ちょろの癒し部屋

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日スピリチュアルブログを更新しています。

春は強力なスピリチュアルを感じやすい季節【立春】

おはようございます。

ちょろです。

 

2020年の2月4日は「立春」でした。

つまり、「2020年の春が始まった」という事になります。

 

もちろん、2月と言えば「一年の内で一番か二番目に寒い月」です。

 

「どこが春やねん!!寒すぎる!!」

 

と皆さん思われるでしょう。

しかし、本当の春は「すぐそこ」まで来ているのです。

 

というわけで、今回は「春がどうしてここまでスピリチュアルなのか?」などを、色々書いていこうと思います。

 

結論から先に書いておくと、、

 

一年の内で一番スピリチュアルパワーが溢れるのは間違いなく春

 

ということです。

それは、「春には大きな良いことが沢山起こるかも?」と言えます。

 

では、具体的に書いていきます。

 

立春はまだまだ元気になりにくい【スピリチュアルもストレスに負ける】

f:id:choro0164:20200205070254j:plain

梅のつぼみも、段々とふっくらとしてくるのが春です。

 

しかし、今はまだ2月の5日。

2月と言えば、1年の内でも、かなり寒い月です。

全然春らしくありません。

 

しかも、日の出の時刻も午前7時前後と、まだまだ、日照時間は短いでしょう。

 

日照時間が短いと僕達の体にはこんなことが起こります。

 

・午前中の日光を浴びにくくてセロトニンが出ない

 

・日照時間が短くて引き込もりがち

 

 

 そう。

とにかく、2月は暗いし寒いので、外に出て活動的になりにくい月なのです。

 

もう、「どこが春やねん。暗くなるだけやわ。」という月が、2月なのです。

言い換えると「非常にストレス満載」の月が2月です。

 

もう、2月なんてなくなってしまえばいいのに、、、と思うほど、、。

 

一気に春になる事でストレスパワーがスピリチュアルを解放させる

 

f:id:choro0164:20190403060845j:plain

見てください。

こちらは、「2019年の桜」です。

 

非常にきれいで、心を癒されます。

満開の桜を見ると、「非常に元気になれる」のが、人間ではないでしょうか?

 

桜を見て元気になるのは、日本人だけではありません。

ヨーロッパ人も、アメリカ人も、みんな「桜が大好き」なのです。

 

それは、どうしてでしょうか?そこには、こんな理由があります。

 

・一気にやって来る「春のパワー」で、スピリチュアルをめっちゃ動かすから

 

 

 だということです。

 

スピリチュアルパワーを大きく動かすには「事前のストレス」が、不可欠になります。

 

例えば、2月は「めっちゃ寒くて暗い」ですが、3月は「一気に昼間が温かくなる」でしょう。この「寒暖の差」はまさに、動植物のスピリチュアルパワーを動かさせます。

 

2月の「くらーく沈んだ空気」の後に待っている、「3月の春爛漫の空気」は、世界を劇的に変えてくれる、きっかけになりやすいのです。

 

だから、「暗くて寒い2月」をどれだけあなたが、感じまくることが出来るか?で、春に向けた変化が問われるのです。

 

2月は、徹底して、「くらーく、どんより」行きましょう。

ただし、「春に向けた明確な目的イメージ」が必須になります。

 

殆どの動植物は春になると元気になる【スピリチュアルのお陰】

f:id:choro0164:20200205072509j:plain

先程は、「桜」のイメージを持ってきましたが、今度は「動物」です。

 

秋になって冬眠をした動物は、春になると「お目覚め」をします。

もちろん、冬の間に体力を温存しているので、間違いなく「元気になってお目覚め」するのです。

 

あるいは、冬眠しない動物も春になると元気になるでしょう。

 

それはどうしてでしょうか?

