ちょろの癒し部屋【スピリチュアルブログ】

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日スピリチュアルブログを更新しています。

運が悪い時期はこの方法で乗り切れる!運を引き寄せよう!

おはようございます。

ちょろです。

 

生きていると「今は運が良いなー。」という時期と、「運が悪い、全然ツイてない。」という時期が必ずやってきます。

 

この記事をタップされたあなたは、かなり運が悪い時期にいて、悩んでいらっしゃるのかもしれません。

 

でも、ご安心ください。

この記事を今タップされたということで、あなたの運が悪い時期はかなり過ぎ去ろうとしています。

 

今回のこの記事では、人生で「運が悪い時期」はどうやって乗り切ればいいのか?ということを詳しく解説していきます。

 

記事を最後まで読んで頂ければ、確実にあなたの運は上がり、今のツイてない人生から脱却できるでしょう。

 

そもそも生きることは苦しい

f:id:choro0164:20211029084153j:plain

最初に、大前提として知っておいてほしいのが、、

 

「そもそも、生きることは苦しい事」

 

なんだということです。

 

あなたは「本当苦しくて、辛くて、悲しくて、、ツイてない。」と思っているかもしれませんが、それはこの世に生きる全ての人間が同様に思っている事なのです。

 

そして今あなたはこう思われたはず。

 

「じゃあ、死ぬしかないね。」

 

、、でも、それって「めちゃくちゃ怖くないですか?」

 

そう、人間は動物なので死ぬのが最大限に怖いのです。

だから、しょうがなく「苦しいこの世界を生き続けている」といえます。

 

でも、あなたがこの記事をタップして下さったので、極力今の「運が悪い時期」を穏やかにやり過ごせる方法を、5つほど選んできたので、次項でご紹介していきます。

 

はっきりいって、あなたの運はかなり上がっていきます。

 

運が悪い時期を乗り切る5つの方法

埼玉県の朝日

こちらは、僕が「運よく見ることが出来た」朝日の瞬間です。

ずっと待ち構えているか、運よく晴れの時間にベランダに出なければ見られません。

 

まさに「僕は運がいい時期にいること」がよく分かります。

ずっと、この運が続くといいですね。いや、続けます!!

 

それでもやはり、人生は長いので「運が悪い時期」は必ずやってきちゃいます。

そんな時には、この5つの方法で乗り切りましょう。

 

・早起きをしてみる

 

・いいことを書く

 

・瞑想をする

 

・思い切って休む

 

・マイペースに生きる

 

 

それぞれの方法について、詳しく深掘り解説していきましょう。

 

運が悪い時期の乗り切り方①早起きをしてみる

運が悪い時期に差し掛かったと思った場合には、「早起きをすること」をおすすめします。

 

いきなり「2時間早起き」などをすると「無理だー。」と思ってしまいがちなので、「15分早起き」「30分早起き」などで構いません。

 

早起きをすると、早朝の朝日を浴びやすくなります。

(朝に起きていなければ100%浴びることは出来ない)

 

人間は午前6時から午前9時までの朝日を浴びると、幸せホルモンセロトニンを活性化させることが出来るのです。

 

すると、「その日に起こる運が良いこと」に気が付きやすくなります。

もちろん、朝日を浴びるとスピリチュアル的にもパワーが増しやすいので、かなりおすすめ。

 

今よりも「少しずつ早起き」をして、朝日を浴びる習慣を取り入れてみましょう。

 

運が悪い時期の乗り切り方②いいことを書く

運が悪い時期には「その日のいいことを書く行為」で、かなり乗り切れます。

 

僕達人間の目の前には、運がいいことが必ず起こっています。

例えば、、

 

・食べたかったスイーツがコンビニで買えた

・仕事が予定していた時間よりも15分早く終わった

・カレーが食べたいと思っていたら、晩御飯がカレーだった

 

などなど。

 

もし、いいことが「ゼロ」だと思ったのであれば、、

 

・今日も無事、生きることが出来た

 

でいいと思います。

人間の目の前には、必ず「いいこと」が起こっているのです。

 

でも、人間の防衛本能が強力過ぎて、運が悪い事ばかりに目が行ってしまっています。

なので、「運が良いことを紙に書く習慣」を持ってみましょう。

 

その方法で、必ずあなたの運が悪い時期は過ぎていきます。

 

運が悪い時期の乗り切り方③瞑想をする

運が悪い時期になった時は「瞑想」を行ってみましょう。

 

床に座って、壁の方を向き、空気をおへその下あたりまで思いっきり吸い込む。

そして、糸のように息を20秒かけて吐きだします。

 

それを5分から10分程度行う。

出来れば毎日、難しければ週に3回程度、継続してみましょう。

 

すると、あなたの脳の中の「今に集中するパーツ」が活性化して、過去と未来にこだわりにくくなります。

 

目の前に集中して作業が出来るので、「無理なこと」「過去の悪い事」にとらわれにくくなり、最終的に「私って、運が良いね!」と感じやすくなるのです。

 

運が悪い時期には「瞑想」!

