ちょろの癒し部屋

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日スピリチュアルブログを更新しています。

継続は力なりと引き寄せの法則の関係【スピリチュアルを動かす】

おはようございます。

ちょろです。

 

皆さんは「継続は力なり」をされていますか?

本当に抜きんでた技術を身につけるには、「継続」というのは、必要不可欠です。

 

そこで今回は、「継続は力なり」と引き寄せの法則の関係について見ていこうと思います。

もし、今まで「引き寄せの法則がうまくいかない」と思われているのであれば、継続に問題があったのかもしれません。

 

結論を先に書いておきます

 

限界までの継続は力なりが、引き寄せで世界を変える

 

どこまでが正しい「継続なのか」は分かりません。

しかし、継続をすることで、あなたの人生が前向きに変わることは間違いないでしょう。

 

イメージが現実化しない【引き寄せの法則は嘘?】

f:id:choro0164:20200406064532j:plain

今この記事を読まれているあなたはひょっとすると

 

「引き寄せの法則なんて嘘だよ、絶対にイメージが引き寄せられるはずがない。だって、俺は引き寄せられたこと無いから。」

 

そう思われていませんか?

引き寄せの法則と聞くと、「うわあ、、宗教?ヤバいね。。」と、受け止める人が大半でしょう。

そうですよね。スピリチュアルとは切っても切れない関係なのが、引き寄せの法則です。

得体のしれない宗教と受け止められても、あながち間違いではないでしょう。

 

しかし、断言します。

 

引き寄せの法則というのは、この世界に存在するのです。

 

そして、あなたがどうして「引き寄せの法則を失敗するのか?」それは、あなたのその思考と「継続は力なり」にあったのです。

 

 

継続は力なりを頑張ると引き寄せの法則は発動する

f:id:choro0164:20200406065214j:plain

 

あなたがもし、引き寄せの法則を使って、現実を変えたいと思っているのであれば、「継続は力なり」を行う事は絶対条件です。

 

継続が出来ない人は「引き寄せの法則」は発動しません。

 

それぐらいに引き寄せの法則を使うには、「大きなスピリチュアルパワー」が必要なのです。

 

もちろん、ほんの一瞬で大きなスピリチュアルパワーを受け取れればいいですが、それはかなり「ショッキングなもの」になってしまう可能性が高いです。

 

例えば、突然の海外移住、上手くいっている仕事を急に退職する、親といきなり縁切る、上手くいっている配偶者と分かれる、親しい人の死、、、

 

などなど、「え??いきなりそんなに環境を変えるの?」というぐらいに、ショッキングな経験をしなければ大きなスピリチュアルパワーは動きません。

 

大きなスピリチュアルパワーが動かなければ、潜在意識も変化しないので、あなたの望んでいる「引き寄せの法則の発動」は行われないのです。

 

それでは、引き寄せの法則を発動させるために、一番重要となる事をお伝えしましょう。

 

・本気で諦めずに継続を行いつけまくること。

 

 

 もはや、「根性」のようにも受け止められますが、まさにそうです。

根性を持って、継続は力なりを実践して、引き寄せの法則を発動しようとしなければ、イメージは現実化しません。

 

ちなみに「スピリチュアル」とは「spirit」の意味。

「魂」です。根性は「魂的活動の一部」ですよね?

 

だから、大きなスピリチュアルパワーを動かすのに「継続は力なり」の根性が必要になるのです。

 

自分の限界まで継続を行ったか?【引き寄せで苦しむ】

f:id:choro0164:20200308070549j:plain

 この世界で生きることは「苦しい物」です。

実際に仏教の祖である「ゴーダマシッタールタ」は、そのように悟りました。

 

しかし、その苦しみを乗り越えるだけの「継続」を行い続ければ、人は苦しみの輪廻の流れから解放され、「幸せ」を手に入れられるのです。

 

引き寄せの法則もまさに同じ考え方で、「目的イメージを持った、あくなき継続」だけが、世界の変化を起こさせます。

 

ちなみに、「根性」も一緒ですよね?

