ちょろの癒し部屋

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日スピリチュアルブログを更新しています。

お金に苦労する理由をスピリチュアル的に考えてみた

おはようございます。

ちょろです。

 

日本の景気は一向に良くなる気配がありません。

景気が悪くなって、あなたが心配するのは「お金」でしょう。

 

そう、景気が悪くなると、給料が減ったり、仕事が無くなったりで、「手元のお金」がどんどん減っていきます。

 

でも僕は、「お金に苦労したからって、そんなに心配する必要はない」と思っています。

お金というのは一見「物質」に見えますが、非常に「スピリチュアル的なパワー」と、密接に関わった特別な物なのです。

 

ちなみにあなたはどうして「お金」を「お金」だと思うのでしょうか?

これは、「そうやって、決まっているから」だけです。

 

共同幻想という認識で、僕達は「お金をお金だと信じている」から「お金なのです」。

つまり、どんどん突き詰めると、「お金  =  何らかのパワー」

とも、言い換えられます。

 

先に結論を書いておきましょう。

 

お金に苦労する人は、物質的なお金が減っていくことに不安になりすぎだ

 

ということです。

 

お金が減っていったからと言って、「死ぬ」必要は全くないわけです。

そして、お金で苦労する必要も全くありません。

 

あなたの潜在意識が変わるだけで、間違いなくお金の苦労は減っていくでしょう。

 

この日本でお金に苦労してしまう人は沢山いる【自殺者も多い】

f:id:choro0164:20200411083339j:plain

この日本には「お金に苦労してしまう人」が沢山います。

 

お金の量を増やしすぎないように、日銀(国)がコントロールしているからです。

あまり沢山増やすと、インフレが起こってしまい、簡単には止められません。

 

そこで、金利をちょっとずつコントロールして、国内にお金の量が増えすぎないようにしています。

 

もっと言うと、国内のお金の総量は「増えている」にも関わらず、「沢山持っている人」と、「お金に困るほど少ない人」の差がただ広がっているだけなのです。

 

そして、その「お金に困るほど少ない人」は、心を病んでしまい、「自殺」をしてしまう人も多いのです。

 

f:id:choro0164:20200411084020p:plain

 

 

ちなみに、日本国内で年間に自殺で亡くなられる方は、約2万人です。

警察庁 自殺統計より

「1日に約55人の方」が自殺でお亡くなりになっています。

G7の国の中では突出した多さです。

 

もちろん、この自殺者の内のどれくらいの割合が「お金に苦労して自殺をされた」のかはわかりませんが、少なくとも、お金に苦労していなければ死なずに済んだ人もいるでしょう。

 

でも大丈夫。

お金に苦労して死を選んでしまう必要はもうないのです。

 

お金で苦労してしまう人は「お金が神様」だと思い込んでいる

f:id:choro0164:20200408063706j:plain

まず、お金に苦労している人の特徴は「お金  =  神様」だと信じ込んでいる事です。

 

冒頭にも書きましたように、お金は神様ではありません。

あなたや僕が「お金はお金だ」と思い込んでいる物質が在るだけです。

 

もし、お金が無くなれば「仕事をすること」で、手に入れることが出来ます。

また、生活に困れば「生活保護」を受けることで、最低限度の生活はすることが可能でしょう。

 

つまり、こういうことです。

 

・手元のお金がゼロになっても、僕達は死なない

 

 

 と、考えられるでしょう。

仕事ができない状態になっても、あなたが「日本国民」であれば、最低限度の生活は国が保証してくれているのです。

 

なのに、どういう訳か僕達は「お金が無いと苦労する」と思い込んで、「自殺」まで意識させられているのです。

 

ここには、ちょっとだけ秘密があって、、

 

・国は経済を回して良くする為に、何とか国民に労働をさせたい

 

 

 と考えているのです。

人が働いて、経済的な活動をすれば、税金を納めます。

税収がなければ国は成り立たないので、何とか「あなたはお金に苦労するから働いたら?」と、仕向けたい策略が垣間見えます。(もちろん、公には言いませんが、、)

 

その為に、「お金は神様のような物で、苦労して働かなければ手に入りませんよ」と、義務教育で国民に洗脳していくのです。

 

