ちょろの癒し部屋【スピリチュアルブログ】

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日スピリチュアルブログを更新しています。

怒り心頭に発してしまった時のスピリチュアル的対処法をご紹介!

おはようございます。

ちょろです。

 

あなたは「怒り心頭に発してしまった時」があるでしょうか?

所謂、心の中から本気で怒ってしまった時です。

 

今回の記事では、あなたが「怒り心頭に発してしまった時」にはどのように対応すればいいのか?スピリチュアルとはどんな関係があるのか?などについて詳しく解説していきます。

 

怒り心頭に発した時は、簡単な方法で少し感情をやわらげられます。

 

誰でも怒りを感じてしまう時はある

f:id:choro0164:20210602150618j:plain

小さなころから僕達人間は、「我慢して!」「怒っちゃダメ!」と教育をされて生きてきています。

義務教育が始まると、さらに「人との協調性を保つため」に怒りはなるべく持たない方がいいと言われ、大人になっていくのです。

 

しかし、人間とは「感情の生き物」。

感情がどこから発せられているのか、現代医学では分かっていませんが、とにかく喜怒哀楽の感情を、人間は必ず持っています。

 

つまり「怒り心頭の状態」を抑えることは、ハッキリ言うと無理なのです。

 

とはいえ、出来れば怒り心頭に発した状態をなんとかコントロールしたいと、誰もが考えるはずです。(この記事を読みに来られているあなたは特に?)

 

では、次項で「どんな行動を取れば」怒り心頭に発したあなたの感情を抑えられるのか?見ていきましょう。

 

 怒り心頭に発した時の3つの対処法はこちら!

f:id:choro0164:20210603070645j:plain

僕が考える、怒り心頭に発した時の対処方法は、以下の3点です。

 

・10分間瞑想をする

 

・なぜ怒っているのか書く

 

・無理やり本を読んでみる

 

 

どの方法も、効果的でスピリチュアルパワーをどんどん活性化させてくれます。

一つずつ、深掘り解説していきましょう。

 

怒り心頭に発した時の対処法①10分間瞑想する

怒り心頭に発した時は、まず「10分間の瞑想をすること」をしてみてください。

 

仕事場など、その場でできない場合であれば「深呼吸を行う」でも可能。

 

とにかく、呼吸を整えることで人は冷静になれます。

昔から言われていることで、当たり前のことなのですが、この方法はかなり効果的です。

 

10分間瞑想の時には息をおへその下あたりまで一気に吸い込んで、糸のように細く長く吐く呼吸法を行いますが、この呼吸を行うことで「怒り心頭」は消えていくはずです。

 

人はいきなり「リラックスしてくださーい!」と言われても出来ませんが、

「瞑想して呼吸を整えてくださーい!」であれば誰でも出来ます。

 

呼吸と体、そして「脳」「宇宙」は繋がっているのです。

 

怒り心頭に発した時は、10分間(無理なら5分間)の瞑想がおすすめです。

 

怒り心頭に発した時の対処法②なぜ怒っているのか書く

あなたが怒り心頭に発した時、必ず「怒りの原因」があるはずです。

 

・○○がムカつく

・○○が思い通りにならない

・○○のせいで私は不幸になった

 

などなど、様々な原因がありますが、それらをどんどん書き出してみましょう。

 

エクスプレッションライティングと呼ばれる方法で、紙に書き出すことで悩みが目に見えてくるので、冷静さを段々と取り戻せるはずです。

 

さらに、「なぜなぜ攻撃」を行うのが効果的になります。

 

・○○がムカつく → なぜ?(こんな発言をされたから)

○○はどうしてこんな発言をしたの? → 〇〇もムカついていたから?

