ちょろの癒し部屋【スピリチュアルブログ】

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日スピリチュアルブログを更新しています。

自分を認められない人におすすめの3つの方法【スピリチュアル的視点】

おはようございます。

ちょろです。

 

人は時として、自分のことを責め、自分の人生を「全然ダメだな」と思ってしまいます。

自分の存在価値自体を認められない。そういう場面に幾度となくぶつかってしまうのです。

 

でも、出来ればそんな時にうまく立ち直って、自分を認めてあげたいと思うのが普通。

そこで今回は、自分を認められない人におすすめの改善方法をスピリチュアル的な視点で、お届けしていきます。

 

人は自分と周りを比べて自分の存在を認め続ける

f:id:choro0164:20201209081606j:plain

人は自分とその他の物を比べて、自分の存在を確認しています。

本来、僕達の体もこの地球もスマホも家も服も、同じ素粒子で出来ているにも関わらず、その存在が「在る」ように感じているのはあなたの意識がそうさせているからです。

 

何か比べる対象が無ければ、自分の体がどんな感じで、存在がどんな感じで、周りの空気と比べて温度が高いとか低いとか、体が硬いとか柔らかいとか、を認識することは出来ません。

 

でも、意識が周りと比べて「こんな感じだよね」と、ずっと認識し続ける為に、今の自分自身を形として在るように感じさせているのです。

 

でも、自分と自分以外を比べるからそこには、「差」が産まれて、その差が「あれ?自分って、人よりも劣ってるな」と感じる原因になってしまい、最終的に自分を認められないことに繋がっていくのです。

 

では、どうすれば自分を認められる人になるのでしょうか?

 

自分を認められない人におすすめの方法

f:id:choro0164:20201209082334j:plain

僕が考える、自分を認められない人におすすめの方法は、以下の通りです。

 

・反応されなくても継続

 

・試練を受け入れる

 

・やってみたいことを紙に書く

 

 

自分を認められない人は、自分と他人との差を感じやすい、めっちゃ繊細な感覚の持ち主だと思います。

傷つきやすいので、僕はマイペースに生きてもらう事をおすすめします。

 

自分を認められない人におすすめの方法①反応されなくても継続

自分を認められない人におすすめの方法1つ目は「反応されなくても継続」です。

 

マズローの欲求五段階説から見ると、人間は平和で安心できる生活圏を手に入れると、今度は「もっと他人に認められたい」という承認欲求を求めることになります。

 

現代社会では、SNSで「いいね」が貰いたい、YouTubeで「再生してもらいたい」ブログで「もっとPVが欲しい」髪を切って「いいじゃん!似合うよ!」と言われたい。

 

そうやって、人から認められることで人は自分の存在価値を感じ、自分を認めていけます。

 

でも、いつも自分の思い通りに周りの環境は動いてくれません。

逆に全ての物事が、自分の思い通りにジャストタイミングで起こり続けたら、それはそれで、あんまり面白く感じないかもしれません。

 

YouTube動画を作ったら、いつも○○万再生、チャンネル登録者数○○万人、

あっという間にその場にたどり着くよりも、全然反応されない状態から、段々と昇りつめていったほうが、「良くなった」といい差を感じられて幸せになれるでしょう。

 

自分を認められない人は、他人から認められないと自分は自分を認めてはいけないと思い込んでいます。

 

確かに、社会では「評価は他人が下すものだ」と言われていますが。それはあくまでも、自分で自分の価値を認められている人だけが受け入れられる現実です。

 

今は、自分が変わって、「あ、これ、やってるだけで楽しいな!」ってことを継続してみましょう。

 

自分を認められない人におすすめの方法②試練を受け入れる

自分を認められない人におすすめの方法2つ目は、「試練を受け入れること」です。

 

人生は試練の連続です。

毎日の様にアクシデントが起こって、苦しめられる場合もあります。

 

僕もサラリーマン時代に、毎日会社に行っては、毎日問題対応。とにかく怒られっぱなしでした。

いや、怒られなくても常に次の課題をやり続ける。

その壁を越え続けていたのです。

 

あなたは、恐らく今も何らかの問題にぶち当たっている事でしょう。

人生の「壁」とも言える試練です。

 

その試練って実は、「前のあなたよりもレベルアップしたから壁と感じられるようになっている」のです。

 

100m走の世界チャンピオンと、今からいきなり勝負をして負けても「くやしーー。」とは思いません。

「向こうはプロなんだから負けて当たり前だろ」と普通は思います。

 

