ちょろの癒し部屋【スピリチュアルブログ】

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日スピリチュアルブログを更新しています。

「むかつくむかつくむかつくむかつく」という時におすすめの方法はこれ!

おはようございます。

ちょろです。

 

いいですね!!きっとあなたは今「最強にむかついた状態」のはずです。

凄いエネルギーです!

そのエネルギーが、人間を生かしてくれるパワーの源になります。

 

その調子で、いきましょう。

 

とはいえ、「むかつく時」をそのまま放置してしまうと、本当に沢山の人を傷つけてしまうこともあります。

 

そこで今回は「むかつくむかつくむかつく」と思った時に、どうすれば「少しでも冷静になれるのか?」ということを具体的な方法としてご紹介していきます。

 

むかついているあなたは、今非常にエネルギーの強い状態です。

 

きちんとした方向に、エネルギーを向けてやれば、あなたの人生は大きく前に進めるでしょう。

 

スピリチュアル的に見ても、凄く良い状態なのです。

さあ、方法を学んで素晴らしい世界に変えてしまって下さい。

 

むかつくのは自然なこと

結論的に言うと、「むかつくのは自然なこと」です。

 

人間は自分の体に危険が迫った時、「ノルアドレナリン」や「アドレナリン」を放出して、「戦う」か「逃げる」かの判断を瞬時に行っています。

 

人間も生命体なので、外部からの攻撃から身を守らなければいけません。

人が生きていく上で、必要なのが「むかつく」という感情だったのです。

 

 

でも、この「むかつく」をずっと放置してしまっていては、あなた自身が損をしてしまう事もあるでしょう。

 

なので、極力あなたが「損をしないように」むかつく状態をコントロールする具体的な方法を、次項でいくつかまとめています。

 

どんな方法なのでしょうか?

 

「むかつくむかつくむかつく!」という時にすることとは?

「むかつくむかつくむかつく」という時には、こちらの4つの方法を実行して、怒りのエネルギーをプラスに変えていきましょう。

 

・6秒間の我慢

 

・20秒間を使って息を吐く

 

・外へ出て走る

 

・「良くなる前兆だ」と思う

 

 

 

この4つの方法を、うまく生活に取り入れることで、むかつく時に上手に対処できるようになるでしょう。

 

むかつくエネルギーが、前の方に働きだしてくれます。

 

方法①6秒間の我慢

「むかつくむかつく」となった時にはとりあえず「6秒間我慢」をしてみてください。

 

怒りの感情には前述した通り「ノルアドレナリンなどの異常分泌」が関わっています。

 

つまりノルアドレナリンが落ち着けば、むかつく感情は消えてしまうのです。

 

 

では、どうすればノルアドレナリンが落ち着くのか?

 

 

「6秒間我慢すること」がかなり有効です。

 

ノルアドレナリンは6秒我慢するだけで、何と「半分」に減ってしまいます。

つまり「むかつく」という気分も本当は6秒で半分になるのです。

 

 

6秒を我慢しきれずに、相手に攻撃してしまうため、売り言葉に買い言葉という状態になり、火消しが難しくなります。

 

とにかく6秒間我慢してみましょう。

 

方法②20秒間を使って息を吐く

「むかつくむかつく」となってしまった時には、20秒間時間を使って息を吐く方法もおすすめです。

 

怒りの状態になってしまっているあなたは、非常に呼吸が浅くなってしまっているはずです。

 

怒りのホルモンが、体を興奮させているため。

 

 

なので、逆に「息を思いっきり吸って、20秒間かけてゆっくり吐くこと」で体の興奮は一気に冷めていきます。

 

 

深呼吸をしようと思っても、「どうしても息が浅くなりがち」で、効果が感じにくいです。

しかし、「20秒を数えながら息を吐きだす」と思うと、かなり深い呼吸になれます。

 

 

前述したノルアドレナリンも、さらに減らしていくことが出来るでしょう。

 

