ちょろの癒し部屋【スピリチュアルブログ】

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日スピリチュアルブログを更新しています。

不安で押しつぶされそうな時にするべきこととは?【スピリチュアル視点】

おはようございます。

ちょろです。

 

人生はこの先どうなるのかが分かりません。

本当は既に「どうなるかが」決まっているのかもしれませんが、僕達の顕在意識でその未来を認識することは出来ないのです。

 

そんな時に感じるのが「不安」です。

 

きっとこの記事をタップされたあなたも、かなり「不安」な状態なのではないでしょうか?

 

そこで今回は「不安で押しつぶされそうな時」にはどんなことをして、対処すればいいのか?ということを、スピリチュアル的な視点で解説していきます。

 

記事を最後まで読んで、実際に行動を起こしてもらう事で、かなりあなたの内なる不安は解消されるはずです。

 

誰でもできる、簡単な方法ばかりをまとめているので、実際に行動して不安を解消してしまいましょう。

 

不安を感じるのは必要なこと

人間が不安を感じてしまうのは、とても大切なことです。

 

僕達人間は、今の肉体があってこそ、この世界に無事に生きられています。

肉体を守るためには、危険な場所から肉体を遠ざける必要があるのです。

 

そのために事前に「不安」を感じて対処しています。

 

 

つまり、あなたがきちんと「不安を感じる」から、今そこに生きていられるのです。

 

僕もきちんと毎日、不安を感じるから、こうして今、ブログを執筆できています。

 

とはいえ、不安な気持ちがあるとどうしても「生きているのが苦しい」と感じてしまいます。

できれば、少しでも不安を小さくしたい。

 

そう考えるのが普通でしょう。

 

 

どんな行動を起こせば、不安は小さくなるのか?具体的な方法を、次項でまとめているので見ていきましょう。

 

不安で押しつぶされそうな時にするべきこと

多々良沼公園

僕が考える、不安で押しつぶされそうな時にするべきことは、以下の5つのことです。

 

・ウォーキング

 

・瞑想

 

・何が不安なのかを書く

 

・誰かに相談する

 

・準備を始める

 

 

この5つの方法を実際に行う事で、あなたの中の不安は少しずつ解消されるはずです。

 

それぞれの方法を、詳しく深掘りしていきます。

 

方法①ウォーキング

不安で押しつぶされそうな時には「ウォーキング」をしてみましょう。

 

昨日はあいにくの曇り空でしたが、自宅からちょっとドライブして、公園で仕事をしてきました。

上記に写真を載せてみましたが、仕事がひと段落したあとに「ウォーキング」を楽しんでいます。

 

人は、「軽い運動」をすることで、不安を軽減することが出来ます。

 

昨日は仕事をした後ということもあり、ストレスが溜まっていたので、ウォーキングしてスッキリすることができました。

 

あなたは不安になった時に、「自宅の布団の中で」じっとしていませんか?

布団の中でじっとしていると、逆に不安は大きくなっていくばかりです。

 

そうではなく、外に出てお散歩を楽しんでみましょう。

ウォーキングすることで、幸せホルモンのセロトニンが活性化するので、超おすすめです。

 

方法②瞑想

不安で押しつぶされそうな時には「瞑想」をするのもおすすめです。

 

部屋の中で壁の方を向いて座ります。

 

背筋を伸ばし、おへその下の辺りまで一気に空気を吸い込みましょう。

 

思いっきり吸い込んだ空気を、糸のように口からゆっくりと20秒間かけて吐き出します。

 

これを5分から10分程度「毎日継続する」ことで、あなたは不安を受け流しやすい人になれます。

 

 

完全に不安が消えることはないですが、「不安な状況にも柔軟に対処しやすい脳」になっていけるので、瞑想はかなりおすすめです。

 

その他、瞑想をするとこんな効果も期待出来ます。

 

・幸せを感じやすくなる

・収入が上がりやすくなる

・今に集中しやすくなる

 

こんな感じで、瞑想を生活に取り入れるだけで、あなたの人生は豊かになっていくのです。

 

5分程度なので、毎日続けてみませんか?

