ちょろの癒し部屋【スピリチュアルブログ】

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日スピリチュアルブログを更新しています。

人付き合いが疲れる!と感じている人がやるべきことを紹介!

おはようございます。

ちょろです。

 

あなたは「人付き合い」が得意でしょうか?苦手でしょうか?

 

人付き合いが苦手で疲れる!という人は、かなり多いのかもしれません。

人間の悩みの全ては「人付き合いから産まれる」とも言われています。

 

そこで今回は、人付き合いが疲れると感じる人がやるべき3つのこと、というテーマで記事をまとめていきます。

 

人付き合いというのは、基本的に疲れるものです。

でも、今回の内容を試して、出来るだけ疲れない人付き合いをしていきましょう。

 

人は自分と他人を比較して存在を感じ取る

f:id:choro0164:20210426123947j:plain

人は、「自分」と「それ以外」を比べて、自分の存在を認識します。

 

確かに、この世界はワンネスと呼ばれ、全ての物は繋がっていると考えられています。

 

しかし、その世界の中で「自分の肉体」をどうやって人が認識しているのか?というと、無意識的に自分と「それ以外」を分けて、その差で肉体の存在を感じているわけです。

 

自分以外の物と「自分」を比べなければ、人は自分の肉体さえも認識できない状態になってしまいます。

 

肉体の存在、自分の意識の存在を感じ取りたいが為に、人間は無意識的に「自分」と「それ以外」を比べて、その差を利用しているのです。

 

だから、その関係性にストレスを感じてしまうのは、この世に存在するものとして当たり前のことだと言えるでしょう。

 

人付き合いが疲れる!と感じる人がやるべきこと

f:id:choro0164:20210426124535j:plain

人付き合いが疲れる!と毎日感じてしまうあなたがやるべきことは、以下の3点です。

 

・笑顔でヘラヘラしてみる

 

・主張をして意見も聞く

 

・ありがとうの回数を増やす

 

 

一つずつ深掘り解説していきましょう。

 

人付き合いが疲れる!という人がするべきこと①笑顔でヘラヘラしてみる

人付き合いが疲れる!という人は「笑顔でヘラヘラ」過ごしてみましょう。

 

人付き合いが苦手な人というのは、「自分は人付き合いが苦手なんだ」という思い込みの元日常生活を送っているので、どんどん顔が「仏頂面」になってしまっています。

 

そこで、「笑顔でヘラヘラ」を癖にしてみてはいかがでしょうか?

 

人は「楽しそうなものがあるところに集まってくる習性」があります。

 

あなたが楽しそうに「笑顔でヘラヘラしている」と「なんだ?楽しいことがあるのか?」とみんな興味津々になり、どんどんあなたの周りにやってくるでしょう。

 

しかも、あなたは笑顔でリラックスしているので、どんどん話しかけられます。

 

始めは「こいつ、頭おかしくなったんじゃねーか?」と言われるかもしれませんが、そのままニコニコしていると、まともに会話をしてくれる人が必ず現れます。

 

僕も、「接客業は苦手」と18歳の時に思っていましたが、実際に接客業で働いてみました。

すると、笑顔でヘラヘラしているだけで、多くのお客様に好かれ、売上もうなぎのぼりに上がったのです。

 

もちろん、お店のスタッフからも信頼され、まさに順風満帆で今のいままで来ています。

 

人付き合いが疲れる!と感じられるそこのあなたはまず、「笑顔でヘラヘラ」してみてください。

 

人付き合いが疲れる!という人がすべきこと②主張をして意見も聞く

人付き合いが疲れる!と感じている人は、「自分の主張を伝えること」が苦手です。

 

「こんなこと言ったらどう思われるだろう?」と考えてしまい、何も言えずにその場を過ごしてしまいます。

 

恐らく、過去の体験で「自分が発言したら嫌われた」という苦い思い出があるためでしょう。

 

それでも僕は、「主張はすべき」と思っています。

 

ただし、あなたの主張は伝えますが、出来るだけ相手の意見も聞いてみましょう。

 

「え?そんな凄い意見持ってたんですか?どういうこと?」

 

と、いう風にどんどん相手の意見を聞きまくっていたら、いつの間にか相手も気分が良くなって、楽しい人付き合いが出来るようになるでしょう。

 

