ちょろの癒し部屋【スピリチュアルブログ】

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日スピリチュアルブログを更新しています。

運命の人ではないサイン4つとは?運命の人と出会う方法も解説!

おはようございます。

ちょろです。

 

あなたには今「素敵なパートナー」がいるでしょうか?

もし仮にパートナーがいたとして、その方は本当に運命の人ですか?

 

あなたはどう感じていますか?

 

今回の記事では、「運命の人ではないサイン4つ」ということをテーマに、運命の人の見分け方を徹底的に解説していきます。

 

記事の後半では、運命の人と出会いやすくなる行動方法も紹介しているので、記事を最後まで読んで頂き、あなたの運命の人を最短でゲットできるようになってしまいましょう。

 

行動を変えれば誰でも、運命の人と出会えるようになります。

 

早速、記事をみていきましょう。

 

誰にでも運命の人はいる

まず、大前提として「誰にでも運命の人はいる」ということを信じてください。

 

運命の人がいない人はいません。

どうして、運命の人が見つからないのか?というと「運命に気が付くためのあなたの脳のセンサーが鈍っているから」です。

 

 

世界は「エネルギーの塊」で、そこに勝手に意味づけをしているのが、僕達人間なのです。

つまり、脳や潜在意識が「きちんと感じ取ってくれないと」運命の人が目の前に現れにくいというわけ。

 

「どうせ私に運命の人なんてやってこないわ」なんて、悲観的にならなくて大丈夫です。

自分の事を信じてください。

 

 

そして、今回のテーマ「運命の人ではないサイン4つ」です。

もうすでに「誰か気になる人がいる場合」その人はあなたにとって、本当に運命の人なのでしょうか?

 

「こんな感覚を感じる人は運命の人ではないよ」というサイン4つを、次項で詳しくまとめてみたので、ざっくりと見ていきましょう。

 

 

 

運命の人ではないサイン4つはこれ!

僕が考える、スピリチュアル的に見て「運命の人ではないサイン4つ」は、以下の4点です。

 

・安心できない

 

・タイミングが合わない

 

・喧嘩が多い

 

・自分の意見が通らない

 

 

では、これらのサインをさらに詳しく解説してみたので、見ていきましょう。

 

サイン①安心できない

運命の人ではないサインの1つ目は「安心できない」です。

 

今あなたが一緒にいるパートナーと「一緒にいても安心できない」のであれば、その人は運命の人ではない可能性が高いです。

 

 

現在の日本は「一夫一妻制」なので、生涯に渡ってパートナーと一緒にいる必要があります。

 

それなのに「一緒にいて安心できない」のであれば、あなたはずーーっと苦しみの中で生きなければいけません。

 

一緒の時間を過ごすことで、段々と安心していけるはずですが、ある程度の時間を一緒に過ごしても「全然安心できない」のであれば、そろそろお別れをした方がいいかもしれませんね。

 

サイン②タイミングが合わない

運命の人ではないサイン2つ目は「タイミングが合わない」です。

 

運命の人とは、近い波動の高さの世界を感じているため、「物事のタイミングが合いやすい」傾向があります。

 

しかし、運命の人でない場合は以下のような事の、タイミングが合いません。

 

 

・デートの日取りを決めようとしても、スケジュールが合わない

・お腹いっぱいの時に、食事に誘われる

・LINEしても、テンポが悪い

・会話があまり続かない

 

 

こんな感じで、日常的に行うことの「大体の事」がタイミング悪く起こります。

もし、あなたが気になっている人と、こんな関係なのであれば、運命の人ではない可能性が高いので、今回は諦めてみられてはいかがでしょうか?

 

サイン③喧嘩が多い

運命の人ではないサイン3つ目は「喧嘩が多い」です。

 

運命の人とは、そんなに小さなことで毎日のように喧嘩することはありません。

もちろん、人間なので言い争いはしてしまいますが、小さなことで「すれ違う可能性」はかなり低いのです。

 

しかし、運命の人ではない人とは「本当に些細なことで喧嘩してしまう」特徴があります。

 

 

もし、今付き合っている人と毎日のように小さな喧嘩をしてしまうのであれば、あまりいい関係では無いので、関係を見直した方がいいかもしれませんね。

 

サイン④自分の意見が通らない

運命の人ではないサイン4つ目は「自分の意見が通らないこと」です。

 

運命の人は「お互いの事を尊重し合ってくれる」特徴があるので、自分の意見も言いますが「相手の意見にも耳を貸す」努力をしてくれます。

 

しかし、運命の人でなければ、

 

・君の意見は、いつもダメだ

・私が考えた意見の方が、適格だ

・あなたはいつもバカみたいな意見を言うね

 

こんな感じで、あなたの意見を否定するばかりか、「あなたの人格まで否定する」発言をしてきます。

 

なんだか、いつも「自分の意見は言えず、相手に合わせてしまっているな」と感じる場合は、運命の人ではない可能性が高いので、お別れするのも視野に入れておいた方がいいかもしれませんね。

 

 

運命の人と出会うためにするべき4つのこととは?