○○はどうしてムカついていたの? → 「ひょっとして自分にも悪いところがあった?」

 

実は、○○がムカつく発言をしてきた根本的な原因には、「あなたの不用意な発言」があったのかもしれません。

 

どうしてあなたは「怒り心頭に発しているのか?」を一度冷静になって紙に書くこともおすすめです。

怒り心頭に発した時の対処法③無理やり本を読んでみる

怒り心頭に発してしまった時は、本を読んでみることも効果的です。

 

人は本を読むことで、「新しい価値観をゲット」できたり「本を読むことそのものに集中」できます。

 

普段本を読む機会がない人こそ、数ページでもいいので本を読んでみましょう。

 

僕は「どんな内容の本でもいい」と思っています。

ただ、出来れば活字の本の方が効果的。

 

漫画だと「漫画の世界観には簡単に入れる」代わりに、活字を読んで理解しようという認識が減るためです。

(漫画はその他の時間に存分に読む)

 

数ページでもいいので、活字の本を読んでみられてはいかがでしょうか?

 

小説でも、自己啓発書でも、ビジネス書でもいいと思います。

本との出会いで、新しい何かを得ることができる可能性は高いです。

 

怒り心頭に発した時は呼吸を落ち着け冷静になること

f:id:choro0164:20210318073733j:plain

怒り心頭に発してしまった時は、前述した通り「とにかく呼吸を落ち着け冷静になること」が大切です。

 

方法は、深呼吸でもよし、時間があるなら瞑想を行ってもよしです。

 

例えば今あなたが「怒り心頭状態」であったとして、本当にその事象に対して、あなたが怒るほど価値があることなのでしょうか?

 

確かに一瞬の感情の揺れで「ムカつく!」となるかもしれませんが、その怒り状態をいつまでも引きずってしまうのは「時間の無駄」です。

 

特に、あなたのように価値がある人の時間は大変貴重な物。

 

その貴重な時間を感情に任せた「怒り心頭」だけに使うと全く合理的ではありません。

あなたは、自分の大切な「価値」に今すぐ気が付くべきなのです。

 

自分の価値に自分で気が付けたなら「無駄な感情は早く捨てて、次の行動に移るぞ!」となれるはずです。

 

怒り心頭に発した時は運命の流れが変わろうとしている

f:id:choro0164:20210318073759j:plain

怒り心頭に発してしまった時は、あなたに「膨大なエネルギー」が流れ始めている時です。

 

この世の物は全て「宇宙の大きな流れの中」で存在しているので、流れの変わり目のパワーは膨大。

だから、「怒り心頭に発する気分」になった時はちょっと冷静になって、「流れが変わってる?チャンスかも?」と見方を変えてみることもおすすめです。

 

深呼吸をして、本を読んで、周りを見渡してみると、意外なことに気が付くことも出来る可能性は高いでしょう。

 

・仕事場で「なんでこれやってなかったんだ?」と怒られた

・「すみません。すぐに改善します!」

・(そうか、、上司はこんな感じの流れでチェックしてるんだな、、なら、次回からやり方を変えよう)

 

いつまでも「なんで怒られなきゃいけないんだ?ムカつく!」と言っていると、大きな流れの変化に気が付きにくくなります。

 

あなたは「新しい知恵」「新しい世界の流れ」をゲットするチャンスにいるのかもしれないのです。

 

それは、あなたがちょっとだけ変わっただけで、大きく世界の変化に影響していきます。

 

上記の例で行くと、考え方を変えて行動したあなたは、上司から認められ、会社からいい評価を受けて、多額のボーナスを貰えるかもしれません。

 

いずれにしても、怒り心頭に発するほどのエネルギーの流れを感じているあなたには、何かの変化が起きようとしています。

 

「今がチャンス!」

 

と信じて、冷静になって行動を開始してみましょう。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は「怒り心頭に発した時」には、どんな方法で対処すればいいのか?というテーマで記事をまとめてきました。

 

怒り心頭に発した時に重要な事は、まず「落ち着いて周りを見渡すこと」です。

 

本文中に書いたような、「深呼吸」「瞑想」「読書」などの方法で、まずは自分の価値に気が付く努力をしてみましょう。

 

あなたには、存在するだけの価値があるのです。

【スポンサーリンク】