ちょろの癒し部屋【スピリチュアルブログ】

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日スピリチュアルブログを更新しています。

人のためにお金を使うのがいい3つの理由【スピリチュアル視点】

おはようございます。

ちょろです。

 

あなたは自分のお金を「人のため」に使ったことがありますか?

もし、使ったことが無いのであれば、今すぐにでも人のために使う事をおすすめします。

 

今回の記事では、「人のためにお金を使うこと」をすると、どんないいことがあるのか?どんなところに注意して使えばいいのか?などについて、詳しく解説していきます。

 

この記事を読んで、人のためにお金を使える人に変身してしまいましょう。

 

お金は使わない方が貯まる

f:id:choro0164:20210608095856j:plain

まず、当たり前のことですが、「お金は使わない方が貯まります。」

 

サラリーマンの生涯賃金は良くても3億円だと言われています。

さらに、ここ数年は2億から2億5千万円まで下がってしまっています。

 

つまり、サラリーマンとして働き続ける限り、貰える賃金は一定の金額なので、「使わない方が絶対に貯まる」のです。

 

人のためにお金を使ってしまうと、お金が貯まらない可能性は非常に高いでしょう。

 

それでも僕は、人のためにお金を使う事をおすすめします。

そこにはどんな理由があるのか?次項でいくつかご紹介いたします。

 

人のためにお金を使うのがいい理由

f:id:choro0164:20210608100312j:plain

お金は「貯めることだけ」が全てではありません。

効果的に使う事で、あなた自身の内なるパワーに好影響があるのです。

 

それが、人のためにお金を使う事を僕がおすすめする理由になります。

具体的には以下の3点があなたにとってもメリットになるでしょう。

 

・尊敬される

 

・エゴを捨てられる

 

・脳力が鍛えられる

 

 

 

それぞれの理由について、さらに詳しく深掘り解説いたします。

 

人のためにお金を使うのがいい理由①尊敬される

人のためにお金を使うのがいい理由の1つ目は「尊敬される」ということです。

 

多くの人は「お金は苦労して手に入れる物」と考えているので、お金は「自分のためにしか使わない」と誰もが思っています。

 

なのに、「私、お金は人のために使うんだ!」と言って、お金を人のために使うと、間違いなく尊敬されます。

 

生活費以外で余裕が出来たので、友人に食事をごちそうするなどの使い方をすると、友人はあなたのことを尊敬してくれるでしょう。

 

例え尊敬されなかったとしても、あなたが本当にお金に困った時には逆に食事をご馳走してくれるかもしれません。

 

アメリカ人の大富豪はよく慈善事業に寄付していますが、お金を使って自分自身を尊敬してもらい、世界に売名をする目的もあると思われます。

 

その売名行為のミニチュア版は誰でもできることなのです。

人のためにお金を使うと「尊敬される」というメリットは大きいでしょう。

 

人のためにお金を使うのがいい理由②エゴを捨てられる

人のためにお金を使うと「エゴを捨てる」ことができます。

 

スピリチュアル界隈では、エゴを捨てて無欲になる方が幸せになれると言われています。

 

しかし、人間は「生き残るため」にいくらかのエゴを持っていなければ生きられません。

そのため、誰もが肉体を守るためのエゴをギュッと握りしめてしまうのです。

 

エゴを捨ててしまえば、今の状態でも十分に幸せになれるのに、なかなかそれが出来ないのが人間という生き物。

 

そこでおすすめなのは「人のためにお金を使うこと」です。

人のためにお金を使うと、「お金が減っていっても平気」とか、「誰かの役に立つのって幸せ」などの感情を持つことができます。

 

つまり、「私だけが幸せになりたい!!」という無限強欲地獄から抜け出すことができるのです。

 

お金が無くては生きていけませんが、生活費程度のお金であれば普通に労働すれば誰でも稼げます。また、生活保護などを活用すれば、無償で受け取ることも可能。

 

あなたが人のためにお金を使っても、あなたが不幸せになることはないのです。

エゴを手放すツールとして使ってみましょう。

 

