ちょろの癒し部屋

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日スピリチュアルブログを更新しています。

人はなぜ生きるのか?哲学とスピリチュアル

おはようございます。

ちょろです。

 

最近、仕事関係でちょっとした出会いがありまして、「不幸になって辛いのに、何で人は生きてるんだろう」と考えさせられています。

 

その方はご自身のケガで、仕事を続けられなくなって、収入が3か月間ないのです。

しかも、ケガの回復の見込みもない。

 

彼は、「このままでは今と同じ収入を得ることは見込めない」ので、奥さんと離婚をする決断をされました。

 

もちろん、彼が下した決断が正しかったのかどうかは分かりません。

この世界に「正解」などないのですから。

 

ただ、嫌なことが起こっても、人は「朝になると目覚める」のが普通です。

人はなぜ生きるのか?ここ数日、とても考えています。

 

先に結論を書いておきます。

 

人は死ぬのが怖くて、今の世界をもうちょっと感じていたいから生きてるだけ

 

なのではないでしょうか?

きっと「死ぬことの恐怖よりも、今の世界を感じることの方がマシ」だと、意識は感じているのでしょうね。

この世は生きたくなくても生きているばかり

f:id:choro0164:20191228074327j:plain

ぶっちゃけると、「この世界で生きる事は苦しい」です。

 

いいこともあるでしょうが、嫌なことの強烈な記憶は消えません。

だから、気が付くと「この世界って全然楽しくないじゃん」と思ってしまうのが普通の人間なのです。

 

もしくは、いつもは幸せに暮らしていても、ふとあるタイミングで、「過去の嫌な事」を思い出すように仕組まれているのが人間なのです。

 

もう、嫌なことばかり続いたら、あなたはどうしたくなるでしょうか?

 

きっと、「肉体を殺したい」と思うようになるでしょう。

こう思うのは普通の人間の欲だと、僕は思います。

 

特に過去に、強烈に嫌な体験をしたことのある方は、そう思いやすいでしょう。

 

僕も無性に死にたくなってしまう事もあるのです。

 

このように、「生きたくないのに生きている」のが人間だと思います。

死んでしまえばいいのになぜか生きている人間。

それは、どうしてでしょうか?

 

人はなぜ生きるのか?【死ぬのが怖いから】

f:id:choro0164:20191215064754j:plain

人が生きる最大の目的は、「生きるほうが、死ぬことよりマシだから」ではないでしょうか?

 

いざ、自殺しようと思っても、行動に移すには「かなりの勇気」がいります。

体感的には「ずっと生きている」と感じていますが、実は、朝目覚めて夜になったら寝ることを、繰り返し続けているだけなのが人生なのでは無いでしょうか?

 

そうやって、その1日の繰り返しを30回すれば一か月。365回すれば一年。

3650回すれば十年です。

 

当たり前の様に僕達は、80年前後生きますが、それは「一日一日の繰り返し」をし続けているだけなのです。

 

「今日も死なない選択をしただけ」

 

です。

つまり、人にとって「死ぬこととは、ここまで勇気がいる事」なのでしょう。

哲学的に言うと、「生きる事に意味なんてない」という表現になります。

 

意味がないなら、死んだら?と、人間は思うのですが、これまた、「死ぬのってめっちゃ怖いやん」となって、一日を過ごしてしまいます。

 

そして、眠くなったら寝て、「また朝が来ちゃった、、」と起きるわけです。

 

僕は「生きる目的を持たなければいけない」なんて思いません。

「ただ、在るだけ」で、あなたにも僕にも価値はあるのです。

(ちなみに、できれば目的があった方が楽しくなれるかもしれません)

 

それぐらいに「しょうがなく生きている」のが人間なのでしょう。

 

 人はなぜ生きるのか?【今の世界をもっと見たいから】

f:id:choro0164:20200224064632j:plain

僕達の見ている世界は、「自分の中」にしかありません。

 

どういうことかと言いますと、「世界がこんな場所だ」と認識させているのは、僕達の潜在意識だということです。

 

あなたが今、こうして見ているパソコンやスマホの画面のある世界と、僕がこうしてパソコンに向かって記事を書いている世界は、「全くの別物」だと思います。

 

いや、ひょっとすると同じかもしれませんが、「あなたと僕で見えている世界は違う」でしょう。

 

