ちょろの癒し部屋【スピリチュアルブログ】

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日スピリチュアルブログを更新しています。

ついてないことが続く時の意味と改善方法はこれ!開運間違いなし!

おはようございます。

ちょろです。

 

2022年現在日本人の寿命は「約80年」です。

1年が8,760時間あり、それを80回繰り返すので、「700,800時間」経つと、人は死んでしまいます。

 

70万時間と聞くと結構長いです。

この70万時間の間には、様々な「出来事」が起こって、その出来事を自分なりのやり方で経験しながら人生を進めていきます。

 

 

全ての出来事が、自分の思い通りの流れで進み、自分で掌握できればそれが一番いいことでしょう。

 

しかし、70万時間もの間、ずっと自分の思い通りにいかせることは不可能。

 

だから「ついてないな」と思う事は誰にでも起こるわけです。

 

でも、どういう訳か人生ではさらに「ついてないことが続く時」が何度もあります。

あなたもきっと「最近ついてないな!」と思って、この記事をクリックされたのではないでしょうか?

 

今回の記事では、「ついてないことが続く時ってどんな意味があるのか?」ということをスピリチュアル的な視点で、詳しく解説していきます。

 

最後まで読んで頂き、あなたの人生を少しでも「ついてる人生」に変えていってみましょう。

 

人生というのは「ついてない」のが基本

f:id:choro0164:20220316081151j:plain

人生は「ついてない」のが基本です。

 

あなたはどうして、自分の人生が「ついてない」と思ってしまっているのでしょうか?

恐らく、、

 

「自分でイメージした通りに結果がなっていなかったから、ついてない」

 

 

と思ったのではないですか?

 

そう。

人というのは、とってもワガママな生き物なので、心の本当の奥底では「全ての物事が自分のイメージした通りの結果になって欲しい」と思っています。

 

「そんなうまくいくわけないか、、」と顕在意識的には理性で抑え込んでいても、心の奥底、潜在意識領域では「思い通りになってないかな?」と期待をしているのです。

 

もしくは「あれだけ頑張ったんだから、成果出るっしょ!」と、思う事も普通かもしれません。

 

 

でも、中々自分の思った通りの結果にはならない。

だから、「最近、俺ってついてねーよな」と思ってしまうわけです。

 

人間がこの世の全ての物事を100%コントロールし続けることは、不可能なので、理論的には「人生はついてないものだ」という結論に至ります。

 

 

さらに、「ついてないことが続けて起きる時」もあります。

こうなってくると、元気も全く出てきません。

 

どうして、そんなに「ついてないこと」が立て続けに起こるのか?

そこにはこんな、スピリチュアル的な意味が隠されていました。

 

ついてないことが続く時の意味とは?

f:id:choro0164:20220316082621j:plain

僕が考える、「ついてないことが続く時の意味」はこちらの3点です。

 

・エゴが強すぎる警告

 

・価値に気が付いてほしい警告

 

・これから良くなる前兆

 

 

 

ついてないことが続く時には、この3点の意味が含まれている可能性が高いです。

それぞれの意味について、深掘りしてみたので見ていきましょう。

 

意味①エゴが強すぎる

ついてないことが続く時の意味1「エゴが強すぎる」です。

 

人間には「自我」というものがあり、この自我の欲する「欲」に沿ってイメージや行動を決定していきます。

 

 

自我は「エゴ」と呼ばれ、出来るだけ「エゴは小さくした方が幸せになれる」と基本的には言われます。

 

しかし、エゴは何もしないでも沸々と沸きあがってくるので、中々止められません。

 

エゴが小さい方が幸せなのに、止められない。

その葛藤で悩んでいる時にこそ、、

 

「ついてないことが立て続けに起きやすい」

 

のです。

 

もし、ついてないことが続いているようであれば、「求めすぎてはいないか」と一旦冷静になる癖をつけましょう。

 

意味②価値に気付いてほしい警告

ついてないことが続く時の意味2つ目は「価値に気付いてほしい警告」です。

 

ついてないことが起こる時は、あなたが「自分自身の価値を適切に感じられていない時」です。

 

言い方を変えると、、

 

