ちょろの癒し部屋【スピリチュアルブログ】

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日スピリチュアルブログを更新しています。

自由になりたい心理とは?スピリチュアルパワーとの関係を解説!

おはようございます。

ちょろです。

 

あなたは「自由になりたい」ですか?

 

この記事を読みに来られたということは、おそらくあなたは今かなり抑圧されていて、「自由になりたい!」と強く思われているはずです。

 

 

どうして、あなたはそんなに「自由になりたい」と思ってしまうのでしょうか?

 

今回は「人間が自由になりたい心理」をテーマに記事を進めていきます。

 

ちなみに僕は、会社員を辞め、フリーランスとなり、毎日マイペースに「自由に」生きています。

記事の後半では、そんな僕が実践している「自由になるための方法」までご紹介しているので、記事を最後まで読んでみてください。

 

 

あなたも少しずつですが、自由になることが出来るはずです。

 

人間は本来「自由」な生き物

人間というのは、本来「自由な生き物」なのです。

 

現在の人間ホモ属は、200万年前のアフリカで誕生したとされています。

 

 

その時は、恐らく「もっと自由に」生きていたはずです。

もちろん、ヒトは大きな脳を持っているので、「助け合って」「集団で」行動していたはず。

 

ある一定のルールも存在したのかもしれません。

 

 

 

でも、現代社会のように「時間通りに起きて」「勉強し」「いい大学に入り」「会社員になって」「老後は年金生活をする」というような、定型の人生ではなかったはずです。

 

 

もっと「自分が自分らしく」生きていたのではないでしょうか?

あなたもきっと「もっと自分らしく生きたい」と心の底から思っているはずです。

 

そこには、どんな心理があるのか?

もうちょっと詳しく深掘りして、解説していきましょう。

 

自由になりたい心理はこれ!

自由になりたい心理。

もう少し詳しく見てみると、こんな心理が考えられます。

 

・赤ちゃんの状態になりたい

 

・自分で決め続けたい

 

・好きな場所で過ごしたい

 

 

 

それぞれの心理について、深掘り解説しておきましょう。

 

心理①赤ちゃんの状態になりたい

自由になりたい心理の1つ目は「赤ちゃんの状態になりたい」です。

 

人間が最も幸せな時は「赤ちゃんの時」です。

 

 

赤ちゃんの時は、ポジティブな情報もネガティブな情報も「全く持っていません」。

 

この世がどんなところであるのかなども、全く知らないのです。

つまり「とってもフラットで生きやすい世界を生きられる」のが赤ちゃんなのです。

 

 

 

また、ヒトは子育てをする時に、未成熟な状態を親や周りの大人がサポートして「傷つかないように」育ててくれます。

 

つまり「赤ちゃんの時は、豊かな愛情で守られている」と言えるでしょう。

 

 

だから、「俺、もっと自由になりたいわ!!」と思っている人は「赤ちゃんの時のように、自由になって愛されたい!」と考えているのが普通です。

 

 

心理②自分で決め続けたい

自由になりたい心理の2つ目は「自分で決め続けたい」という心理です。

 

現代人は「コミュニティ」の中で生きています。

コミュニティには多くの人が参加しているので、100%のことを自分の意見だけにすることはほぼ無理でしょう。

 

 

なのであなたは「どこかで妥協して」今の人生を過ごしています。

 

 

ある程度、あなたの意見が採用されていればいいですが、全く採用されていないと、「あなたは全く自分で決めていないこと」になっています。

 

「本当はもっと自分で決めたいのに!」です。

 

 

人間が「自分らしく生きる」には、物事を自分で決めて自分の道を自分のペースで進むしかありません。それが最上級の幸せなのです。

 

 

でも、それが現代社会では中々できない。

それが、自由になりたい心理の一つだと考えられますね。

 

心理③好きな場所で過ごしたい

自由になりたい心理の3つ目は「好きな場所で過ごしたい」です。

 

現代人は「労働」をして「お金」を貰って生活していかなければいけません。

 

労働をすると、基本的に「どこかの場所に拘束されることになる」のが当たり前。

 

 

現在ではリモートワークなどのオンラインで働くやり方もあります。

しかし、殆どの方は「どこかに拘束されて」働いているはずです。

 

 

リモートワークでも、自宅オフィスなどに拘束はされることでしょう。

 

 

貨幣社会の中で生きている僕達には、生活の場所を拘束されるのは、どうしようもないことなのです。

 

だからこそ、自由になりたい心理の人は「もっと自分の好きな場所で過ごしたい」と思っています。

 

 

あなたもきっと、そのうちの1人なのではないでしょうか?

