ちょろの癒し部屋

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日スピリチュアルブログを更新しています。

【浜田旅行記②】最強の居酒屋と浜田城跡からスピリチュアルを感じる

おはようございます。

ちょろです。

 

先日お邪魔してきました、島根県浜田市。

その様子の続きがありますので、今回は「浜田旅行記②」ということで、お届けしていこうと思います。

 

結論です。

 

浜田市にはマジで美味しい居酒屋と、歴史。そしてスピリチュアルパワーだらけだった

 

ということになります。

いやー、浜田。めちゃくちゃいいところでした。

是非ともあなたにおすすめです。

 

では、その理由をどんどん見ていきましょう。

 

夜は居酒屋でしんみりと過ごす【具魯烏葡(ぐろうぶ)さん】

f:id:choro0164:20200510065812j:plain

さあ、せっかく旅行に来たので、「外で食べよう」と思い、ホテルのすぐ前の居酒屋にレッツゴー。(本当は自粛中だったので、コンビニ弁当で済ませようかとも思っていましたが、あまりに人がいないので居酒屋へ。。)

 

幸いなことに、お店には、「マスター」「お兄さん」「ご夫婦のお客様」「僕と妻」のみという、絶対に3密にならない状態でした。

 

まあ、これだけ自粛自粛言ってる時に、居酒屋に行く人なんてあまりいませんよね。

自粛警察に通報されてしまいますw

 

そして、浜田と言えば何と言っても「魚」です!!

お刺身を豪勢に頂きます!!

 

f:id:choro0164:20200510070425j:plain

もちろん、最初は生ビールで乾杯ですよ!!

久しぶりの生ビールは、めちゃくちゃおいしいです。

 

お客さんも少なく、丁寧に入れてくれた生ビールが体にしみますねーー。

 

続いて僕が頼んだのは、、

f:id:choro0164:20200510070603j:plain

 

タコのから揚げ。

めちゃくちゃサクサクで、しかも「タコが柔らかい」。

海の旨味をたっぷり含んだ、ジューシーなタコを頂くことが出来ました。

 

こんなに柔らかく仕上げてあるタコのから揚げは初めてかも??

 

そして、こちら。

せせりの塩焼きです。

f:id:choro0164:20200510070741j:plain

このせせりが、なんともジューシーでめちゃくちゃ美味い!!

レモンを掛けてさっぱり頂きました。

 

せせりって、どこのお肉?

せせりは「鳥の首の部分のお肉」なのです。

そう、あの鶏の「ちょっとしかない首」の部分。

 

めちゃくちゃ貴重な部位なのですね!

僕はせせりが大好きで、家でもたまーーに食べるのですが、今回調べてみて初めて知りました。

 

有難く今宵も浜田市で頂くことが出来、とっても満足。超スピリチュアルです!!

 

せせりの部分は、「良く動く部位」なので、筋肉質だけど、脂も乗っていて、「焼き鳥」「塩焼き」などで食べるのが、一番おいしいでしょうね。

 

僕はいつも素焼きにして、ポン酢で頂きます。

 

スーパーで見かけられたら是非チャレンジされてください!!

まじ、スピリチュアルな気分になれます!(最高ってことw)

 

そして、次はこちら。。

f:id:choro0164:20200510071408j:plain

しめ鯖の炙り。

 

ぎゅーっと旨味が詰まったしめ鯖を、丁寧にこんがりと炙ってあります。

旨味が濃縮されていて、口の中で魚の旨味が広がります。

 

わさびと一緒に食べると、青魚の臭みも全く気にならず、美味しくいただけました。

まさに、海の街「浜田」にぴったりの料理ですね。

 

少ないお客さんの中3密を守ってスピリチュアルな出会いがあった

f:id:choro0164:20200510071714j:plain

前述しましたように、この日は完全に「密」を避けられるほどのお客さんの量。

 

僕と妻は、端のテーブル席でゆっくり。

他のお客様は、カウンターでがやがや。

 

大騒ぎすることも無く、のんびりとお酒を楽しめました。

 

画像のお酒は、有名芋焼酎の「不二才(ぶにせ)」。

しかも、この日はお店もゆっくりだったので、マスターが「ワンランク上の不二才」をご用意してくれました。

 

「今だけ特別価格で」お安くしてくれ、めちゃくちゃ最高の出会い。

飲み口は「甘みがあって、浜田のお魚とよく合う」といった印象です。

 

この日、この「具魯烏葡(ぐろうぶ)」さんに来なければ、このお酒とは出会えませんでしたし、マスターとも、お店のお兄さんとも出会えませんでした。

 

きっと、こんなにゆっくりと飲めるのも、「自粛中のこの日」だからこそ。

駅前で、ホテル外の前のお店なので、間違いなく普段は満員状態でしょう。

 

マジでこの日に行って良かった!!

と思っています。これぞまさに「スピリチュアル」!!

