ちょろの癒し部屋【スピリチュアルブログ】

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日スピリチュアルブログを更新しています。

生きててもいいことがない!という人におすすめのこと

おはようございます。

ちょろです。

 

あなたは、毎日生きていて「楽しい!」と感じられていますか?

人間は幸せになるために生きているので、「楽しい!」と感じられなければ、生きること自体が非常に辛く感じてしまいます。

 

この記事をタップされたあなたも、「生きててもいいことないなあ」と心の底から思われていることでしょう。

 

そこで、今回はそんなあなたの為だけに、「生きててもいいことがないと感じた時の対処法」をご紹介していきます。

 

 

記事を最後まで読んで、マイペースに行動を変え、少しでも「幸せ」を感じられる人生に変えていってください。

 

生きててもいいことがないと感じるのは普通

f:id:choro0164:20220214080143j:plain

大前提として、「生きててもいいことがない」と感じてしまうのは、人として普通です。

 

なぜなら、僕達人間の潜在意識は「ネガティブな情報」に必ず気が付くように出来ているから。

もし、ネガティブな情報に全く気が付けないのであれば、僕もあなたも今生きていません。

 

つまり、「生きててもいいことねーよなー」と感じてしまうのは、世界中の誰もが思ってしまう事なのです。

 

 

ただ、その頻度がちょっとだけあなたが「高い」だけだと思われます。

 

まずは「ネガティブな自分って価値がない」という、誤った思い込みを出来るだけ捨てましょう。

 

とはいえ、そんなに簡単にポジティブになれるのであれば、あなたはこの記事に来られていないはずです。

では、具体的にどんなことをすると「生きてるって素晴らしいじゃん!」と思えるようになるのでしょうか?

 

次項で、簡単な方法をご紹介していきます。

 

生きててもいいことがない時の対処法

明治神宮

僕が考える、生きててもいいことがないという時の対処法は、以下の3つの方法です。

 

もうすでにご存知で、生活に取り入れられていることばかりかもしれませんが、今一度見直してみてください。

 

シンプルで誰にでも簡単に出来る事ばかりです。

 

・感謝してみる

 

・歩いてみる

 

・今日だけを生きてみる

 

 

では、それぞれの項目について、ちょっと深掘りして解説します。

 

生きててもいいことがない時の対処法①感謝してみる

生きててもいいことがないと感じた時は、とりあえず「ありがとう」を増やしてみましょう。

 

もちろん、誰かに親切にしてもらった時は「ありがとうございます」と言えます。

 

もし、ここで「すみません」という口癖を持っているのであれば、それにプラスして「ありがとうございます」まで言えるようにしてください。

「すみません」は消してもOK。

 

 

ありがとうという言葉を使うと、脳の幸せ感知センサーが働きやすくなります。

しかも、あなたの内なる波動が高まるので、「幸せな世界」を認識しやすくなるでしょう。

 

 

もっと効果的なのは、

 

「今、ここに生きてるだけで、本当に有難いよね」

 

と感じることです。

 

世界には、満足に食べ物も得られず、スマホも持てない人が星の数ほどいます。

そんな人から比べると、あなたは豊かで幸せです。

 

もちろん、生きている価値も無限にあるでしょう。

 

生きててもいいことがない!と思っているあなたには「ありがとう」がおすすめです。

 

生きててもいいことがない時の対処法②歩いてみる

生きててもいいことがない!と思ってしまった時は「歩いてみてください」。

 

僕も先日東京に遊びに行き、明治神宮の境内を歩いてきました。

神様に触れ、とても清々しい気分で帰ってくることが出来ています。

 

(上記に貼ったのが、その時の画像。明治神宮の大鳥居です。)

 

人間は1週間で150分以上の有酸素運動が必要なのだそうです。

それだけで、健康に一歩近づけます。

 

さらに、歩くことで、「今感じている嫌なこと」を忘れやすくなります。

運動した後は、何だかすっきりした気分になりませんか?