もしあなたの身の回りに「運命の人らしき人」が見当たらない場合、悲観的になってしまう必要はありません。

 

前述した通り、誰にでも運命の人はいます。

ただ、気が付けていないだけ。

 

では、どうすれば運命の人と出会いやすくなるのか?4つほど具体的な方法をあげておくので、実生活に取り入れてみましょう。

 

・笑顔で過ごす

 

・「ありがとう」を増やす

 

・ワクワクする服を着る

 

・ワクワクする方を選択し続ける

 

 

それぞれの行動を、深掘り解説していきます。

 

するべきこと①笑顔で過ごす

運命の人と出会いたければ「笑顔で過ごす時間」を増やしましょう。

 

人間は笑顔になることで、、

 

・セロトニン

・エンドルフィン

・ドーパミン

 

などの幸せホルモンを出し、ストレスホルモンコルチゾールを抑える力を発揮します。

 

 

幸せホルモンが出て、行動も前向きになることで、脳は「世の中のいいこと」に気が付きやすくなるでしょう。

 

なので、運命の人が目の前に現れた時に、アンテナがビビビっと働きやすくなるのです。

 

まずは、笑顔になるのがおすすめですね。

 

するべきこと②「ありがとう」を増やす

運命の人と出会いたければ「ありがとう」をいう回数を頑張って増やしてみましょう。

 

「ありがとう」という言葉を使うと、僕達の脳は「幸せを感じやすい脳」に成長していきます。

 

 

・今地球に生きていられてありがとう

・日本に生きていられてありがとう

・今日もいつも通りの1日が終えられてありがとう

・スーパーで普通に買い物出来て、ありがとう

 

なんでもいいので、「ありがとう」を言い続けて感じ続けてください。

気が付くと、あなたの目の前には「運命の人じゃない?」という人がどんどん現れるようになってきます。

 

するべきこと③ワクワクする服を着る

運命の人と出会いたいのであれば「ワクワクする服」を着るのが大切です。

 

やはり人は「見た目で殆どの事を判断する生き物」。

 

どんなに内面が「優しくて」「誠実で」「賢く」ても、見た目に清潔感が無かったり、楽しくなさそうな人だと、内面の良さを相手に伝えることすらできません。

 

 

ひょっとすると「覇気がなくて、全然楽しくなさそうな人だね」と思われて終わりかもしれないのです。

 

僕は、元アパレルショップの店員なので言い切りますが「服はあなたがワクワクする物を買うのが大切」です。

 

ワクワクする感情をそのまま身につけるだけで、あなたの脳は「幸せを発見しやすい脳」になれるでしょう。

 

 

運命の人にも、気が付きやすくなれます。

 

するべきこと④ワクワクする方を選択し続ける

運命の人と出会いたいのであれば「ワクワクする方を選択し続ける」のがおすすめです。

 

ワクワクする方を選択し続けると、僕達人間にはこんな感じの「メリット」があります。

 

・「いいこと」に気が付きやすい脳になる

・新しいワクワクを連れてくる

・ワクワクしている人と出会いやすくなる

・笑顔になれる

・死ぬ時に後悔しない

 

 

こんな感じで、ワクワクする方を選び続けるだけで「あなたの内なる波動」が高まるのです。

 

僕も先日いてもたってもいられず、静岡県に行き「さわやかのげんこつハンバーグ」を食べてきました。

 

ジューシーな肉汁と、レア気味に焼かれたお肉。

山口県にいた時から念願だったので、ようやく食べることが出来、未だにワクワクが止まりません。

 

ワクワクしながら埼玉県に引っ越してきて、さらに食べる物でも「ワクワク」を手に入れる。

 

どんどん次々にワクワクがやってくるので、運命の人にも気が付きやすくなってきています。(もう妻がいるので十分ですが、、)

 

あなたも早速行動を見直して、自分でワクワクする方を選び続けてみてください。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は「運命の人ではないサイン4つ」を徹底的に解説してきました。

 

こんなサインがある場合は、今のパートナーとの関係を見直した方がいいのかもしれませんね。

行動を変化させて、新しい運命の人をゲットしてみましょう。

 

【スポンサーリンク】