ただ聞いていただけではダメです。

まずは「自分の意見を持って」相手の話を聞くこと。こうすることで、相手も意見を言いやすくなるでしょう。

 

人付き合いが疲れる!という人がするべきこと③ありがとうの回数を増やす

人付き合いが疲れる!と思っているあなたは「ありがとうの回数を増やすこと」で以外にも改善できます。

 

ありがとうという言葉は、本当に魔法の言葉です。

 

ありがとうという言葉を聞いて、不快に思う人はまずいないでしょう。

しかも、無料で使える言葉なので、どんどん使った方がお得です。

 

もちろん、「ありがとう」という言葉を一度も使ったことが無い人に、「毎日100回使いなさい」といってもハードルが高すぎます。

 

そこで、「今よりもなるべく増やしていく」と意識をするだけで十分です。

 

ありがとうという言葉を使っていると、あなたの表情は非常に柔らかくなり、多くの人から自然と話しかけられるようになっていくでしょう。

 

人付き合いが疲れる!と感じる人がやらない方がいいこと

f:id:choro0164:20210426130605j:plain

では逆に、人付き合いが疲れる!と感じやすい人が「やらないほうがいいこと」を見ていきましょう。

 

僕が考えるのは、こちらの3点です。

 

・陰口を言う

 

・SNSを使いすぎる

 

・最善を尽くした後の心配

 

 

以上になります。

それぞれ、どんな内容なのか詳しく見ていきましょう。

 

人付き合いが疲れる!という人がやらない方がいい事①陰口を言う

人付き合いが疲れる!という人は「陰口を言うこと」を辞めてみましょう。

 

人付き合いが疲れるので、ストレスが溜まって陰口を言ってしまいたくなりますが、ちょっと我慢して、「紙に書き出す」などの手法で代用してみてください。

 

人を呪わば穴二つと言われるように、「誰かの事を呪おうとすると、あなたの墓の穴も必要になるよ」という言葉があります。

 

しかも、陰口は間違いなく相手の耳に届いて、あなたが窮地に立たされる可能性が大です。

 

人付き合いが疲れる!という場合は、陰口を言ってはいけません。

 

人付き合いが疲れる!という人がやらない方がいい事②SNSを使いすぎる

人付き合いが疲れる!と思っているあなたは「SNSの使い過ぎ」をやめましょう。

 

SNSは人と人がコミュニケーションをとるためのツールですが、自己顕示欲を発散するためのツールでもあります。

 

SNSにはリア充的な書き込みをして、「自分の存在意義を高めたい人」がたくさん集まっています。

 

そんな人の「どうでもいい情報」を受け取る前に、まずは自分のスキルアップのために時間を使ってみましょう。

 

人付き合いが疲れる!という人がやらない方がいい事③最善を尽くした後の心配

人生には、「どうしようも出来ない事」が沢山あります。

 

自分の努力で変えられることであれば、変えればいいのですが、どんなに努力をしても変えられない場合はあるのです。

 

そうした時におすすめなのは、「自分は頑張ったんだから、あとは忘れよう」という考え方です。

 

最善を尽くしていないのであれば、まだまだ努力は出来ますが、最善を尽くしたのであれば、もう気にする必要はありません。

 

仲良くしようと誰かと話したけれど、これ以上は無理だった。という場合もそれでOKです。

 

どんどん、次の物事にチャレンジしていきましょう。

 

人付き合いが疲れる!と感じる人は生き残るのがうまい人かも?

f:id:choro0164:20210407184743j:plain

人付き合いが疲れる!と感じる人は「心配性」な人です。

 

「相手からどう思われてるかなー。」と毎日のように心配しているから、人付き合いが苦手なのです。

 

でも、裏を返せば「心配性だから沢山準備して、今まで生きてこれた」ともいえるのではないでしょうか?

 

人類は20万年の歴史の中で、様々な困難を乗り越えて子孫を反映させてきました。

 

それも、心配性の人がいたからです。

常に未来を予想し、それに備えてきた。

 

だから、生き残っています。

ひょっとすると、人付き合いが疲れる!と感じているあなたは、生き残るのが意外とうまい人なのかもしれません。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は、「人付き合いが疲れる!」という人に是非ともやってみてもらいたいことを、いくつかご紹介してきました。

 

今回ご紹介したことを踏まえ、早速行動に移してみましょう。

あなたの人生は、大きく変わっていくかもしれません。

【スポンサーリンク】