ちょろの癒し部屋【スピリチュアルブログ】

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日スピリチュアルブログを更新しています。

明日生きるお金がない!という時の対処法!意外となんとかなります!

おはようございます。

ちょろです。

 

「やばい!死ぬかも!!」

大丈夫、死なないので安心しましょう。

 

確かにお金が無くなると、現代社会では生きていけません。

生活に必要な「衣食住」はお金を持っていないと、手に入らないようになっているからです。

 

とはいえ、「明日生きるお金」を手に入れる方法はいくらでもあります。

また、あなたが「長期的に稼げる人」になるための方法もあるのです。

 

そこで今回は「明日生きるお金がない!」と思っているあなたの為に、いくつかの対処法をご紹介していきます。

 

 

何度も言いますが「大丈夫」なので、まずは安心しましょう。

 

まず大切なことは「死なないこと」

まず、大切なのは「死なないこと」です。

 

日本は憲法で「最低限度文化的な生活」が保障されています。

なので、どんなにお金が無くなっても、「いきなり殺されること」はありません。

 

 

自分で死を選ばない限り、殆ど死ぬことはないのです。

 

 

僕も、会社員を辞めて「仕事が無くなってしまった時」は、死にたいほどに苦しみました。

しかし、その時にがむしゃらに活動したので、「今、楽しく豊かに生きられています。」

 

 

死のうか、、と思ってしまった時もありますが、今は「マジ生きててよかった」と毎日思い続けているのです。

 

お金は何とかなるので、まずは生きてみましょう。

 

そして、生き残った上で、冷静になって次項でご紹介する「対処法」を実行してみてください。

 

明日生きるお金がない!という時の対処法

では、「明日生きるお金がない!」というあなたは何をすればいいのか?

 

シンプルに効果のあるものをまとめておきます。

 

・役所に行ってみる

 

・職安に行ってみる

 

・今日あった「いいこと」を紙に書く

 

・毎日「瞑想」してみる

 

 

 

当たり前のことばかりですが、「一旦冷静になって、これらのことをこなす」と今の超絶な不安感から脱却できます。

 

ポイントは「真面目に働いて、がむしゃらにお金を手に入れてみること」です。

 

では、それぞれの項目を整理しながら見ていきましょう。

 

対処法①役所に行ってみる

明日生きるお金がない!という時は「役所に行って」みましょう。

 

冒頭で書いた通り、僕たち日本人は日本国憲法第25条「生存権」で保障されています。

 

 

健康で文化的な、最低限度の生活を送ることが出来るのです。

 

 

そのため、どんな人でも役所に行けば、必ず「何らかの生きる方法」を教えてくれます。

生活苦の人の為の補助金も出してくれますし、借金をすることもできます。

 

 

もちろん「真面目に働くこと」が大前提にはなりますが、死ななければ何とかなるので、まずは市役所、区役所で相談してみてください。

 

 

対処法②職安に行ってみる

明日生きるお金がない!という時は、まず仕事を探すのが重要なので「職安」に行ってみましょう。

 

職安には本当に色々な仕事が紹介されています。

 

確かに、「割の悪い仕事」も多いですが、最低賃金は保障された仕事ばかりなので、職安で仕事探しをすると安心です。

 

 

僕も職安で見つけた「ブラック企業」で以前は働いていましたが、人生を振り返ってみると「凄くいい勉強をさせてくれたし、給料もボーナスも沢山くれていたな」としみじみ感じています。(フリーになると痛感します)

 

 

頑張れば、必ずお金はくれる会社ばかりです。

 

住所不定でも、何とか仕事を探すのを手伝ってくれますから、安心しましょう。

とにかく職安へ急げ!です。

 

対処法③今日あった「いいこと」を紙に書く

明日生きるお金がない!という時は「今日あったいいこと」を紙に書く習慣を持ってみましょう。

 

とりあえず、住むところをゲットし、仕事を紹介してもらった後は、、

 

 

「あなたの脳の力を高める練習」

 

をするのがおすすめです。

 

 

そのためには「紙に書いてアウトプット」が一番。

どうして、あなたに「お金が無くなってしまったのか?」というと、、

 

