ちょろの癒し部屋【スピリチュアルブログ】

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日スピリチュアルブログを更新しています。

嫌なことが立て続けに起こる時の意味とは?改善方法もあります!

おはようございます。

ちょろです。

 

昨日はどんなことがありましたか?

ひょっとして、かなり嫌なことばかりだったのではないですか?

 

この記事をタップされたという事は、あなたの身の回りでは「嫌なこと」が沢山起こっているのでしょう。

 

目の前で起こっている嫌なことには、必ず「何らかの意味」があります。

正しくは、本来意味はありませんが、潜在意識は勝手に「意味づけ」をしてしまうのです。

 

無意識的に、僕達の潜在意識は嫌なことから、どんなことを感じているのか?

今回の記事では「嫌なことが立て続けに起こる時の意味」をご紹介していきます。

 

 

ちなみに、改善方法も一緒に書いているので、そちらも参考にして、今の大変な状況を乗り越えていきましょう。

 

人生は嫌なことだらけ

人生は「嫌なことだらけ」です。

 

画像は、僕が日光市の輪王寺に行ったときのもの。

見事に「凶」のおみくじを引いてしまいました。

 

このあと、確かに嫌なことは起こったのです。

 

・急に仕事が激減

・妻の仕事も激減

・新しい仕事が見つからない

・ブログのアクセスが伸びない

 

確かに「凶のおみくじ効果」は感じられました。

なんだか、「嫌なことって本当に立て続けに起こるな」とこの時感じたものです。

 

仏教では「生きることは苦である」と説きますが、本当に「ただ生きるだけ」で苦しみを感じてしまうのが、この世の真理なのでしょう。

 

あなたもきっと、すごく嫌な体験をして、今この記事を読まれている事と思います。

一体、立て続けに起こった嫌なことには、どんな意味があるのでしょうか?

 

 

嫌なことが立て続けに起こる時の意味

スピリチュアル的に見て、「嫌なことが立て続けに起こる時の意味」は以下の4つ。

 

・内なる波動が低くなっている

 

・体の不調

 

・周りと自分を比べすぎている

 

・運気アップの前触れ

 

 

嫌なことが起こる時には、この4つの意味が含まれている可能性が高いです。

潜在意識は、無意識的にこの4つを感じてしまっているのです。

 

それぞれの項目を、詳しく解説していきますね。

 

意味①内なる波動が低くなっている

嫌なことが立て続けに起こる時は「あなたの内なる波動が低くなっている時」です。

 

僕達人間の体は、小さな素粒子の集まり。

 

そして、その素粒子は、微振動を繰り返しながら特定の波動を発しています。

その波動に共鳴した素粒子の世界のみが、あなたの目の前には広がっているのです。

 

 

嫌なことが立て続けに起こるように感じるという事は、あなたの内なる波動が何らかの原因で「低くなっている」可能性が高いです。

 

でも大丈夫。僕も内なる波動を高め、今は非常に順調に生きられています。

方法は後述しますが、とりあえず安心してください。

 

意味②体の不調

嫌なことが立て続けに起こる時には「体の不調」が関係していることもあります。

 

「いいこと」や「嫌なこと」を無意識的に感じて「あー、最悪だ」と思っているのは、僕達の脳です。

 

素粒子の集まりである、人間の体は常に変化を繰り返しています。

 

ご存知のように、人間の体は「37兆個の細胞」で構成されていると言われています。

そして、この細胞は常に生き死にを繰り返し、今のあなたの状態を作っているのです。

 

 

体の中で何か不調なことが起こっていれば、それが原因で「目の前で起こることが嫌に感じる」というのはあり得る話。

 

ひょっとすると、あなたは体調不良に陥っているのかもしれません。

 

・7時間以上の睡眠

・週に150分以上の有酸素運動

・朝日をきちんと浴びる

 

出来ていますか?

これが、体調不良の原因にも繋がります。

 

意味③周りと自分を比べすぎている

嫌なことが立て続けに起こる時に意味3つ目は「周りと自分を比べすぎている」ということです。

 

人間は必ず「自分と周りを比べて、今の存在を認識」しています。

 

比べなければ、自分自身を認識することも出来ないのです。

 

しかし、その比べる度合いが強過ぎれば、今度は「自分だけが損している」ような気分を感じます。

もし、あなたに「嫌なこと」が立て続けに起こっているのであれば、あなたは周りの人と自分を比べすぎていませんか?