実は僕は非常に短気な男ですが、この「20秒間の呼吸」をうまく活用して、今でも怒りコントロールをしています。実体験なので、あなたにもかなりおすすめです。

 

方法③外へ出て走る

「むかつくむかつく」となってしまった時には、「外へ出て走る」のもおすすめです。

 

人間は運動をすると、目の前のことに一気に集中できます。

 

運動を始めることで、幸せを感じやすいホルモンの「ドーパミン」もどんどんあふれ出すので、いつの間にか「あれ?なんでむかついてたんだっけ?」と思えるようになるはずです。

 

 

不安な時やむかつく時は、ただ走るだけで「すっきりして」物事を客観的に見られるようにもなるでしょう。

 

 

冷静になって俯瞰してみると、「なんでこんなくだらねーことで、怒ってたんだ?」とあなたが「大人」になれるはずです。

無料で出来るので、騙されたと思って、試しにチャレンジしてみてください。

 

 

方法④「良くなる前兆だ!」と思う

「むかつくむかつく」という時は、あなたの人生がこれから「良くなっていく前兆」です。

 

むかつくと感じている時は、きっとあなたの「思い通りになっていない時」でしょう。

 

つまり、かなりのストレスを感じているはずです。

 

 

スピリチュアル的に見ると、その感じたストレスは、あと少しすれば一気に逆のプラス方向へ働きだします。

 

 

冷静になって「むかつく」を受け入れることで、勝手に「いい方向」に進む方法を、あなたの潜在意識は考え始めます。

 

 

そして、その方向に動く原動力となるのが、「むかつく」のエネルギーです。

だから今は、ちょっとだけ冷静になって「今から良くなるだけだから、まあいっか」と現実を受け入れてみてください。

 

高確率で良くなります。

 

「むかつくむかつくむかつくむかつく」となった時の注意点

「むかつくむかつくむかつく」となってしまった時には、気を付けておきたい注意点もあるので、2点ほどご紹介しておきます。

 

それは、こちらの2点です。

 

・むかつく相手を変えようとしない

 

・辛くても感謝の言葉を言う

 

 

 

それぞれの注意点を、深掘り解説しておきましょう。

 

注意点①むかつく相手を変えようとしない

「むかつくむかつく」となった時には「むかついている相手を変えようとしてはダメ」です。

 

人間は欲張りなので、なんとか相手を変えようとしたがりますが、他者を変えることは基本的に出来ません。

 

出来ても、むっちゃ膨大なエネルギーを使うので、あなたが「大損」をします。

 

 

変えるべきは「あなた自身」です。

前述した通り、あなたが「呼吸」「運動」「思考」などを駆使して自分自身を変えていきましょう。

 

 

あなたが変わることで、それに相応しい人だけがやってくるので大丈夫です。

 

注意点②辛くても感謝の言葉を言う

「むかつくむかつく」となった時の注意点2つ目は「感謝の言葉を言い続けること」です。

 

確かに「むかつく」となっている精神状態の時に、「ありがとう」なんて言えるわけねーだろ!と思うのが普通です。

 

しかし、「むかついた最低の時こそ」ありがとうの言葉を使うのがかなり効果的なのです。

 

ありがとうの言葉を言うと、人間の脳は「幸せなこと」に気が付けやすくなるように出来ています。

 

幸せな「いいこと」に気が付けるようになるので、段々と「むかつくサイテーな奴のこと」を忘れていけます。

 

上記に神社にお参りした時の画像を貼っていますが、僕は神社にお参りした時に「神様いつもありがとうございます」と感謝をして、自分を変え続けています。

 

むかつくパワーは、うまく利用して、人生を豊かにするために利用していきましょう。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は、「むかつくむかつくむかつく」と感じてしまった時に、どうすればいいのか?ということを詳しく解説してきました。

 

むかつくエネルギーは、正しく前向きに使うと、かなりあなたを豊かな場所に連れて行ってくれます。

 

あなた自身の行動を変えて、幸せを感じやすい自分になってみませんか?

【スポンサーリンク】