人のためにお金を使うのがいい理由③脳力が鍛えられる

人のためにお金を使うと「脳力が鍛えられるメリット」があります。

 

人間の脳は、全ての部位が満遍なく使われることで、その効果を最大限に発揮するそうです。

 

そして、その脳の全ての部位を満遍なく使えるようにしてくれる脳力を鍛える方法として「利他の心の実践」というものがあります。

 

自分の持っているお金を人のために使うということは、利他の心以外の何物でもないでしょう。

 

そのため、人のためにお金を使うとあなたの脳力を鍛えることに役立ちます。

脳が適切な方法で活性化することで「処理能力が高まったり」「社会的な協調性が生まれたり」「幸せを感じやすくなったり」いいことがどんどん起こるのです。

 

「ポジティブな感情」も感じやすくなるため、脳力を鍛えることはおすすめです。

 

人のためにお金を使う注意点

f:id:choro0164:20210606153228j:plain

人のためにお金を使う際には、気を付けておくべき注意点もあるので、併せてご紹介しておきます。

 

・騙される可能性は高い

 

・見返りを求めると効果が下がる

 

 

以上が注意点です。

こちらについても、詳しく解説していきましょう。

 

人の為にお金を使う注意点①騙される可能性は高い

人のためにお金を使うと尊敬されると前述しましたが、世の中そんなにいい人ばかりではありません。むしろ、「殆どの人が悪い人」です。

 

そのため、人のためにお金を使うと高確率で騙されます。

 

正確に言うと、あなたが思った通りに相手が動いてくれる可能性は低いと思っておきましょう。

 

どんなに聖人君子な人でも、お金が目の前に来ると理性的ではいられなくなるものです。

 

生活費をなげうってまで人のためにお金を使ってはいけません。

捨てる覚悟で、人のためにお金を使いましょう。

 

人のためにお金を使う注意点②見返りを求めると効果が下がる

注意点の2つ目は「見返りを求めない」ということです。

 

お金を使うと「○○円使ったから、相手はどんなお返しをしてくれるんだろう?」とワクワクしてしまいます。

しかし、世の中はそんなに甘くはなく、お返しをすぐにしてくれる人は殆どいないでしょう。

 

人のためにお金を使って見返りをはじめから期待していては、利他の心を実践する障害になってしまいます。

 

あくまでも「誰かの役に立ちたい!」という想いで、見返りを求めずにお金を使う事が重要なのです。

 

人のためにお金を使える人になる方法

f:id:choro0164:20210607103901j:plain

ここまで見てきて、人のためにお金を使う事がどうしていいのか?よくお分かりいただけたはずです。

 

それでも、「私、人のためにお金を使う事が怖い!」と思ってしまう人は沢山いるでしょう。

 

ではどうすれば 、人のためにお金を使えるあなたに変身できるのか?

 

それは、、

 

・少額でいいので人のためにお金を使う癖をつけること

 

 

です。

例えば、コーヒーを一杯ごちそうするとか、スイーツをみんなのために買ってくるとか、そんなことでOK。

 

人のためにお金を使えない人は、利他の心を実践する脳の機能が弱っています。

 

そこで、少額から人のためにお金を使う癖をつけることで、あなたの脳が活性化され、段々と大きな利他の心を実践できるようになるでしょう。

 

脳が活性化するということは、潜在意識が「アカシックレコード」にアクセスもしやすくなり、スピリチュアル的にも世界が激変しやすくなります。

 

是非とも、少額から人のためにお金を使ってみて、自分自身を変えてみましょう。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

 

今回は「人のためにお金を使うとどうしていいのか?」について、その理由を詳しく解説してきました。人のためにお金を使い始めたあなたは、間違いなく人生が変わっていきます。

 

僕もどんどん人のためにお金を使っていますが、生活は以前よりも豊かで幸せになりつつあります。

早速、あなたも人生を変えるための行動を起こしてみてはいかがでしょうか?

【スポンサーリンク】