 

その効果は「生きててもいいことがない!」と感じた時に、めちゃくちゃ役立つのです!

 

あなたの出来る範囲でいいので、とりあえず「歩いてみる」をしてみましょう。

無理に歩きすぎないことをおすすめします。

 

生きててもいいことがない時の対処法③今日だけを生きてみる

生きててもいいことがない!という時は「今日だけをとりあえず生きる」という目標に変えてみましょう。

 

どうして、いいことがない!と感じてしまうのか?というと、「まだ分りもしない未来」を常に心配しているからです。

 

未来のことは、ハッキリ言って誰も分かりません。

 

なので、僕やあなたがするべきことは「今、とりあえず生きる」ってことです。

 

「今日死なない」「今日死ねない」を365回繰り返すと、1年が経過します。

それを10回繰り返すと10年です。

 

気分に余裕が出来れば、未来の計画を立ててもいいですが、今のあなたは「とりあえず今日を生きる」のが大切。

 

無駄に先の事を考えない生き方も、試してみましょう。

 

ちなみに、スピリチュアル的に見ると「過去」も「未来」も無くて、本当は「ただ潜在意識が今存在するだけ」という捉え方です。

 

そのため、あなたの「今の潜在意識が変われば」確実に幸せな未来もやってくるのです。

 

生きててもいいことがないと感じた時はポジティブにならないこと

生きててもいいことがない!と感じた時は、無理にポジティブになってはいけません。

 

巷に溢れる自己啓発本には、、

 

・ポジティブ思考で人生を変えよう!

 

などのキャッチコピーが書かれています。

 

しかし、ポジティブになろうとすればするだけ、人間は「ネガティブ」も一緒に連れてきます。

 

ネガティブがあるから「ポジティブ」が分かるためです。

つまり、ポジティブだけを産み出すことは不可能なのです。

 

そこでおすすめなのは「うわーー、最悪じゃん!」というような出来事にも、「ま、生きてるだけ有難いか!」と感謝しちゃうこと。

 

失敗や、苦しいことは、僕達を成長させてくれるきっかけです。

 

とりあえず、ネガティブな思考には「感謝」をして、今の時間を乗り切りましょう。

 

それがあなたにとって、今必要なことです。

 

生きててもいいことがないと感じた時はお酒を飲まない

生きててもいいことがない!と感じた時は、「お酒を飲まないこと」をおすすめします。

 

辛くて悲しいことがあると、それを一瞬でも忘れる為に、多くの人はお酒を飲んで気を紛らわします。

 

しかし、お酒を飲んでしまうと、人間の脳にはストレスホルモン「コルチゾール」が発生します。

 

酔っている時は気が付きませんが、酔いがさめた後に一気に気分が落ち込んでしまうでしょう。

脳や体が疲れているのに、お酒を飲んでさらに疲れさせてしまったのです。

 

生きててもいいことがない!と感じている時、あなたの脳や肉体はかなりの疲れの状態です。

なので、とりあえず今は「お酒を飲まずに睡眠をとって」元気を回復しましょう。

 

ストレス解消の為に一番いいのは「7時間以上寝ること」だと言われています。

お酒を安易に飲まずに、自分の体を休めてみてはいかがでしょうか?

 

 

僕も、週に2回の休肝日を設け、体や脳をリフレッシュさせるようにしています。

さらには禁酒日を取り入れることで、自分の内なる波動も高まり、めっちゃ運がいいことが沢山起こるのです。

 

お酒をちょっとだけ控えて、自分の波動を上げてみましょう。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は「生きててもいいことがない!」という人におすすめの対処法をご紹介してきました。

 

ここまで読んで下さったあなたは、かなり「価値が高い人」です。

いいことは必ず起こります!

 

なので、ご紹介したような事を生活に取り入れ、早速行動に移してみましょう。

【スポンサーリンク】