実は、「やっと待ちに待った温かい春が来た!」となって、ワクワクするからです。

 

この「ワクワク」は、スピリチュアルパワーを大きく動かします。

しかも、スピリチュアルパワーが動くという事は、「潜在意識を大きく変えて世界を変えまくる」ということになるのです。

 

春になると、世界は大きく変わり始めます。

 

冬眠から醒めると、「素晴らしい世界」が待っている、かもしれません。

春になって暖かくなると、「今まで出来なかった事」が、出来るようになるかもしれません。

 

 その「スピリチュアルパワー」を大きく動かすきっかけ作りをしたのが、「2月のストレスパワー」です。

 

大きくスピリチュアルパワーを動かす前には「大きなストレス」は、必要不可欠です。

 

大きなストレスで蓄積されたスピリチュアルパワーは、「ストレスの後のリラックス」によって、「爆発的に動き出す」といえます。

 

まさに、「伸ばした輪ゴム」のように、反発力を持って、世界中に飛んでいきます。

それが、「ストレスとスピリチュアルパワーの関係」なのです。

 

動植物も一緒。

「寒くて暗い冬や2月」を、頑張って耐えてきたからこそ、春の素晴らしさでパワーが解放されるという訳です。

 

冬の間に「悶々と温め続けたイメージ」は、春の素晴らしいスピリチュアルパワーの解放と同時に世界を劇的に変え始めます。

 

「今まで叶わなかったことが叶いやすい」のは、実は「春」なのです。

ただし、「どんなに辛くても、苦しくても、目的イメージを持つ」ことを、していなければ、絶対に春になって現実が大きく変わる事はありません。

 

苦しい時期に頑張った動植物のみが、スピリチュアルパワーを上手く使って、世界を大きく変えることが出来るのです。

 

僕が、フリーランスになったのは、昨年の春。

そして、段々と収益を出せるようになって来たのは、初夏から夏です。

 

つまり、「春が大きなターニングポイント」だったのです。

全てのきかっけは「春にあり」と、言えるかもしれませんね!

 

 人類は春になると活動的になる【スピリチュアルで自然に決めている】

f:id:choro0164:20200205074226j:plain

人は春になると 、「活動的」になります。

それは、気温が高くなって、活動しやすくなるというのもあるのですが、もう一つの大きな理由は、「めっちゃスピリチュアルパワーが動く」からなのです。

 

あなたは、何か新しい物事を始める際に「年度初め」から始めたりしませんか?

 

例えば、学校が始めるのは「4月から」です。

つまり、「春」を大きな釘目として扱っているのですよね?

 

そこには、無意識的に「大きくスピリチュアルパワーを使おう」という、人間の能力が隠されています。

 

決して意識して、「春から」とは決めていなくても、いつの間にか気が付いたら、春から始めていた。ということは、往々にしてあるものです。

 

 それだけ、人類にとっても冬から春に変わる時期は大切なもので、「元気が出やすい物」なのです。

 

ちなみに、春になると日の出の時刻もグンと早くなります。

 

日の出が早ければ、その分日照時間も長くなり、セロトニンを出しやすい生活習慣になるでしょう。

 

人類は無意識的に「幸せになる行動」をとっていたのです。

 

その無意識を大きく動かすものは「スピリチュアルパワー」ではないでしょうか?

 

全ては、無意識的に自然と決めているのです。

僕達人類が「意識して決められること」は、この世界のごく一部にしか過ぎません。

 

でも、無意識領域は常に宇宙と交わり合い、世界をどんどん創り変え続けているのです。

そのスピリチュアルな流れを、上手く利用し、人類は幸せになっていけばいいのではないでしょうか??

 

春は、そのタイミングにピッタリです。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は「春の持つパワー」と、「立春」や「冬」の大切さをまとめてきました。

春が「ワクワクする」のは重要ですが、さらに重要なのは「立春や冬」だったのです。

 

あなたの中にも、間違いなく大きなストレスパワーが、溜まっている事でしょう。

今、目的をイメージしていますか?

そのイメージを持ち続けて、春に行動することで、世界は大きく変わります。

 

今年も、春を楽しんでいきましょう!!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

【スポンサーリンク】