ちょろの癒し部屋【スピリチュアルブログ】

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日スピリチュアルブログを更新しています。

寝る事の重要性を考える

おはようございます。

ちょろです。

 

あなたはきちんと夜眠れていますか?

さらには、人間に必要な睡眠時間を確保できているでしょうか?

 

今日の記事では「寝る事の重要性」というテーマで話を進めていこうと思います。

医学的にも、スピリチュアル的にも、寝る事はとても重要なことなのです。

 

ハッキリ言うと、寝る事を疎かにすると願望を手に入れるスピードがかなり落ちてしまいます。

 

では、早速見ていきましょう。

 

人間には6時間から7時間の睡眠時間は必須

f:id:choro0164:20210128062229j:plain

人間には6時間から7時間の睡眠時間は必要です。

中にはショートスリーパーと呼ばれる特別な能力を持たれた方はいらっしゃって、4時間程度の睡眠でも十分だという人もいますが、特殊な能力を持たない普通の人は、6時間から7時間は寝ましょう。

(西野亮廣さんは 2時間睡眠 ナポレオンは 3時間睡眠 だそう)

 

天賦の才能を持っている人は別ですが、この記事を読まれているほとんどの方は、一般の能力だと思います。

僕を含め一般的なスキルしかない人は寝る時間をきちんと取るべきです。

 

医学的にも寝なければ心身のメンテナンスは不可能だと言われています。

 

ちなみに、堀江貴文さんは東大の受験勉強中に1日10時間寝られていたそうです。

昼間に勉強したことを、脳の長期記憶装置に記録として残すにはしっかりとした睡眠が不可欠です。

 

特に頭を沢山使って仕事をされる方、試験勉強をする方などには、睡眠が必須になります。

 

寝る事をきちんとすると願望が叶いやすい

f:id:choro0164:20210128063105j:plain

スピリチュアル的に見ても、寝る事をきちんとしていると願望が叶いやすくなります。

 

スピリチュアル的な視点で願望を実現してくれるのは「潜在意識」です。

この潜在意識は、あなたの顕在意識が休んでいる時に活動しやすくなっています。

 

つまり、寝てる時に世界の見え方を「ぐあーーっと」変えてくれやすいのです。

 

昨日までは努力しても出来なかった物事が、朝起きてやってみると意外とスムーズに出来た!という経験はありませんか?

 

昨日までは「あの上司、嫌いやわ」と思っていた人が、しっかり寝て翌日出会うと、「あれ?意外といい人じゃん」となったことはありませんか?

 

努力して、世界を変えようとして、行動を起こした後、もうやるだけやったら、後は寝ることが一番おすすめなのです。

 

というのも、今の世界を「ありのまま」に見せてくれているのは、あなたの潜在意識。

潜在意識が変化すれば、世界は全く違うように見えだすのです。

 

どんなに顕在意識から「お願いだから潜在意識変化して!」とアプローチをしても、潜在意識はなかなか変わりません。

 

一説によると潜在意識は顕在意識の2万倍のパワーを持っていると言われているからです。

 

と、考えるとシンプルに「潜在意識が自由に変化しやすい環境」を整えてあげることが大切。

 

つまり。一般の普通の方は「しっかりとした睡眠時間の確保」をしたほうが、願望を叶えやすくなります。

 

ただし、寝るまでに「叶えたい願望の強烈なイメージ」と「こんな行動をしたら叶うかな?」という行動は必須です。限界までやってみましょう。

 

寝る事を怠るとパフォーマンスは間違いなく下がる

f:id:choro0164:20210112065519j:plain

さらに重要なのは、「寝る事を怠るとパフォーマンスが下がる」という点です。

前述した通り、睡眠が重要な理由として、寝ている時に潜在意識が変化してくれるという事もありますが、もっと重要なのは「心と体のメンテナンス」。

 

 

寝る事を怠ってしまうと、間違いなく心身のメンテナンスが行われず、昼間の活動時間におけるパフォーマンスがぐんぐん下がります。

 

・A という仕事を夜やると2時間かかるけど、しっかり寝て起きて、午前中にやると1時間で済む

 

というようなことが、平気で起こります。

 

つまり、しっかりと睡眠を取れば昼間の活動時間を1.5から2倍使う事が出来るかもしれないのです。(個人差はあり)

 

これは、体を使う仕事でも、頭を使う仕事でも、勉強でもなんでも一緒でしょう。

 

どんなに頑張っても、睡眠不足の脳と体、心では、寝て起きた後のそれには敵いません。

 

僕もライターとして活動していますが、明らかに夜よりも朝の方が作業効率がいいです。昨日は思い浮かばなかったようなことが、がんがん頭の中から浮かんできます。

 

これは「しっかり寝た方がパフォーマンスがいいから」です。

(特に、僕の様な一般人には)

 

作業効率も上がって、出来ることの量も増え、さらに体が楽になるのであれば、間違いなく睡眠時間を6から7時間は確保すべきでしょう。

 

きちんと寝て起きた後の方が楽しい

f:id:choro0164:20210106062713j:plain

睡眠時間をきちんと取ると「人生が楽しくなる」という効果もあります。

 

正しく言うと、しっかり寝て起きた後に、日光を15分程度浴びると「幸せホルモンセロトニン」が出ます。

 

起床してから30分以内に浴びるのが最も効果的だとも言われているのです。

 

つまり寝て起きたら「元気になれる」と言えるでしょう。

心が元気になれば、あなたの目に入ってくる世界も「元気な世界」「幸せな世界」「願望が叶いやすくなる世界」に変わっていきます。

 

さらに、セロトニンは夜になると「睡眠ホルモン メラトニン」に変わり、夜よく眠れるようになるのです。

 

冷静に考えて、「朝気分良く起きれて」「日光を浴びて幸せになれて」「夜よく眠れる」これだけで、人生めちゃくちゃ楽しくないですか?

 

 

人は「幸せになるために生きている生き物」です。不幸になりたくて生きている人はほとんどいないでしょう。

 

つまり、寝る事を疎かにしなければ、誰でも人間本来の目的を達成できるのです。

 

さらに、前述した通り潜在意識もずばばばばっと変わるので、願望は叶いやすくなります。

 

引き寄せの法則では「強烈なイメージ」「行動などのストレス」「リラックス」の流れが重要。

すると忘れた頃に現実がどんどん変わっていくのです。

 

人生がどんどん変わると、さらに生きるのが楽しくなりますよね?

 

本来生きるという事は「苦しい事」です。

でも、きちんと寝て少しでも楽しい世界を見ることが出来れば、「苦しみなんて忘れちゃう」のが人間です。

 

そして、「昨日までは全然出来なかったことも朝になったら解決する」ので、睡眠がどれだけ重要なのかがお分かりいただけるでしょう。

 

僕はきちんと寝て、きちんと早く起きて、仕事をする。

この流れを崩さないようにして、最高に幸せな毎日を過ごしています。

 

あなたも一緒にいかがでしょうか?

【スポンサーリンク】