毎日が無理であれば、週に数回でも効果があります。

 

方法③何が不安なのかを書く

不安で押しつぶされそうな時には、「何が原因で不安なのか?」を紙に書いてみましょう。

 

不安の要素を紙に書きだすと、あなたが置かれている状況を客観的に見つめることができます。

 

さらに、その不安な要素に対して「○○をすると改善する」などの改善策が書けるようであれば、書いてみましょう。

 

意外とシンプルな方法で、不安を解決できることに気が付けます。

 

大体、まだ起きていない事象に対して、そこまで不安になる必要はないのです。

問題が起こってから、対処するのでも十分に間に合います。

 

とにかく「今日を生き残ること」だけ考えて、生きていれば大体のことはなんとかなるはずです。

 

僕もそうやって40年間生きているので、大丈夫。

 

方法④誰かに相談する

不安で押しつぶされそうな時には「誰かに相談する」のがおすすめです。

 

不安の原因を誰かに相談しても、90%以上のことは解決しません。

 

だから、あなたは、、

 

「え?解決しないのに相談しても意味なくない?」

 

と思って、相談を躊躇しているはずです。

 

 

しかし、人間は「他者に相談することで、不安の感情をガス抜きできる」ように出来ています。

 

根本の原因は解消できなくても、不安に対処する意外と簡単な方法に気が付きやすくなるのです。

 

なので、無駄だと思わずに誰かに相談するのもかなり効果的です。

 

相談相手がいなければ、厚生労働省の「いのちの電話」などを活用してもいいかもしれませんね。

 

方法⑤準備を始める

不安で押しつぶされそうな時には「次の行動の準備を始める」のもいいでしょう。

 

あなたは「今から未知の行動」を起こさなければいけないので、不安に感じている事と思われます。

 

・やった事のない仕事をする

・多くの人の前でプレゼンをする

・超怖い上司に会いに行く

・会議に出席する

 

などなど、「自分がうまく対処できるかどうかわからないこと」を目の前にして、不安で押しつぶされそうになっているのでしょう。

 

 

そうであれば、

 

「さっさと準備を何回もしてみる」

 

と、その不安はちょっとずつ解消されます。

 

 

人間は「じっとしている」と不安をもろに受け止めてしまいますが、行動を起こすことで、不安に柔軟に対処できるようになるのです。

 

 

頑張って行動を起こすことで、あなたの内なる波動もぐっと上がり始めて、「今まで見たことのない世界」を感じられやすくもなります。

 

気が付けなかった「チャンス」にも気が付きやすくなるのです。

さあ、早速準備してみませんか?

 

不安で押しつぶされそうな時に強くなるには感謝の習慣が大切

不安で押しつぶされそうになる時、うまく対処しやすい人になるには「感謝の習慣」が大切です。

 

日常的に「ありがとう」を多用している人は、脳の幸せを感じる部位が成長しています。

 

さらに、脳を「全体的にバランスよく使える状態」になっているため、「不安」がやってきても、適切に受け流せるのです。

 

 

要は、「適度な緊張感を持って、物事に対処しやすい人」になれます。

 

 

何でもいいので、とにかく「ありがとう」を増やしましょう。

 

 

・コンビニでお買い物をしたら「ありがとう」

・お店でご飯を食べる際にサービスを受けたら「ありがとう」

・今日も健康な体で生きられて「有難い」

・おかあさんが、朝食の準備をしてくれてたので「ありがとう」

 

 

こんな感じで、日常的に起こることに対してどんどん「ありがとう」を増やすだけで、不安を受け流しやすい人に段々近づけます。

 

信じて「やるか」「やらないか」はあなた次第です。

 

僕は毎日ありがとうを言いまくっているので、本当に豊かな「今」を手に入れられています。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は、不安で押しつぶされそうな時には、どうやって対処すればいいのか?をスピリチュアル的な視点で解説してきました。

 

簡単な方法ばかりをご紹介したので、早速実生活に取り入れて、豊かな暮らしをスタートさせましょう。

 

きちんと実行することで、不安は段々と小さくなっていくはずです。

【スポンサーリンク】