ちょろの癒し部屋

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日スピリチュアルブログを更新しています。

人間と地球と普通って何だろう?【潜在意識は普通をどう感じる?】

おはようございます。

ちょろです。

 

皆さんにとって、『普通』とはどんなものでしょうか?

 今、思い描いている『普通』は、本当に誰もが思う『普通』と一緒なのか?

 

今日は、簡単に『普通』って何?

という、気付きを書いていこうと思います。

 

結論を先に書いておきます

 

この世界に『誰もが認める普通』なんてものはない

 

ということです。

あなたが思い描く『普通』と僕が思い描く『普通』は違う、ということをお分かり下さい。

 

田舎では普通に素泊まり旅行が出来る【ワクワクしまくり】


f:id:choro0164:20200505070618j:image

今日本では、コロナウイルス感染症対策の為、不要不急の外出は出来ません。

 

それが『普通』。

ちなみに、僕は今日、お隣県の浜田市に来ています。

それは、近日中に『特定警戒都道府県以外』では、ある程度の経済活動が出来るようになることを知ったからです。

 

県またぎの素泊まりプチ旅行に来ています。

(旅行の内容はまた、別の記事にて)

 

恐らく都市部にお住まいの皆さんは、自粛中でしょうから申し訳ありません。

 

そして、都市部にお住まいの皆さんと、僕のように、『田舎』に住んでいる人間とは、ここで既に『普通』が違います。

 

このように、同じ地球に住んでいるのに、同じ日本に住んでいるのに、『普通』は、かなり違うでしょう。

 

僕が思い描く、朝食とあなたが思い描く『普通の朝食』も、これまた違ったりします。

 

僕たち人間は、当たり前の様に、『普通』という言葉を使いますが、その言葉事態、普通ではないのかも、しれませんね。

 

自販機食堂の神、田中さんの普通【スピリチュアルな波動のパワー】


f:id:choro0164:20200505071720j:image

ご存じの様に、僕は最近、自販機食堂に妻と一緒に行くことが好きです。

 

昭和感を感じる古びたレトロさを体験しに行っています。

 

実は、今日もこのあと行きます。

昨日、その自販機食堂で、『中国地方の自販機の神』と呼ばれる、田中さんという方に偶然お会いしました。

 

田中さんは、この自販機食堂を管理して生きることを『普通』の生き方だと思われているでしょう。

 

僕からすれば、かなりの未知な世界。

でも、田中さんと昨日お会いして、めちゃくちゃ普通なおじさんでした。

 

同じように、会話も出来て、自販機食堂の美味しさを伝えることも出来ました。

 

つまり、同じ世界に生きてるのに、『違う普通』を見ています。

 人間は、当たり前にこの世界に存在して当たり前に、『自分だけの普通』を生きる。

 

だからこそ、色々な人に会ったり、景色を見たり、空気を感じたり、物を触ったりすることで、見聞を広げていくべきなのでしょう。

 

人生は、たったの80年しかありません。

この80年の中で、少しでも新しい物に触れ、新しい『普通』を吸収していく。

 

それが、最終的には世界を幸せにすることにも繋がりそうですね。

一つの『世界』という事実を、色々な角度の『普通』から見られれば、新しい幸せが見えるかもしれません。

 

自販機食堂の素晴らしさを支え続けていらっしゃる田中さん

今回僕が奇跡的にお会いすることが出来た偉人「田中さん」は、こちらの動画に映っておられます。

 

 山口県の3つの店舗と、この「島根県益田市の後藤商店、オアシス」の管理をされているそうです。

 

実は、自販機食堂で食べられる、ラーメン屋うどんは、その土地ならではの味になっていて、その場所その場所で全て麺から出汁まで違うのです。

 

好き好きはあるでしょうが、その土地その土地の「良さ」を理解するのにとてもいいと思っています。

 

先日お会いした時も、とてもお元気でパワフルに見えました。

これからも、貴重な自販機食堂を守って頂けるように、頑張ってほしいと思っています。

 

ちなみに、山口県防府市の「長沢ガーデン」で自販機食堂うどんを味わった記事はこちらでございます。

 

www.choro0164-iyashibeya.site

 

 自販機食堂は、その土地その土地で違う。

だからこそ、とてつもないスピリチュアルパワーを感じますし、僕の心が元気で幸せになれます。

 

人は「元気で幸せ」なものと一緒になると波動が共鳴して、「みんなハッピー」になれるのでしょう。

 

あなたも、是非自販機食堂で、幸せで元気でハッピーになって頂きたいと思います!!

 

自販機食堂に対する熱い想いは、別の記事で粛々と書いていこうと思うのです。

とにかく、「そういった世界もあって」「それが普通だと認識する潜在意識もある」のだということを認識していただきたいです。

 

障害をお持ちの方にも普通がある【潜在意識はそれを当たり前とする】


f:id:choro0164:20200505073321j:image

ちょっと話は変わりますが、障害をお持ちの方も、この世にはおられます。

 

そういった障害をお持ちの方にも、その人なりの『普通』があります。

 僕たちには、到底想像も出来ない普通。

 

でも僕は最近考えるのです

 本当に、健常者が普通で、障害者が普通じゃないと決めていいのでしょうか?

 

大多数の人は障害者ではありません。

でも、その人なりの『個性』という『普通』は持って生きているのです。

 

これも、より多くの人と出会い、色々な普通を見ていくことで、その答えが分かるような気がします。

 

一体、この世界では、何が普通なのか?

毎日色々考えていこうと思う今日でした。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今日は、『普通』って何?

 

ということを考える記事でした。

約40年間生きてきて、何が普通なのか?なんて、全く答えが出ません。

 

でも、地球は当たり前の様に回り続け、人は当たり前の様に生きている。

 

これから先も、普通探しの旅は続いていくのでしょう。後、40年間頑張って探してみます!

 日々潜在意識は変化し続けていますし、僕が幸せになる限り、世の中もどんどんどんどん幸せになっていくことは間違いありません。

 

あなたも、間違いなくどんどん幸せになれるでしょう!!

 

【スポンサーリンク】