 そうやって、意味もなくただ毎日を繰り返して80年前後僕達は生きます。

 

そこまで死ななかったという事には、「もっと自分の見ている世界じゃない物も見てみたいな」という、欲があるかもしれません。

 

というのも、僕達の潜在意識が変われば変わった分だけ、世界は変わることが出来ます。

 

よく実業家の堀江貴文さんが ” 過去の常識に囚われるな ” と仰っていますが、この発言は、よく考えると実に哲学的だな、とも思えるのです。

 

過去の常識と言うのは「自分の潜在意識が決めた常識」です。

今から僕とあなたが見ていくのは、「今より未来」でしょう。

 

スピリチュアル的には時間という概念は無いのかもしれませんが、「今」があるだけでも一緒です。

 

「今の連続」が生きているという事なので、潜在意識の「今」を変え続ければ見える世界は確実に変わっていきます。

 

「死にたくない」というネガティブな意味で存在する僕達もいますが、前向きに「今俺が見てる世界って、本当はもっと広いんじゃね?」という好奇心で、僕達は生きているのかもしれません。

 

その理屈は正しいと思います。

沢山、潜在意識が変わった分だけ、僕達の世界はどんどん変わります。

あなたも僕もどんどん変わります。

 

今手にしている「スマホ」は10年前までは「未知の物質」です。

今は当たり前に、殆どの人が持っていますが、それは「ここ数年で常識になったこと」ではないでしょうか?

 

人はなぜ生きるのか?【生きてると思っているから】

f:id:choro0164:20200210072019j:plain

人はなぜ生きるのか?最後の項です。実に哲学的な話になってしまいました。

 

「生きてると認識しているから生きてるんだ」

 

ということです。

めちゃくちゃ当たり前なことを書いてしまいましたが、僕達がこの世界を「ありのままに見れて」「肉体を感じられること」は、生きてることを認識しているからです。

 

つまり、「俺って、生きてるんやなーーー。」と無意識的に思っているからでしょう。

 

そもそも、生きているという認識が無ければ肉体はありませんし、世界もありません。

あなたがいなくなっても、世界は同じように存在し続けるのかもしれませんが、それは「あなたのいない世界」が存在し続けるという事になります。

 

あなたが再び「生きてる」と認識した時点で、あなたは再び「生きる事を開始する」でしょう。

 

「あーー、せっかく死ぬことが出来たのに、まーた生きないと、いけなくなっちゃったじゃん」

 

と、ひょっとすると思うかもしれませんが、再び生きていく過程で、その記憶は忘れてしまいます。

その方が「自分の肉体にとって都合がいいから」です、より平和に生きる為には、この世界は幸せな場所なんだと、思えた方が絶対にいいですから。

 

僕もあなたも、ここにいることは当たり前ではありません。

生物学的には「ご先祖様」がいるから、あなたも僕もいます。

スピリチュアル的には「今の生きてることを認識している自分の意識」があるから、あなたも僕もいます。

 

哲学的な表現ですが、「生きてると認識しているから生きている」のです。

そして、それを毎日連続し続けているのが、あなたや僕です。

 

 

苦しいから「嬉しい」がわかる!

生きていることは「苦しい」です。

間違いありません。

 

しかし、苦しいという認識があるから「嬉しい」がわかるのであります。

嬉しいばかりの人生であれば、「もっと嬉しい事」が無ければ嬉しいは分かりません。

感覚と言うのは、常に相対的に見ているものです。

 

ネガティブな捉え方かもしれませんが、「生きる事が苦しいのは大切」だと思います。

あなたはひょっとすると「めちゃくちゃ苦しい状態」にいるかもしれません。

 

しかし、間違いなくその「苦しい」はあなたにとって必要です。

大丈夫です。あなたには「嬉しい」を感じる価値が間違いなくあります。

 

だから、苦しいを今感じているのであります。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は「人はなぜ生きるのか?」ということの考えを、僕なりに書いてみました。

離婚を選ぶのもよし、仕事を辞めることもよし、コロナウイルスから逃げるのもよし、好き放題お酒を飲むのもよし、です。

 

苦しみの中で「あー、また生きちゃった」と、思いながら笑って過ごせたら嬉しい人生になるかもしれませんね!

 

【スポンサーリンク】