ちょろの癒し部屋【スピリチュアルブログ】

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日スピリチュアルブログを更新しています。

夢がない20代がするべきこととは?簡単にあなたは変われる!

おはようございます。

ちょろです。

 

「夢なんてないね」「人生なんてクソつまんね」

 

こんな考えを持っている20代の人は多いのではないでしょうか?

20代で「明確な夢を持てる人」というのは案外少ないのかもしれません。

 

この記事を読みに来られたあなたも、「夢が持てない」と嘆いている人の一人。

でも、こうやって検索されてこの記事に来られたという事は

 

「自分を変えたい!」

 

という、強い想いを持っているのだと思われます。

 

そんな「素晴らしいあなたのために」今回は、スピリチュアル的な視点で見る「夢がない20代がするべきこと」を徹底解説していきます。

 

 

環境を変えることは出来ませんが、「あなたが変わることで」環境に影響を与えることは可能。

 

20代のあなたは無限の可能性を秘めています。

さあ、記事を最後まで読んで、少しずつ自分を変えていってみませんか?

 

情報化が進みすぎて逆に夢を持ちにくい現代

インターネットの発達、SNSの登場、コミュニケーションツールの発達、などで、僕達人間が手に入れられる情報は格段に増えました。

 

毎日星の数ほどの情報が、インターネット上を飛び交っています。

 

昔は「人からのうわさ話」を自分の耳で聞いていただけだったり、本や新聞、テレビくらいしか、情報源はありませんでした。

 

それから比べると、明らかに現代は「情報過多の時代」になっているでしょう。

 

もちろん、あなたにとって心地の良い情報だけであれば問題ありませんが、世の中の殆どは「あなたや僕が暗くなってしまう情報」です。

 

 

そんな情報を見聞きするうちにあなたは「人生なんてクソつまんね」と思ってしまっているのかもしれませんね。

 

つまり「夢を持ちにくくされている」のです。

でも、この記事に来てくれたということはあなたは「自分を変えて、夢を持ちたい!」とちょっとでも思っているはず。

 

大丈夫。

ちょっとだけ行動を変えると、あなたも夢が持てる20代になります。

 

では、どんな方法なのか?次項でまとめてみました。

 

夢がない20代がするべきこととは?

浦山ダム

僕が考える、夢がない20代がするべきことは以下の5つのことです。

 

・ダメでもやってみること

 

・思い切って辞めること

 

・やり方をパクること

 

・苦しい方を選択すること

 

・今日を全力で生きてみる

 

 

 

この5つの方法は、僕が20代の時にも実践していました。

そして、今でも意識している方法です。

 

僕はもう40代なので、20代から20年も経ってしまいました。

しかし、これらの方法は時代に流されることなく、大切な考え方だと思っています。

 

今のあなたでも、実践できることばかりです。

それぞれ、具体的に解説します。

 

 

方法①ダメでもやってみること

夢がない20代には「ダメでもやってみること」をおすすめします。

 

中々人はチャレンジすることが出来ません。

それは、、

 

「失敗するのが怖いから」

 

です。

 

 

特に情報が増えている現代社会では、「いろいろ情報を集めると、失敗しそうだから、やめておこう」となりがちです。

 

 

失敗しにくくなることで、確かに成功確率は上がります。

しかし、「失敗して経験を積む機会も減る」のです。

 

僕は「出来なくてもいいから、やってみたらええやん」と毎日思います。

あなたには失敗して経験するだけの「価値がある」からです。

 

方法②思い切って辞めること

夢がない20代には「思い切って辞めること」をおすすめします。

 

いつもツイッターなどでも書いていますが、、

 

 

 

今日本は人口が減少してきていて「労働人口そのものが急激に減っています」。

 

20代30代の人は貴重な「労働力」なので、学校や会社では「もっと働け!」というかもしれません。

 

 

でも、裏を返せば「それだけの価値があなたにはあるので、納得いかない条件では絶対に働かない」という選択をするべきだと僕は思います。

 