 

自由になりたい心理を解決する方法

井の頭公園

では、そんな「自由になりたい!」という心理を解決する方法もあるのでしょうか?

 

僕が考える、自由になりたい心理を解決する方法はこちらの4つの方法です。

 

・出来ることから自分で決める

 

・アウトプットする

 

・旅に出てみる

 

・瞑想の習慣を持つ

 

 

実は、これらの方法を実行すると、あなたの内なるスピリチュアルパワーも活性化されて、世界が「大きく変わるきっかけ」を手に入れやすくなるのです。

 

波動の高い人になりやすくなります。

 

それぞれの方法について、ちょっと詳しく解説しますね。

 

方法①出来ることから自分で決める

自由になりたい心理を解決する方法1つ目は「出来ることから自分で決める」です。

 

前述した通り、僕達人間は「自分の人生を全て自分で決めた方が」幸せになれます。

 

 

しかし、この世界の事を全て自分だけが決めていくことは、かなり困難でしょう。

沢山の人が同時に生きているので、100%自分の思い通りになることはありません。

 

 

でも、日常的に起こっている「小さな出来事」を自分の意志で決めることは出来ます。

 

 

・この仕事は絶対先に済ませよう

・今日はお菓子は絶対に食べないでおこう

・今日はいつもと違う、この道を通って帰ろう

 

 

なんでもいいので、「自分で決める癖」を身に着けてみましょう。

それだけで「プチ自由」をあなたは感じられるはずです。

 

方法②アウトプットする

自由になりたい心理を解決する方法2つ目は「アウトプットすること」です。

 

ブログやSNS、手書きのノート、人に話す。

何でもいいので、あなたの感じたことをアウトプットする習慣を持ちましょう。

 

特に、紙に書いたりするアウトプットをすると「自分の考えを冷静に見る力」が養われます。

 

 

アウトプットすることで、あなたの脳の力が高まり、内なる波動も上昇しやすくなります。

 

そして、あなた自身の成長にも繋がり、段々とあなたは「自由に生きやすい人」になれるでしょう。

 

僕も、アウトプットをしまくって「今の自由な人生」を手に入れています。

 

方法③旅に出てみる

自由になりたい心理を解決する方法3つ目は「旅に出てみること」です。

 

僕も山口県から埼玉県に引っ越してきて、はや2年。

引っ越しという大きな旅を実行したので、上記に掲載している「井の頭公園」にも出会うことが出来ました。

 

実際に「行動した」から「体験出来た」のです。

 

 

旅に出て体験し、「うわー!世界っていろんなものがあるんだな!」と知ると人間の脳は幸せや自由、豊かさを感じやすくなります。

 

小さな旅で構いません。

出来るだけ新しい自然などに触れ、あなたも「幸せや自由を感じやすい人」になってみましょう。

 

方法④瞑想の習慣を持つ

自由になりたい心理を解決する方法4つ目は「瞑想の習慣を持つこと」です。

 

 

あなたは毎日瞑想をしていますか?

 

瞑想をすると、「脳の幸せを感じやすい部位」が段々と成長すると言われています。

脳が成長するので、僕達の内なる波動も高まります。

 

 

5分から10分の瞑想で「今」に集中しやすい脳にもなれるので、「自由」も感じやすくなるでしょう。

 

「今」だけを感じて生きることは、かなり自由です。

 

 

もしあなたが瞑想を普段の生活に取り入れていないのであれば、早速取り入れてみませんか?

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は「自由になりたい心理ってどんな心理?」というテーマで記事をまとめてきました。

 

自由になるための簡単な方法までご紹介したので、早速生活に取り入れて自由になってみてはいかがでしょうか?

 

段々と、自由度は高まってくるはずです。

【スポンサーリンク】