ちょろの癒し部屋

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日スピリチュアルブログを更新しています。

孤独で生きるのが辛くても大丈夫【実は孤独が最強】

こんにちは。

ちょろです。

 

あなたは今「孤独」でしょうか?

あまりに孤独すぎて「生きることが辛い」と思われていませんか?

 

今回はその「孤独」と「生きる事の辛さ」について、記事を進めていこうと思います。

 

結論を先に書いておきましょう。

 

人というのは実は孤独だからあなたは全然大丈夫です

 

ということです。

僕も多くの仲間や妻に支えられていますが、結局のところは孤独。

あなたが感じているように、「孤独で生きるのが辛い」は、僕も感じている事なのです。

 

だから、あなたも大丈夫。僕が今大丈夫なように、あなたも大丈夫だと言えるでしょう。

 

人はいつも大切なところで孤独になる【生きるのは辛い】

f:id:choro0164:20200405074743j:plain

今僕は孤独です。

 

確かに周りには、妻もいますし、仲間もいます。

でも、孤独なのです。

 

特にフリーランスになってから、そう感じるようになりました。

いや、サラリーマンの時も感じていたかもしれません。ただ、それを言わないだけで。

 

毎日生きていく中で、僕達人間は「様々な物事を決めること」をし続けます。

 

食材が足りないからスーパーに買いに行こう!、いつ行く?、どうやって行く?、何を買う?

 

全ては自分で最終的に決めることをしなければいけません。

確かに、家族や仲間がいれば、アドバイスはしてくれますが、結局最後に決めるのは自分です。

 

サラリーマンとして仕事をしていても同じでしょう。

上司や先輩、同僚は何らかのアドバイスをくれますが、結局最後に仕事を請け負わなければいけないのは自分なのです。

 

こんなに孤独なことってあるでしょうか?

 

しかも、その「孤独」は大事な局面になればなるほど、浮かび上がってくるものです。

 

というのも、周りの人たちは「お、、こ、こんなに緊迫した大切な判断は、、ちょっと、口出しできそうにないな、、が、がんばれ、」

 

と、本当に大切な時には、あまりアドバイスをしてこないからです。

そう。ターニングポイントでは「あなた自身が孤独に決めていく」しかないわけです。

 

孤独なあなたは実は一番!結局人は孤独になって生きるのが辛くなる

f:id:choro0164:20200405080605j:plain

人生は、最終的に「孤独」になります。

死ぬときはみんな一人。

 

そうやって考えると、実は「孤独に慣れておくこと」もいい事なのかもしれません。

 

あなたは毎日孤独です。

逆に言うと、孤独だからこそ、自分で全部決めることが出来るでしょう。

僕もフリーランスになり、「孤独」に近くなりました。

 

ハッキリ言って、「自分で全部決められて、最高にハッピー」です。

どうして僕が、サラリーマンをなんとしても辞めたかったのか?それは「自分で全部決められないから」です。

 

サラリーマンの制度は、確かに生きていく上ではすごく画期的な制度で、安定した人生を送ることが出来ます。

 

その反面、「孤独に決めることがしにくい」のもサラリーマンなのです。

サラリーマンは会社のお金を使って、ビジネスのお手伝いをしている人たち。

 

ということは、最後には「会社の許可」が必要なのです。

自分で勝手に決めてもいいですが、後で、何らかのバツを受けなければいけません。

 

もちろん、僕はサラリーマン時代に「物凄く好き勝手なことをして怒られまくった」経験があります。それでも、怒られながら、結果を残してきました、、。

 

フリーランスは違います。確かに孤独で誰もアドバイスはしてくれませんが、とにかく「全ての事を自分で決めることが出来ます。」

 

でも、失敗したら「自己責任」。

もし仮に、借金を作ってしなければいけないビジネスであれば、大きな損害を抱えた人生のスタートでしょう。

 

こんなにリスクが高く、怖い事はありません。

でも、最終的には人間はみんなこの状態になってしまうのです。

 

サラリーマンもいつかは辞めなければいけません。

そうなる前に「孤独」を経験できているあなたは、めちゃくちゃ「いい経験」をしているとは思いませんか?