根性を持って、継続をし続ければ、いつのまにか目の前に「目的達成」が現れます。

 

技術を身につけるには「一万時間の法則」を継続

ちょっと話は横道にそれますが、仕事で大切なのは「一万時間の法則」を活用すること。

この考え方は、「人は何でも一万時間をかけてチャレンジし続ければ、食っていけるだけの技術を身につけられる」というもの。

 

一万時間というと、「1日8時間」やったとして、1250日。約「3年半」を、毎日継続し続ければ、人は「食っていけるだけの技術力」を養う事が可能です。

 

ちなみに僕も、このブログを執筆し始め、ライティングに時間をかけるようになって、1年程度は経ちます。

 

本当はもっと昔からブログを書いていましたが、「本気で時間をかけ始めた」のは、つい最近なのです。

どれくらいの時間を今かけているかはわかりませんが、曲がりなりにも「ライター」として食べて行けるだけの収入は得ています。

 

しかし、僕が目指している場所はここではありません。あくまで僕が引き寄せたい目標は、、

 

・全世界中の人が幸せになる事

 

 

 です。

そのために、本当に非力ですが、毎日ブログを書き続けます。

みんなの元気に「少しでも力になりたい」と、活動を続けるのです。

 

炎の講演家でいらっしゃる、鴨頭嘉人さんも、似たようなことを言われていますね

影響力が月とスッポンくらい違うので、お恥ずかしい限りですが、、、。

 

 

 とにかく、引き寄せの法則を発動させたいのであれば、その「目的イメージを持ち続ける事」、そして、そこへ向けてがむしゃらな行動をし、「苦しむくらいに継続を行う事」が重要でしょう。

 

山の登り方はどうでもいいのです。

とにかく、頂上に着きさえすれば、あなたが思い描いた「目的イメージ」は手に入るでしょう。

 

継続は力なりを限界まで行ってとにかく休む【引き寄せの法則の発動】

f:id:choro0164:20200325063929j:plain

継続は力なりを行っていると、ふとある時に気が付きます。

 

「あれ??最近何だか疲れちゃった、、休みたいな、、」

 

そう。人はどこかで必ず限界が来ます。

ただし、「目的イメージ」を持って、その目的に対して取り組んでいるあなたは、「嫌なことを嫌々やるよりも」はるかに継続を出来ているはずです。

 

それでも、疲れる日はやってきます。

 

「俺は、休まないぞ!!永遠に!!」

 

と、気張って頑張ってもいいでしょうが、僕のオススメはこちらです。

 

・休んじゃいましょう。疲れたなら。

 

 

 そう。もっと自分に優しくなって、自分を愛して「休むこと」をするのがいいと思います。

ちなみに、「夢がかなうとき、なにが起こっているのか?」の著者である、石田ひさつぐさんも、「ゆるくゆるく生きよう」と仰っています。

 

 僕も同感で、「どこまでも頑張り続けられる人間」はいません。

 

あくまで、自分の限界が来たときには休むのが鉄則でしょう。

 

自分の限界を通り越してまで頑張るから「うつ」になる

多くの日本人は「自分への愛」が薄いです。

だから、「うつ」になります。

どういうことかと言いますと、自分への愛が無いから、「他人の言いなりになりやすい」ということ。

 

めちゃくちゃ頑張るサラリーマンが、突然うつになります。

それは、「自分の価値感の限界」をないがしろにし、「他人軸の限界」までやり続けるからです。

 

継続は力なりの「休むポイント」を決めるのは「あなた」です。上司でも、同僚でも、親でも、教師でも、配偶者でもありません。「あなた」。

 

「ここで頑張らないと、お前の仕事は無くなるぞ??」

 

と、脅されて頑張りますが、、

仕事は無くなりません。(今の仕事じゃなくなるかもしれませんが、、)

 

人が存在する限り、仕事は産まれてきます。

 

だから、もし「引き寄せの法則が叶わない」と、嘆かれているのであれば、「疲れたし、ちょっと休むか」という時間を作ってみてください。

 

きっと、新しい世界を見ることが出来ますよ!

 

そう、その「休んだ時」に膨大なスピリチュアルパワーが動くのです。

そして、そのスピリチュアルパワーの影響で、あなたの頑固な潜在意識は変化をおこし、「目の前に世界」はどんどん変わっていくでしょう。

もちろん、「目的イメージ」はいつの間にか手に入ります。

 

それが、引き寄せの法則と「継続は力なり」の関係です。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は「継続は力なり」と「引き寄せの法則」の関係性について書いてきました。

 

確かに世界を変えて「目的イメージを引き寄せる事」は、簡単な物ではありません。

でも、「楽しい物」です。ワクワクする物です。

苦しみの中のワクワクを感じることで、自分で色々なことを決めることで、あなたの世界は真逆に変わります。

 

あなたも早速「継続」を行ってみてはいかがでしょうか?

疲れたら、しっかり休みましょう。

【スポンサーリンク】