まあ、確かにそうやって、国民の意識を上げることで、日本は経済大国になったので、やり方は「正解」だったのでしょう。

 

しかし、その過程では「貧富の差」が産まれ、あなたのような「お金に苦労する人」が現れてしまいました。

 

でも、大丈夫です。

お金は神様ではありません。

 

何らかの仕事をすれば、最低限のお金は手に入りますし、ヤバくなったら生活保護を申請すればOK。

 

あなたが自殺を選んでしまう理由はどこにもないのです。

お金は「空気のように目の前をひらひら飛んでいます。」

 

お金はエネルギーだからそこら中にある【スピリチュアルパワー】

f:id:choro0164:20200331093243j:plain

ここまで書いたように、僕達が普段使っているお金は「エネルギー」のような物です。

 

確かに、手元に沢山あれば「安心できる」のですが、別にお金が沢山あっても、「使える時間や物事」は限られています。

 

人間はどんなに頑張っても、100年程度しか生きられません。

しかもそのうちの30年程度は「体の元気が無くなって生きている」状態です。

 

目の前にある「お金」をただ使って回し続ける。

それで、人間としては幸せなのです。

 

あなたは「空気」を毎日貯めていますか?

僕は貯めていません。お金も、「それがお金だ!」とみんなが勝手に決めているエネルギーのような物質なので、無理に貯める必要はありません。

 

必要なお金は、必要な時に手に入れればいいだけ。

 

スピリチュアル的に言うと、「あ!!これやりたい!」と思った時に、勝手にお金は入って来るのが原則です。

 

無駄に貯めておいても、「使う場所」がなければ、意味は無いという事です。

 

つまり、お金に苦労する人というのは「自分がお金に苦労していると思い込んでいる人」と言う事になるでしょう。

別に「苦労する」必要はないのです。

全てを捨てて逃げてもバッチリ生きられますから!!

 

ちなみに僕も、フリーランスとして、毎日「戦場」のような場所で日銭を稼いでいますが、それでも僕は生きています。家賃も滞納してはいません。。(幸せ!!)

 

お金に苦労したからって死なない【生活保護も受けれる】

f:id:choro0164:20200331092510j:plain

先程から申し上げておりますように、「お金に苦労しても死なない」のです。

 

あなたが死ぬとき、それは、、

 

・自分が辛くなって死にたいと思った時

 

 

 だけです。

お金がゼロになっても、簡単に僕達日本人は死にません。

 

 借金を抱えて、餓死した人を、あなたは知っていますか?

餓死よりも先に「自殺」を選ぶ人の方が多くないですか?

 

本当は「別に死ななくてもよかった」のに、自殺された方は「もう死ななくちゃ」と思わされてお亡くなりになっているのです。

 

前述しておりますように、日本国では「 ” すべて国民は健康で文化的な生活をする権利を有する ” 」と、決められているのです。

 

お金に困れば、国に申請すれば、誰でも貰えます。

仕事が無くなっても全然大丈夫です。

 

もし、可能なら、「何らかの仕事をする」ことで、もうちょっとお金が手元に残る生活をすることが出来ますが、無理なら「生活保護」一択でしょう。

 

お金に苦労する人はお金を「スピリチュアル的な物」とは思ったことがない人。

あなたが「もっと色々やりたい!」と具体的なイメージを持てば、間違いなく必要なスピリチュアルが動いて、あなたの周りに「必要なだけのお金」を降らせてきます。

 

「強いイメージ」と「がむしゃらな行動」があれば、間違いなくあなたがお金に苦労する事はありません。

本当に「イメージを持った行動」をしているでしょうか?

 

それさえすれば、あなたはどんどんお金を手に入れることが出来るでしょう。

(強烈にイメージしたことに必要なだけのお金です)

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は「お金に困る人の理由」をスピリチュアル的に見てきました。

 

波動がうんちゃらかんちゃら、、という、霊的な方法でお金を手に入れる事も出来ますが、僕はもっとシンプルだと思っています。

 

・お金を手に入れて何をしたいのか?という強烈なイメージ

 

・毎日継続した行動

 

 

 この2つを繰り返し続ければ、あなたはお金に困る事はありません。

お金が無いと困ると思い込んでいる自分の潜在意識を、スピリチュアルパワーで変えてみましょう。

【スポンサーリンク】