でも、100mの走の世界第2位の人は、第1位の人に負けるとめちゃくちゃ悔しいです。

「あの壁をいつか越えたい!絶対に負けたくない!」と、壁を感じて生きるのです。

 

あなたが、今の問題を「壁」だと認識できるのであれば、あなたがそこまで成長できた証。

 

つまり、「試練、どんどんこいやー。」でOKなんです。というか、あなたが良くなるから、試練も沢山やってくる。

 

どんな生き方をしても、それは変わらないでしょう。

試練を受け入れることが出来ると、自分を認めやすくなります。

 

自分を認められない人におすすめの方法③やってみたいことを紙に書く

自分を認められな人におすすめの方法、3つ目は「やってみたいことを紙に書く」です。

つまり、願望や夢を紙に書き出して、目の前に貼っておく。ということです。

 

スピリチュアル的には、人は目標設定をすると、そこに向けて勝手に走り始めます。

どうして、自分の価値を認められないのかというと、目標を決めていないか、挑んでも無理だったからです。

 

でも、紙に書いて、貼っておいて、死ぬまで諦め続けなければ、たどり着ける可能性はゼロではありません。

 

僕も、サラリーマンを辞めて自由に生きたかったので「社長になりたい」と書いていました。

今は、社長ではありませんが個人事業主として生計をたてられています。

 

目標が、高すぎて「絶対無理だよー」ということでも、構わないと僕は思います。

まずは、書いて貼る。

それだけで、無意識的に目標を目指すため、効果はあるのです。

 

自分を認められなくても全ては在るだけで価値がある

f:id:choro0164:20201209085411j:plain

自分を認められなくても、世界中の全てには同じように価値があります。

 

宇宙は真空の中のエネルギーから産まれました。

そのエネルギーが、ビッグバンを起こし、宇宙空間を作りはじめ、ずっと広がり続けています。

その後、様々な星が産まれていきますが、その中の一つが地球なわけです。

 

地球には、水も空気もあったので、奇跡的に「生命体」が誕生しました。

生命体はどんどん進化を続けて、知能を持って、様々な謎を解き明かしています。

 

あなたは、この地球に生命体として今存在しています。

宇宙が産んだパズルピースの一つなのです。

 

僕もあなたと同じ、パズルピースの一つ。

そして、全ては宇宙や地球と同じように、素粒子で存在し続けているので、「ぜーーんぶ一緒の物」なのです。

 

当たり前に存在していますが、当たり前ではなく「奇跡的」。

さらに、宇宙の全ての物が奇跡的に今存在し続けています。

 

自分を認めるとか認めないとかは、本当はどっちでもいいのです。

あなたが、在るだけで奇跡ということ。

 

そして、あなたが偶然にもこのブログに出会ったことも奇跡です。

だからこそ、あなたにも僕にも価値があると言えるでしょう。

 

自分を認められなくてもマイペースに楽しむことは出来る

f:id:choro0164:20201116162201j:plain

人って、誰かから認められなくても、自分のペースで常に動き続けることは可能です。

 

確かに、YouTubeを始めれば自分より凄い人と沢山出会うので、「え?あんなに再生数在るの?俺、ぜんぜんダメじゃん。」となってしまいがちですが、その「比べる事」に意味はあるのでしょうか?

 

誰かから認められて、承認欲求を満たすことを考えるよりも、まずは今生きられていて、自分の好きな事を出来る環境を喜びましょう。

 

その環境に感謝をするんです。

 

どんなに他人から、「もう意味ないから辞めたら?」と言われても、あなたがやりたいんだったらやるべきです。

 

他人に評価されるためにやるんじゃなくて、自分が満足するためにやり続ける。

それだけで、本当は別の世界を見ることに繋がります。

 

継続して、自分のペースで続けて、いつの間にか自分のスキルが上がって、波動が高くなって、見えてくる景色が変わる。

 

その時に、気が付くとあなたの周りにはあなたを認めてくれる人間や物や宇宙が、溢れかえっているでしょう。

 

「自分を認めなきゃ」と、気にする必要は全くないのです。

ただ、マイペースに継続していくだけでOK!

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は、自分を認められない人におすすめの3つの方法をご紹介してきました。

自分を認めなければなかなか人生を楽しむことは出来ません。

 

それは、他人から認められようとし過ぎるあまりに、自分を認められていないだけかもしれません。

 

別に、他者の評価は関係ないのです。あなたが自分でやりたい!と思ったことを、自分のペースでやり始めてみましょう。

【スポンサーリンク】