ちょろの癒し部屋

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日スピリチュアルブログを更新しています。

既婚者でも恋がしたいと考えるのは自然な3つの理由

おはようございます。

ちょろです。

 

あなたは今「恋」をしているでしょうか?

僕は、妻帯者なので、妻に恋をし続けています。でも、魅力的な女性が目の前に現れたら、、つい、、目で追ってしまうのが人間の本能でしょう。

 

でも、それって人間としては当たり前の事の様にも感じます。

そこで、今回はどうして人間は「既婚者でも恋をしたい」と考えてしまうのか?さらには、「既婚者でも恋をするのは悪いのか?」というようなテーマで記事を進めていきます。

 

結論を先に書いておきます

 

既婚者でも恋をするのは悪くない。けど、それなりのリスクがあるのを知っておこう

 

ということです。

もっと簡単に書くと、「人が人を好きになるのって普通だよね」という事になります。

スピリチュアルパワーの流れに従って毎日を楽しんでいれば、人に恋をすることは沢山あるでしょう。それが「既婚者か未婚者か」の違いだけになります。

 

多くの既婚者は恋がしたいと考えている

f:id:choro0164:20200712053732j:plain

ある調査によると、既婚者のうち、「今のパートナー以外と浮気をしてみたい」と考えている人は、男女平均で約32%いることが分かっています。

  浮気願望
男性 33%
女性 30%

 

一生一緒にいようと思って結婚をしたにもかかわらず、パートナーに満足できずに、浮気をしたくなるのが人間なのです。

 

幸いなことに僕にはその気持ちは無いですが、もし、めちゃくちゃ魅力的な女性に誘われたら、、、長い人生どうなるのかは分かりません。

 

既婚者の3人に1人は浮気願望があるのです。つまり、「もっと新しい恋をしたい」と考えています。でもそれは悪い事なのでしょうか?人間として、他の人間を好きになる事は自然なことのような気もします。

 

まずは、「どうして人は浮気をしたくなるのか?」の理由を3つ見ていきましょう。

 

既婚者でも恋がしたいと考える3つの理由

f:id:choro0164:20200712054501j:plain

では、どうして既婚者でも恋がしたいと考えるのか?ちょっとスピリチュアル的な視点で、その3つを書いていきます。それは以下の3点です。

 

・パートナーとのマンネリ化

 

・異性からの評価が欲しい

 

・もっと自分を愛したい

 

 

以上が、既婚者でも恋をしたいと考える理由になります。

結婚をしてしまうと、一生そのパートナーと人生を共にしなければいけないという、ルールの中で生きていくことになります。 

 

でも、それは、人間が勝手に作った不自然なルールです。もっと本質的に考えれば、既婚者でも恋をしたくなるのは人として当たり前の事でしょう。

 

具体的に掘り下げてみます。

 

既婚者でも恋がしたいと考える理由①パートナーとのマンネリ化

既婚者でも恋がしたいと考える理由の一つ目は、「パートナーとのマンネリ化」です。これは、肉体的な意味も、精神的な意味も含みます。

 

セックスレスになって浮気や不倫を始める男女は多い物です。

一方で、「なんだかパートナーにときめかなくなった」「もっと、ドキドキしたい!」と心のマンネリ化を埋めるために浮気や不倫を始める人も、多いはずでしょう。

 

実は恋に落ちても、その期間は「3年でお終い」なのが人間のシステムに構築されています。

 

僕達は恋に落ちると、「フェニルエチルアミン(PEA)」と呼ばれるホルモンで、ドキドキワクワクします。このPEAは、3年で出なくなってしまうのです。

 

つまり、恋は本当に3年間しか寿命がない事になります。

結婚をして、4年目の夫婦が一番離婚の危機にさらされるという調査結果もあるのです。

 

ということは、人間は、結婚をして数年経つと無意識的にもっとドキドキする恋を、探し始めるのが自然だと言えます。

 

それでも、結婚している夫婦がパートナー以外と関係を持つことは、違法行為になるので、多くの人は深い関係にならないのが普通です。

 

既婚者でも恋がしたいと考える理由②異性からの評価が欲しい

既婚者でも恋がしたいと考える理由の2つ目は、「異性からの評価が欲しい」です。人間は誰しも、「承認欲求」を抱えて生きています。

 

それは、男性、女性に限らず、全ての人がそうです。また既婚者になって、決められたパートナーが出来れば、今まで異性から人気だった人も、「恋愛対象外」とされてしまいやすくなります。

 

ということは、結婚をすることによって、もう異性から評価をされることが殆どなくなってしまっているのです。

 

魅力的な人で、今まで異性からチヤホヤされてきた人であれば、「なんだよ、、結婚ってつまんない、、」と感じるのが自然ではないでしょうか?