 

僕は、今の「危険に満ちた生き方」が大好きです。

孤独に自分で決め続ける生き方が大好きです。

 

この世に産まれた時は誰もが孤独【それでも生きたい】

f:id:choro0164:20200405200759j:plain

 あなたがこの世に産まれて来た時は、「孤独」です。

 

一人で、お母さんのお腹の中を下ってきて、頑張って外の世界に出てくるでしょう。

確かに、お母さんを始め、お医者さん、看護婦さんにお出迎えはしてもらえますが、結局は「一人」で産まれます。

 

そして、けたたましい声で「産声」をあげるのです。

それはまさに「やっと出れてうれしい!もっと生きたい!!生きたいの!!」

という、声にならない声なのでしょう。

 

孤独で頑張ってきて、やっと生まれることが出来た。

そして、そこからもまた孤独に勉強していく人生がスタートします。

 

多くの人が、あなたを支えてくれるでしょうが、人生においては、決めるのはいつもあなた一人です。

 

あなたが決め続けなければ、長い人生を有意義に過ごすことは出来ません。

でも、死ぬのは嫌なので、あなたは頑張って「孤独の中で」決め続けます。

 

今日は何をして過ごすのか?誰と一緒にいるのか?どうすればお母さんが振り向いてくれるのか?

とにかく、沢山の事を、「孤独の中で」決め続けるでしょう。

 

決め続けなければ生きられません。

人生というのは、そういう物なのかもしれませんね。

この世からお別れする時も人は孤独【辛かったけど良かったな】

f:id:choro0164:20200322071405j:plain

そして、当然この世からお別れする時も、人は「孤独」にならなければいけません。

多くの人が、最後のお別れを言いに来てくれるかもしれません。

 

涙を流して、あなたの旅立ちを悲しんでくれるかもしれません。

しかし、人はその肉体から離れて、一人で別の世界に旅立たなければいけないのです。

 

僕はまだ、40前なので、あまり実感はありませんが、いざ「死」のことを考えると怖くてたまりません。

 

どんなに人から好かれている人です、どんなに立派な人でも、死ぬときはいつも孤独です。

そして、きっと死ぬ瞬間には今までの人生が走馬灯のように浮かんできて、「辛かったけど、幸せな人生たっだな」と思える事でしょう。

 

誰しも人生は「いい事半分」「悪い事半分」です。

生きている間は、なかなかいい事を思い出せませんが、いざ自分が死ぬときになると、いいことを思い出せるかもしれませんね。(そうあって欲しいという願いも込めて)

 

もし、あなたが今孤独なのであれば、これは「最強」です。

なぜなら、本当に死ぬ前の孤独は、「あなたはもう経験済みだから」です。

何も怖くはありません。

 

そして、「今孤独だという人の心の痛みを分かってあげる事」も出来ます。

孤独でない人に比べて、あなたは優しい人になれるでしょう。

 

それだけ、「孤独に生きる」ということには価値があるのです。

今は孤独でも大丈夫です。間違いなくあなたの周りには、素敵な人が沢山やってくるはずです。

孤独だと思い込んでいる自分の世界は、いつか変わります。

 

あなたが心優しく「色々な人に笑顔で接することが出来るようになれば。」

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は、「孤独で生きるのが辛くても大丈夫」というテーマで、話を進めてきました。

 

確かに「孤独」は辛いです。でも、人は皆孤独なのです。

 

フリーランスの僕は非常にそう思います。

僕も幸せに生きていますから、あなたも一緒に幸せに生きてみませんか?

 

あなたにも間違いなくその価値があるのです。

 

【スポンサーリンク】