ちょろの癒し部屋【スピリチュアルブログ】

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日スピリチュアルブログを更新しています。

眠れないまま朝になった時のスピリチュアル的理由

おはようございます。

ちょろです。

 

突然ですがあなたは「眠れないまま朝になった経験」はないでしょうか?

人間の体は、睡眠をとらなければいけない仕組みになっているので、眠れないまま朝になると、かなりきついです。

 

そんな「眠れないまま朝になる時」には、スピリチュアル的にいくつかの意味があります。

 

今回の記事では、「眠れないまま朝になった時の理由」をいくつかご紹介していきます。

後半には、対処法もご紹介しているので、そちらも参考にしてみてください。

 

寝ることで人の脳は幸せに近づく

f:id:choro0164:20220228145818j:plain

僕達人間の脳は「寝ている間に最適化される」ようになっています。

 

なので、きちんと睡眠をとることで「幸せに近づく」と言ってもいいでしょう。

きちんと眠れないと、凄く嫌な気分になるのは、そのためです。

 

特に、眠り始めの90分で脳内からは「グロースホルモン」という重要なホルモンが出ます。

このホルモンが、体の細胞を元気にしてくれるのですが、最初の90分をしっかり眠れなければ、グロースホルモンの量が少なります。

 

 

そして、そのまま眠れずに朝を迎えてしまうと、気分はもっと最悪です。

次の日の仕事のパフォーマンスも落ちてしまうでしょう。

 

では、そんな「眠れないまま朝になった時」にはスピリチュアル的にどんな意味があるのか?を見ていきます。

 

眠れないまま朝になった時の理由

f:id:choro0164:20220228150259j:plain

僕が考える、眠れないまま朝になった時の理由は、以下の3点です。

 

・波動が高すぎる

 

・行動が足りない

 

・生活リズムが悪い

 

 

この3つの理由により、あなたは眠れないまま朝になった可能性があります。

(医学的知見ではなく、あくまでもスピリチュアル的知見です)

 

ちょっと詳しく解説していきます。

 

理由①波動が高すぎる

眠れないまま朝になった理由の1つ目は「波動が高すぎたこと」です。

 

世の中に存在する物からは、全て「波動」が発せられています。

もちろん、あなたからも僕からも波動は出ているのです。

 

この波動は、定期的に高くなったり低くなったりします。

 

昼間に幸せを感じて高くなった波動が、きちんと寝る時に「低くなってくれれば」スムーズに眠れるのですが、この波動が「高いまま」だと、興奮してなかなか眠れません。

 

波動を安定させる方法は、後程ご紹介する「瞑想」がいいでしょう。

 

毎日の瞑想習慣を持つことで、あなたの波動は安定してくるはずです。

自分のバイオリズムに沿って、波動の上げ下げが行われていきます。

 

 

理由②行動が足りない

眠れないまま朝になった理由の2つ目は「行動が足りないこと」です。

 

人間は最低でも週に150分間の有酸素運動が、必要だと言われています。

最低限度の行動を起こすことで、段々と眠りやすくなるでしょう。

 

(簡単に言うと運動不足で眠れていないだけ)

 

引き寄せの法則でも、、

 

「イメージングが出来たら、行動をしよう」

 

と言われます。

 

 

行動をして、限界まで頑張って、最後に「寝る」から願望は叶うのです。

 

眠れないまま朝になったあなたは、きちんと行動が出来ているでしょうか?

昼間に起きて、頑張って願望実現をしようとしているでしょうか?

 

今一度確認してみましょう。

 

理由③生活のリズムが悪い

眠れないまま朝になった3つ目の理由は「生活のリズムが悪い」です。

 

出来ることであれば、生活のリズムは「早寝早起き」が一番。

朝早く起きて、しっかりと日光を浴びることで、あなたの脳内には幸せホルモンセロトニンが広がります。

 

そして、そのセロトニンは夜になると「睡眠ホルモンメラトニン」に変わります。

 

だから、朝きちんと目覚めて日光を浴びている人は、いつも元気そうな表情をしているのです。

 