「他者の顔色ばかりうかがい過ぎて過ごしている時」

 

 

とも言えるでしょう。

 

こうした時は、自分のペースで物事を進められていないので、何だか窮屈になって「ついてねーな」という感情で処理してしまいます。

 

人生は「自分のペースで進まなければ、一生幸せにはなれません。」

 

きちんと、自分の価値にさえ気が付ければ、マイペースにあなたらしく生きられて、幸せになれるでしょう。

 

もちろん、ついてることも起こり放題です。

 

意味③これから良くなる前兆

ついてないことが続く時の意味3つ目は「これから良くなる前兆」です。

 

日本では「止まない雨はない」、「雨のち晴れ」、などの言葉がありますが、「悪いことはいつまでも続かないもの」です。

 

 

今立て続けに「ついてないこと」が起こりまくっているのであれば、それはチャンスです。

 

 

「今が最低ラインなら、そこからは運気が上がるしかないから」。

 

浅草寺のおみくじ

 

僕も、浅草寺で「凶」のおみくじを引きましたが、ここが最低ラインの運気で、ここから今も「運気爆上がり中」です。

 

 

あなたも、ついてないことが続いているのであれば、間違いなく僕と同じように「ついてること」がこの後「どどどどど!」と波のように押し寄せてくるでしょう。

 

(ちなみに最近臨時収入もありました。。ふふ。)

 

ついてないことが続く時の改善方法

ついてないことが続いている時には、どんな意味があるのかお分かりいただけたはずです。

 

ここからは、「じゃあ、ついてないことが続いた時はどうしたらいいの?」という疑問にお答えしていきましょう。

 

僕が考える改善方法は、こちらです。

 

・「ついてる」を使う

 

・マイペースを崩さない

 

・ただ「感謝」する

 

 

それぞれの方法について、詳しく見ていきます。

 

方法①「ついてる」を使う

ついてないことが続く時には「ついてる」という言葉を意識して使いましょう。

 

「ついてない時に ”ついてる” なんて言えるわけねーじゃねーか!」

 

と、罵声が飛んできそうですが、

 

ここで「とりあえず、死んでねーし、ついてるか」と思えるかどうかで、あなたの運気がどこで上がり始めるのかがかなり変わります。

 

非常に古典的ですが「ついてる」という言葉には、それだけのパワーがあるのです。

 

死んでないだけでも「ついてる」のです。

 

方法②マイペースを崩さない

ついてないことが続く時には「マイペースを崩さないこと」がめっちゃ重要です。

 

ただ毎日「あなたの好きなスピードで人生を過ごすこと」。

 

これで、あなたの潜在意識が「あれ?俺ってやっぱり価値があるよね?」と思ってくれます。

 

 

意識しなくても、無意識レベルで「自分の価値がわかる」のです。

他者に合わせなくても、あなたは「価値がある人」だから大丈夫。

 

そんな価値があるあなたに相応しい、「ついてることだけ」がどんどんやってくるはずです。

 

方法③ただ「感謝」する

ついてないことが続く時には「感謝する」のもおすすめです。

 

感謝の言葉を使うと、人間の脳の幸せ感知センサーがグッとレベルアップします。

 

何にでもいいのです。とにかく感謝しましょう。

 

・今日も朝食食べられて有難い

・駅でかわいい女の子発見!有難い

・上司の期限が良かった、有難い

・とりあえず、今日も無事に済んだ!有難い

 

 

こんな感じで、何にでもいいので、感謝する癖を持ってください。

すると、あなたの脳は「ついてない」探しの名人から「ついてる」探しの名人に段々と変わっていってくれます。

 

ここまで、この記事を読んで下さっているあなたにも「有難い」ですね。

 

こんなシンプルで簡単な方法を行う事で、確実に「ついてないことが続く時」から脱却できるはずです!

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は「ついてないことが続く時」にはどんな意味があるのか?

ということについて、詳しく解説してきました。

 

ついてないことが続く時は、あなたにとって「プラス」でしかありません。

 

早速、日々の行動を見直して、「ついてる毎日」にポジティブチェンジしていきましょう。

【スポンサーリンク】