 

不思議な縁というのは、このように繋がって、僕の人生をどんどん変えていってくれます。

ここで経験できたことが、今の僕の新しい世界を産み出し、豊かで幸せな人生を生きる糧になるのかもしれません。

 

 

 載せ忘れておりました。

この「不二才」のスペシャルバージョンを頂きながら、ホルモンの鉄板焼きを味わいました。

 

キャベツたっぷりで、胃腸に優しいお味。

芋焼酎のロックと抜群の相性ですね。

 

確か、この後お刺身もさらに頂いて、、宿に行ったのです。

 いやー、マジでスピリチュアル!!

 

居酒屋「具魯烏葡(ぐろうぶ)」の場所はこちら

 

 めちゃくちゃ美味しいので是非ともお勧めです。

 

住所:〒697-0024 島根県浜田市黒川町4188-1

電話:0855-22-3217

 

浜田市の朝はめちゃくちゃスピリチュアル【自粛の街の清々しさ】

 

f:id:choro0164:20200510072901j:plain

 居酒屋「具魯烏葡(ぐろうぶ)」を後にした僕は、ホテルに帰って仕事をして、、就寝。

しかも、大浴場も楽しめるという事で、「貸し切り状態」の大浴場を楽しんできちゃいました。

 

自粛中で温泉にも当分行っていなかったので、最高のお風呂となりました。

 

そして、翌朝6時。

再び貸し切りのお風呂に入った後は、、「朝の浜田」を散策。

お散歩に出かけてみました。

 

きっと、普段よりははるかに人通りが少ないホテル街です。

f:id:choro0164:20200510073201j:plain

朝の空気って、すごく清々しくて気持ちいいです。

 

スピリチュアルパワーをめちゃくちゃ感じることが出来て、幸せでハッピーな気分になれちゃいました。

 

しかも、車も1台もいない!!

 

マジですごいです。。(田舎なことと、自粛中なことと、GWということ)

 全ての要素が合わさって、「誰もいません。」w

 

そのままとぼとぼ歩いていると、、

f:id:choro0164:20200510073420j:plain

はい。美しいつつじを発見。

まさにスピリチュアルなパワーがふんだんに溢れています。

 

心を元気にしてくれる満開のつつじですね。

f:id:choro0164:20200510073518j:plain

もちろん、朝の公園にも誰もいません。

お散歩しているおじいちゃんが一人おられましたが、それだけ。

 

田舎の朝っていいねーー。

「自粛中に何やっとんじゃーー。」と、誰かに言われそうだったので、いそいそと宿に戻って、出発の準備をしました。

 

いやー。小旅行ってなんて気分転換になるんでしょうね!

最高です。

 

浜田城跡の歴史と自然からスピリチュアルパワーを感じる

f:id:choro0164:20200510073817j:plain

 そして、宿を出て僕達夫婦が向かったのは「浜田城跡」。

 

浜田城は1866年の第二次幕長戦争で落城し、そのまま再建はされていません。

今は高台に「城跡」のみがある状態。

 

ここは、その浜田城の天守閣への入り口だそうです。

普段は市民の方の憩いの場となっているようですが、、ここでもやっぱり「自粛ムード」ですね。

 

僕と妻と、「おじさんが一人だけ」でした。

 そのまま、石段をどんどん山の方へ上がっていきます。

f:id:choro0164:20200510074409j:plain

浜田城からの「日本海の眺め」です。

 

いかがでしょうか?

まさに絶景でした。

清々しい空気と、日本海の潮の香。

澄んだ緑の林の香りが混ざり合って、僕の心を豊かに幸せにしてくれます!

 

思いっきり深呼吸をして下山しました。

 

浜田護国神社でご祈願

f:id:choro0164:20200510074630j:plain

城の麓には、「戦死者を祀った」浜田護国神社があります。

綺麗に敷き詰められた石畳の上を歩いて、本殿にお参りしてきました。

 

長州藩に敗れた浜田藩は、長州藩の支配地になったようですね。。

何だか歴史を想像するだけでも悲しい思い出です。

 

今の日本って、めちゃくちゃ幸せなんですねー。

f:id:choro0164:20200510074928j:plain

慰霊碑もありましたのでパシャリと、しておきました。

 さらに山を下ると、そこには見たことも無い大樹が!

 

f:id:choro0164:20200510075017j:plain

 なんだか幻想的で、スピリチュアルパワーを沢山感じますね。

神秘的ーー。

 

「タブノキ」という木のようです。

 朝鮮半島にも生息している種なんですね。

 

本当に何とも言えない不思議なスピリチュアルパワーを感じられました。

 

と、いうことで、僕達夫婦の小旅行はこれでお終いです。

家からそんなに遠くない「島根県浜田市」。

 

でも、ちょっとした旅行に出ることで、気分転換にもなり、素晴らしい出会いを得る事も出来ました。

 

浜田市、一気にファンになってしまいました!

素晴らしい街です。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は「浜田市旅行記②」ということで、長々と書いてきました。

浜田市の魅力が少しでも伝わったでしょうか?

 

あなたも是非山陰にお越しの際は「浜田市」に行ってみられてはいかがでしょうか?

 

ちなみに、浜田市旅行記①はこちらからどうぞ。

www.choro0164-iyashibeya.site

 

 めちゃくちゃワクワクして、どんどん世界が幸せになれる場所です!!

スピリチュアルパワーもガンガンに感じちゃいましょう!!

 

 

【スポンサーリンク】