 

「あの人はいつも幸せそう。それに比べて私は、、」

「あの人の家はお金持ちでいいな。それに比べて私は、、」

 

 

このように、人と比べると必ず「自分の劣っているところ」に視点が合いやすくなります。

昔から「隣の芝は青い」と言うように、人間の目は自分が劣って感じるように出来ているのです。

 

 

比べたいのであれば、「1年前の自分よりも、確実に成長している!だからこれでいいや!」と、過去の自分と比べる癖を持ちましょう。

 

 

意味④運気アップの前触れ

嫌なことが立て続けに起こる時の意味4つ目は「運気アップの前触れ」です。

 

僕は、、

 

「大きく運が悪くなった後には、必ず大きく運が良くなる」

 

と思っています。

 

 

人生は確かに苦しいですが、この苦しみがずっと続くことはありません。

必ず「いいこと」が飛び込んできます。

 

前述したとおり、「凶のおみくじ」を引いて最悪な状態になった僕ですが、その後、、

 

・今までの不調が嘘のように仕事が激増

・ブログのアクセス数も回復

 

このように、なぜかわからんけど急激な変化があったのです。

 

 

あなたに今「嫌なこと」が沢山起こっているのであれば、それは「いいことが起こる前触れ」の可能性は高いです。

 

そこまで気にし過ぎる必要は、ないのかもしれませんね。

 

 

嫌なことが立て続けに起こる時にすること

嫌なことが立て続けに起こる時には、改善する方法もあります。

 

以下のような行動を起こして、嫌なことの波動から自分自身を変えていきましょう。

 

・「いいこと」を紙に書く

 

・ワクワクしないことを減らす

 

・感謝の言葉を増やす

 

 

 

それぞれの方法を、もうちょっと深掘りして解説しましょう。

改善方法①「いいこと」を紙に書く

嫌なことが立て続けに起こった時は「今日あったいいこと」を紙に書き出してみましょう。

 

・気分良く仕事が終わらせた

・買い物に行ったら、20%OFFで安く買えた

・不快な気分の人と出会わなかった

・今日も無事に生きられた

 

なんでもいいので、「いいこと」を紙に毎日書き出してみてください。

 

それだけで、あなたの内なる波動が高まって「いい世界」を認識できるようになります。

 

改善方法②ワクワクしないことを減らす

嫌なことが立て続けに起こる時は「ワクワクしないこと」を減らす努力をして下さい。

 

ワクワクすることとは「あなたの体調をいい状態にしてくれやすいこと」です。

逆にワクワクしない事は「あなたの体調を悪化させる」原因。

 

なので、出来るだけ「ワクワクしないこと」をする時間を減らしていきましょう。

 

 

どうしても、ワクワクすることが見つからなければ、空いた時間を使って「瞑想」をするのがおすすめ。

 

瞑想をすると、幸せを感じやすい脳に近付いていきます。

 

改善方法③感謝の言葉を増やす

嫌なことが立て続けに起こる時には「感謝の言葉」を増やしてください。

 

感謝の言葉を増やすって、かなり古典的な行動ですが、効果は抜群です。

 

・レジで店員さんに「ありがとうございます」

・会社で同僚に「お!ありがとう!」

・家族に「いつもありがとう!」

・今日も無事に生きられた!有難い!

 

こんな風に、ことあるごとに「ありがとう」を言いまくると、あなたの脳の「幸せ感知センサー」はバリバリにレベルアップします。

 

つまり「幸せを感じやすい脳」になれるのです。

 

毎日感謝し続けると、いつの間にかあなたの目の前から「嫌なこと」はどんどん減っていくでしょう。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は「嫌なことが立て続けに起こった時の意味」を徹底的に解説してきました。

 

ご紹介したような行動で、今の最悪の状況は改善できます。

100%なくなることはないかもしれませんが、改善には向かうでしょう。

 

早速行動を見直して、素晴らしい今日を生きてみてください。

【スポンサーリンク】