 

人は他者から愛されたい生き物です。もちろん、パートナーは愛してくれています。でも、「もっともっと多くの人から愛されたい」と考えるのが、人間の本能。

 

既婚者でも恋がしたいと無意識的に思ってしまうのは、もっと多くの異性から評価が欲しいからだと言えるでしょう。

 

既婚者でも恋がしたいと考える理由③もっと自分を愛したい

既婚者でも恋がしたいと考える理由の3つ目は、「もっと自分を愛したい」ということです。

 

結婚をすることで、人は多少の「自由」を奪われます。家族の為に生活をしていくことになるからです。

 

人間にとって、一番幸せな物、それは「自由」です。自由を奪われると、自分への愛すらも減っていってしまいやすくなります。

 

「自分には、自由はなくて、、幸せな人生なんて、、もうどこにもないんだ、、」

 

と、悲しい気分になっていた時に、素敵な異性から声をかけられる。それが、既婚者の恋の始まりです。愛がほしいのと同時に「もっと自分を愛したい」のも、恋をしたくなる理由の一つでしょう。

 

既婚者が恋をした時のリスク

f:id:choro0164:20200712061720j:plain

それでも、既婚者が恋に落ち、不倫や浮気をしてしまうと、多くのリスクが付きまといます。ここでは、そのリスクを簡単にまとめておきます。

 

既婚者が恋をした時のリスク①家庭が崩壊してしまう

既婚者が恋をした時に、不倫や浮気に走ると「家庭崩壊」を招きます。

パートナーとは毎日喧嘩。子供がいれば子供からも白い目で見られ、、別居や、家庭内別居などに発展することもあるでしょう。

 

もちろん、そのまま泥沼化して「離婚」も十分にあり得ます。

 

既婚者が恋をした時のリスク②慰謝料を要求される

既婚者が恋をした時のリスク2つ目は、「慰謝料を要求されること」です。

これは、実際に恋をして、不倫をして、離婚を突き付けられた後の話ですが、子供の養育費や慰謝料は間違いなく請求されるでしょう。

 

そのリスクを冒してまで、不倫や浮気を始めるべきなのか?冷静に考える必要がありそうです。

 

既婚者が恋をした時のリスク③周りの人から非難される

既婚者が恋をした時のリスク3つ目は、「周りの人から非難されること」です。

不倫や浮気というのは、違法行為。つまり、ルール違反です。

 

周りの人は皆「ルールを守って生きている」のにも関わらず、あなたが不倫や浮気でルール違反を犯せば、間違いなく周りの人からの非難は強烈なものになるでしょう。

 

恋をしてもかまいませんが、不倫や浮気にまで発展しないように気を付けましょう。あっという間に噂が広がってしまいます。

 

既婚者が恋をしたくなるのはスピリチュアルパワーが溢れてるから

f:id:choro0164:20200712062533j:plain

既婚者が恋をしたくなるのは、「この世にスピリチュアルパワーが沢山動いているから」です。

 

このブログは一応、スピリチュアルブログという事で、ちょっとその視点からも既婚者の恋を見ていきます。

 

この世界には多くの目に見えないスピリチュアルパワーがうごめいています。そのパワーを毎日感じながら、僕達は存在しているのです。

 

何だかワクワクしたりする。急にドキドキしたりする。緊張する。怖くなる。不安になる。

 

全部、スピリチュアルパワーの変化を僕達の潜在意識が感じ取りながら、世界を把握しています。

 

そんな中で、「あーー。もう疲れちゃった、、良い恋がしたい、、」と思ってしまったあなたの前には、「素敵な異性」が現れてしまうものです。

 

だから、既婚者でも恋をしてしまいがちですし、実際に良い恋に巡り合います。

 

でも、前述したように、既婚者の恋にはそれ相応のリスクが付きまといます。どこまでの関係にしておくのか?は、あなた自身が決めるしかありません。

 

「ルール?それでも、私は止められないの、、!!」

 

と思われるのであれば、そこから先は自己責任です。

無理に恋だけでドキドキワクワクする必要はありません。

 

もっと、幸せになるには、色々な方法があるでしょう。今一度、冷静になって「行動」を決めてみませんか?

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は、「既婚者でも恋がしたい」と考える理由と、そのリスク、などを具体的にまとめてきました。

 

あなたが既婚者で、恋に落ちてしまい、そこからの関係をどうするのか?はあなたにしか決めることが出来ません。

 

あなたなりの判断で、今日を幸せにしていきましょう。

【スポンサーリンク】