これがおすすめです。

 

運が悪い時期の乗り切り方④思い切って休む

運が悪い時期には「思い切って休むこと」もおすすめです。

 

運が悪い時期は「なんとか私が頑張って変えなきゃ!」と無理に頑張ってしまっている可能性が高いです。

 

そうすると、あなたの潜在意識が世界を変えにくくなるのです。

 

潜在意識の逆は「顕在意識」ですが、顕在意識が「変えたい!」と頑張りすぎていると、潜在意識は登場しません。

 

なので、

 

「今日は頑張ったから一旦寝て、明日またやるか。」

 

と、寝てしまう事もありです。

 

寝ることであなたの脳は最適化され、昨日まで思いつかなかった新しいアイデアを手に入れらる可能性も高まります。

 

運が悪い時期を乗り越えようとして、頑張りすぎていませんか?

 

運が悪い時期の乗り切り方⑤マイペースに生きる

運が悪い時期の乗り切り方、最後の5つ目は「マイペースに生きること」です。

 

人間は「自分で決めて自分のスピードで実行すること」で最強に幸せを感じられます。

 

本来僕達は、「自由」であるべきなのです。

なのに、社会というコミュニティの中で矯正され、「他人のペース」で生きています。

 

「あー、仕事、辛いなー。」

と思った場合には、今はとりあえず「自分の得意とする仕事」を、自分の好きなペースでこなしてください。(勉強でも同じ)

 

そのうちに、「あれ?今日は調子がいいぞ!」という日が必ずやってきます。

その時に「頑張っちゃおうかな!」と嫌いな事もこなせばいいのです。

 

それで確実に、あなたの運は上がっていきます。

 

運が悪い時の注意点

高崎市のスターバックス

運が悪い時期を乗り切る際に、「注意してもらいたい点」が2つほどあるので、ご紹介しておきます。

 

それは、この2つです。

 

・「自分だけが悪い」と思わない

 

・誰かの悪口を言わない

 

 

それぞれ、どうして注意しなければいけないのか?解説いたします。

 

運が悪い時期の注意点①「自分だけが悪い」と思わない

運が悪い時期には「また、私だけがツイてない。。」と思ってしまいがちです。

 

しかし、この感覚は間違い。

 

冒頭で書いた通り、この世に生きている人間は全員「最近、運が悪いなー。」と感じまくっています。

それでも、頑張って生きているのが人間なのです。

 

目の前で起こっている出来事の中から、少しでも「運が良いこと」を探し出して、毎日頑張っています。

 

実は、あなたもかなり運が良いです。

「この記事をタップして、ここまで文章を読んでくれているのですから。」

 

さらに「今生きて、スマホを持てていること」ですら、かなり運が良い証拠でしょう。

世界には、衣食住もまともに手に入っていない人がわんさかいます。

 

あなたは日本に産まれて、スマホを今持てているのですから、かなり運が良い人です。

 

運が悪い時期の注意点②誰かの悪口を言わない

運が悪い時期には、必ず「不平不満」が溜まります。

 

その不平不満を「人の悪口を言って解消すること」には注意してください。

 

人の悪口を言うと、あなたの持っている波動がどんどん下がり、「次元の低い人」とチャンネルがバッチリ合ってしまいます。

 

なので、「あなたの悪口を陰で言う人」と同じ世界に行きます。

 

それって、運が良くなる行為の真逆ですよね?

 

だから、運が悪い時期には出来るだけ「人の悪口を言わない事」を心がけましょう。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今日の記事では、「運が悪い時期ってどうやって乗り切ればいいのか?」ということを解説してきました。

 

ここまで記事を読んで下さったあなたは、間違いなく「運が悪い時期を乗り切る天才」になっているはずです。

 

早速、行動を変えて、脳を変え、潜在意識をグレードアップさせて、運が悪い時期を乗り越えていきましょう。

【スポンサーリンク】