 

もし、辛い思いをして頑張っているのであれば「すぐに辞める」のもおすすめです。

 

僕も、30代後半で仕事を思い切って辞め、1000km離れた場所に移住してきました。

上記にダムの画像を貼っていますが、「辞めたから」こういった景色を初体験できたのです。

 

会社員のままだと、何も知らずに死んでいたでしょう。

方法③やり方をパクること

夢がない20代には「やり方をパクる」のもおすすめです。

 

条件の悪い仕事は辞めてもいいと思います。

 

ただし、

 

「先輩や上司のノウハウ、会社のノウハウを、出来るだけパクった後に辞めましょう。」

 

要は、能力を身に着け、あなたのレベルを少しでも上げて辞めた方がお得だという事です。

もちろん、会社に長期的にいる場合でも、先輩や上司の技術を「パクる」のはおすすめ。

 

実はパクることで、人間関係もよくなります。

 

方法④苦しい方を選択すること

夢がない20代は「苦しい方を選択する」のもおすすめです。

 

人間は無意識的に「楽な方」を選択します。

 

なので、「うわー。めんどくせ。」というような物事は極力しなくなってしまうのです。

 

 

しかし、「苦しい環境で体験できるストレス」からも、あなたは学ぶことが出来ます。

そして、若い20代のうちは「苦しんで失敗してもリカバリーできる年齢」です。

 

 

ちょっと迷った時に、「うーん。こっちの方が辛そうだ。」という最悪の選択をしてみませんか?

 

自分の成長に役立つかもしれません。

 

方法⑤今日を全力で生きてみる

夢がない20代は「今日を全力で生きる」のもおすすめ。

 

人生で最も若い日は「今日」です。

 

 

今日思いついたことを、行動せずに我慢していませんか?

 

会社や学校があって行動が無理なのであれば、ネット検索をするだけでも十分な行動です。

ひょっとすると、明日死んでしまうかもしれないのに、今行動しないのは勿体ないです。

 

 

「1日が1回の人生なんだ」という思考で毎日生きると、最も豊かな人生になるとも言われています。

 

今日を全力で生きてみてはいかがでしょうか?

 

夢がない20代がしてはいけないこととは?

夢がない20代に「あまりして欲しくないこと」もあります。

 

それは、こちらの2つ。

 

・誰かのいいなりになること

 

・前例を意識しすぎること

 

 

こちらも、それぞれ深掘りしてみていきましょう。

 

①誰かのいいなりになること

夢がない20代は「誰かのいいなりになって生きては」いけません。

 

 

あなたの人生は「常にあなたが決めるべき」です。

 

 

もちろん、多くの人の意見をどんどん聞いてもいいですが、最終的な決断は「あなたが納得した上で下す」のが絶対。

 

 

自分で物事を決めるから「人生を幸せに感じられる」のです。

 

 

あなたには自分で決めて良いだけの価値があるので、大丈夫です。

その通りに進んでみましょう。

 

 

②前例を意識しすぎること

夢がない20代は「前例を意識しすぎる」のはよくありません。

 

時代は3年でめちゃくちゃ変わります。

 

ちなみに、僕が体験した20年前の20代の時期と、「今のあなたの時代」は全くの別物。

この記事だけを信じてもダメなのです。

 

 

大人が言う「よく考えてみろ」「本当にうまくいくのか?」などという言葉は「正しくない可能性」も高いでしょう。

 

 

前例を意識しすぎず、「今、ふっと思ったこと」をどんどんやってみてください。

必ず、「夢」が思いつく日がいつかやってきます。

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

 

今回は「夢がない20代は何をすればいいのか?」ということを、詳しく解説してきました。

 

ここまで読んで下さったあなたは、きっと行動を変えて「素晴らしい人生を手にできる人」です。

 

早速自分の人生を見直して、豊かで幸せな人生を送ってみてはいかがでしょうか?

【スポンサーリンク】