僕も、早寝早起きの習慣を持っていますが、早寝早起きをしなかった時と比べて、「風邪をひきにくい体になった」と実感しています。

 

眠れないまま朝になった時は「瞑想」を取り入れよう

f:id:choro0164:20220308074547j:plain

眠れないまま朝になった時には、「瞑想」を取り入れるのがおすすめです。

瞑想を1日5分から10分行うと、脳全体を「バランスよく使える状態」に近付きます。

そして、脳の力がアップすると、脳内でストレスを受け流す力が増すでしょう。

 

 

ストレスを受け流せるようになると、今度は「自律神経が整う」という効果に繋がります。

 

どうしてあなたが「夜眠れない」のか?というと、、

 

交感神経が優位に立って、興奮した状態でベッドの中で過ごしているから

 

です。

 

瞑想によって、脳の力をアップさせ、ストレスを受け流しやすくなったあなたは、きちんとベッドの中では、副交感神経が優位に立って、眠りやすい状態になれます。

 

瞑想を行う事で、「今在ること」を感じやすい意識にもなるので、「将来への不安」も消しやすいです。

 

 

「そんな時間あるわけないじゃん!」

「瞑想?宗教でしょ?バカみたい。」

 

と思って、実践をしない人は、一生「夜眠れない」を感じながら生きなければいけなくなります。

瞑想は「瞑想の効果を信じている人」に最も効果が高くなると言われているのです。

 

冷静になってよく考えてください。

 

僕達人間は「活動して、ご飯を食べて、呼吸をして、寝る」というのが、本来地球でやるべきことですよね?

 

この「呼吸」を丁寧に行うのが「瞑想」です。

 

スピリチュアル的に言うと、波動をコントロールする行為。

 

実は、瞑想を取り入れると僕達の脳は「幸せを感じやすい脳」になれるのです。

だから、「眠れないまま朝になる」ということは段々解消されます。

 

あなたの周りには「幸せを感じやすい人だけ」がどんどん集まるのです。

気が付くと、「あれ??最近運がいいね」という状態になれるでしょう。

 

運がいいから、お金も集まって、あなたはどんどん豊かになれます。

「眠れない」という状態も、いつの間にか消えていくでしょう。

 

眠れないまま朝になった時は「散歩」を取り入れよう

日比谷公園

眠れないまま朝になった時は「散歩」を取り入れるのが効果的です。

 

上記の写真は、東京日比谷公園を、僕が散歩した時の写真。

非常に清々しい空気で、波動が爆上がりしました。

 

散歩をすることで、人間は本来自分が生息している「地球の有難さ」を感じられます。

そして「生きていることに感謝」でき、脳の力を高められるのです。

 

その他にも、散歩は「眠れない状態」にこんないい効果を発揮します。

 

・リズム運動で、セロトニンを活性化し、夜になると睡眠しやすくなる

 

・太陽の光を浴びることで、体内時計をリセットし、夜になると眠りやすくなる

 

・運動することで「不安」を解消できる

 

・体が疲れるので、眠りやすくなる

 

 

散歩に出るだけで、こんなに素晴らしい効果を得られるのです。

 

特に、朝や午前中に歩くのが効果的。

幸せホルモンセロトニンがどばどば出て、あなたの内なる波動はどんどん高まるでしょう。

 

そして、「幸せを感じやすい体」になるため、夜になっても不安を感じにくいです。

なので、散歩をしない状態よりも、確実に「眠りやすい人」になれます。

 

 

眠れないまま朝になった時は、短時間でもいいので「散歩する癖」を身に着けてください。

 

通勤の際に「歩ける環境」にある人は、わざと歩く時間を設けるのも効果的でしょう。

 

とても当たり前のことですが、幸せになるためにはかなり重要なことです。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は「眠れないまま朝になった時の理由」と「その対処法」について詳しく解説してきました。

 

眠れないまま朝になる時には、様々な理由がありました。

しかし、ご紹介したような方法を取ることで、かなり良質な睡眠をとれるようになるのではないでしょうか?

 

シンプルに言うと「ただ生きるだけ」でいいのです。

すると、眠れるようになります。

【スポンサーリンク】