解説してみましょう。

 

仕事が決まらない時に勉強すべきこと①自分が好きなことの勉強

仕事が決まらない時に勉強すべきこと1つ目は「自分が好きなことの勉強」です。

 

例えば、服が好きなのであれば服の事を学べばいいでしょう。プログラミングに興味があれば、プログラミングを学べばいい。英語に興味画れば英語を学べばいいのです。

 

今までの人生の経験の中で、「これをやってる時が楽しかったな、、」という勉強をしましょう。

 

どこまで学んでも、果てはありません。むしろ、その学ぶ過程で新しく勉強をし始めなければいけないことと出会えると、チャンスになります。

 

ちなみに、僕はブログを書きながら文章の書き方などを学んでいますが、その過程で本も読んで、プログラミングの端っこもかじってきました。。英語にも興味があるので学んでみようかと思っています。

 

仕事が決まらない時に勉強すべきこと②人の話を聞く勉強

仕事が決まらない時に勉強すべきことの2つ目は、「人の話を聞く勉強」です。

 

仕事が決まらない時は、運気の流れが良くありません。

なんとなく、人生の悪いスパイラルにいる状態。だから、「他者の意見を聞いて、自分なりに考え、行動していくこと」が重要になります。

 

ひょっとすると、あなたにとって不快なことを言う人もいるかもしれませんが、そんな人の意見も「聞く勉強」をしましょう。

 

こうやって、人の意見を聞けるようになると、あなたには「コミュニケーション能力」が身につきます。

 

さらに、「自分なりに考えた」という自己愛と自信が身につきます。

 

他者の意見から、良い運気のきっかけが見つかる事も多々あるでしょう。

人の話を聞くスキルを身につけ、コミュニケーション能力を高めることで、あなたの人生がちょっとずつ、ハッピーに動き始めるのです。

 

以上の、2つの事を勉強して行けば、あなたは「スピリチュアルのいい流れ」を感じ始めることになり、「元気」をゲットできます。

 

人間にとって、仕事を得る上で一番重要なこと、それは「元気」です。

 

元気だから幸せにもなれるし、クライアントから評価も得られます。

だから、仕事を得やすくなるのです。

 

勉強をするとストレスが溜まってスピリチュアルが動く【仕事が決まる】

f:id:choro0164:20191228075720j:plain

もう一つ、「勉強をすることが大切」と考える理由があります。

それは、こちらの理由です。

 

・勉強をすると、ストレスが溜まるから

 

 

 そうです。勉強をするというのは、「未知の領域に足を踏み入れる事」になります。

勉強をすればするほど、「新しい発見」をし、「新しいストレスを感じる」ことになります。

 

普段、文字を見慣れない人が、頑張って文字を読めば、それだけで多くのストレスを感じるでしょう。

あるいは、「何となく知っていたけれど、もっと深く勉強しよう」と頑張れば、その膨大な勉強量に「ストレス」を、感じてしまうかもしれません。

 

その「溜まったストレス」が、スピリチュアルでは非常に大切なのです!!

 

僕達の世界を決めているのは「あなたの潜在意識」です。

自分の持つ「潜在意識」が、世界をありのままに見せ、「この世界在る」と認識させています。

 

つまるところ、「あなたが変われば世界はいくらでも変わる」のです。

その潜在意識を大きく変えてくれるのが「スピリチュアルパワー」といえます。

 

潜在意識は「ちょっとの力」では、動きませんが、「大きなスピリチュアルパワー」では、動かすことが出来ます。

 

スピリチュアルパワーを、大きく動かすためには「ストレスによる圧縮」が必要です。

どういうことかと言いますと、ストレスを自分にかければ

 

 「あーーー、、もう辛い!!何とか早く覚えたい!学びたい!手に入れたい!」

 

となるでしょう。

 それはまさに、「輪ゴムを引っ張った時の状態」です。

 

そのまま、限界まで輪ゴムを引っ張って、手を離すと、「瞬時に目的の場所」に飛んでいきます。

 

スピリチュアルパワーも、同じ原理で動くのです。

しかも、「普通の動き方よりも強大な動き方」をします。

 

その、強大なスピリチュアルパワーが潜在意識を変え、「仕事が決まらない現実」を変えてくれるでしょう。

 

だから、「仕事が決まらない時は、勉強をすること」が大切なのです。

 

仕事が決まらない時に瞑想する時間を作る【スピリチュアルを動かす】

f:id:choro0164:20200525092038j:plain

どうやっても仕事が決まらない時は人生の中で何度もあるでしょう。

 

前述したように、仕事が決まらない時は勉強をしてストレスを感じる事も必須。

でも、その勉強の後に「しっかりと休むこと」も必須なのです。つまり、、

 

・勉強をしてストレスを沢山感じた後は、「瞑想」をしてリラックスしよう

 

 

 ということです。

僕達の潜在意識というのは、常に「ストレス → リラックス」の過程で動いてくれます。瞑想をするとあなたの潜在意識は宇宙の超意識と繋がり、世界の見え方を変えてくれるのです。

 

瞑想の方法は沢山あるでしょうか、僕は「自然の中で深呼吸をしてゆっくりする事」をおすすめしています。

 

身近な公園や、自然の景色の中を一人でゆっくり散歩しながら、深呼吸をしてみましょう。

 

特に、勉強をした後の「ストレスが溜まった時」にするのが効果的です。

 

もちろん、今まで瞑想の修業を受けられたことがあって、じっくりと時間を割いて瞑想を行える環境の方はそれでもOK。

 

ただ、「瞑想って何?」という方が殆どだと思うので、まずは、自然の中に自分の身を置き、

 

・今生きていることに感謝する

 

・今当たり前に勉強を出来ていることに感謝する

 

 

 ことをすることだけでも、十分な瞑想状態になれるでしょう。

この瞑想がもたらす「リラックス状態」は、さらにあなたの潜在意識を動かしてくれ、世界の見え方をどんどん変えてくれます。

 

勉強したことがしっかりと長期記憶に定着し、仕事が決まらない状態を改善してくれるでしょう。

 

瞑想の後は、ゆっくりと睡眠を取って、さらに脳を休めてあげることも必須です。

そうやって行動しているうちに「いつの間にか仕事が見つかる」ということに繋がっていきます。 

 最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は「仕事が決まらない時は勉強をして、スピリチュアルパワーを動かそう!」という、話をしてきました。

 

あなたは、一生仕事を決めようと頑張るはずです。

仕事を決めることは「大切」です。

そして、その仕事を決める為に「勉強をすること」はもっと大切なのです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

【スポンサーリンク】