 

「脳の幸せを感じる部位が弱まってしまっているから」です。

 

 

脳の力を少しずつ高めて、自分の内なる波動を上げていくと、もっともっと稼ぎやすい人になれます。

 

職場での人間関係も改善されやすいでしょう。

 

 

何でもいいので、今日あった良いことを、寝る前に紙に書き出してみましょう。

 

・無事に家が見つかった

・無事に仕事が探せた

・とにかく今日も生きられた

 

こんな感じで、何でもいいので「いいこと」を書き続けるだけで脳は「幸せを発見しやすくなり」「収入も上げやすい人」になれます。

 

対処法④毎日「瞑想」してみる

明日生きるお金がない!という時には瞑想もおすすめです。

 

瞑想を毎日継続しても「脳の力」を高められます。

脳が全体的に活発に動き出すので、幸せを感じやすい人になれるのです。

 

つまり「チャンスに気が付きやすく」なります。

 

「今」に集中しやすくなるので、失敗を恐れない行動力も身に付くでしょう。

 

 

瞑想を継続し、小さな成功体験を何度も経験し、「大きなゴール」を達成してみましょう。

 

明日生きるお金がない!という人がとりあえずやめるべきこと

僕は「アルコール大好き人間」です。

 

きっとこの記事を読まれている方の中にも「お酒大好き」な人が沢山いるでしょう。

 

お酒をはじめ、様々な嗜好品には「中毒性」があります。

そんな中毒性のあるものと、お金の関係。

 

最後に「明日生きるお金がない!という人に是非とも辞めてもらいたいこと」をいくつかご紹介しておきます。

 

・ギャンブル

 

・お酒

 

・誰かの悪口を言うこと

 

 

それぞれの項目を、ちょっとだけ深掘りしておきましょう。

 

やめること①ギャンブル

明日生きるお金がない!という人は「ギャンブル」をやめましょう。

 

ギャンブルはご存知の通り「依存症になるように」仕組まれた娯楽です。

 

 

「次やったら大勝できるかも!」と思わせるように仕組まれているのです。

 

 

お金に余裕があるうちは娯楽として楽しんでもいいですが、「明日生きるお金がない人」は絶対にしないようにしましょう。

 

 

基本ギャンブルも「ビジネス」なので、胴元が儲かるように仕組まれています。

騙されてはいけません。

 

 

やめること②お酒

明日生きるお金がない!という人は「お酒を飲むのを一時的にでもやめて」みましょう。

 

 

僕もお酒が大好きなので、ついつい飲んでしまいますが、お酒を飲むと様々な弊害があります。

 

 

・昼間の仕事のパフォーマンスが落ちる

・お金がかかる

・大切な時間を奪われる

・気が大きくなって、自殺したくなる

 

 

お酒は、脳の為にもあまりよくありません。

 

「お金がない今」は、一旦お酒を断ってみて、あなたの「脳の力」「精神力」をフルパワーで発揮できるようにしてみてはいかがでしょうか?

 

ちなみに、自殺している殆どの人は「お酒に酔って自死を実行する」そうです。

死んでしまうと、今からやってくる「楽しさ」を体験できないので、めっちゃ損です。

 

お酒を安易に飲まず、まずは「今生きるお金」を手に入れてみてください。

 

やめること③誰かの悪口を言うこと

明日生きるお金がない!という時は「他者の悪口を言うのを」やめてみましょう。

 

誰かの悪口を言っても、あなたの置かれた環境は全く変わりません。

 

 

それどころか、「悪口好きな波動が低い連中」がどんどん集まってくるので、あなたは「一向にお金持ちにはなれない」でしょう。

 

 

悪口はついつい言ってしまいたくなりますが、ちょっとだけ冷静になって「ぐっと20秒間我慢」してみましょう。

 

 

あなたも「お金に困らない人」になっていけるはずです。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は「明日生きるお金がない!」というあなたの為に、いくつかの対処法をご紹介してきました。

 

あなたは今生きています。

それは「生きるだけの価値があるから」です。

 

自分の価値を自分で決めて、今日もぼちぼちと生き続けてみましょう。

 

【スポンサーリンク】