ちょろの癒し部屋【スピリチュアルブログ】

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日スピリチュアルブログを更新しています。

運命の人とは付き合うまでが長い?どうすれば付き合える?

おはようございます。

ちょろです。

 

あなたには今「運命の人」と言える人が周りにいるでしょうか?

ひょっとすると、既にかなり近くにいるのに、あなたが気が付いていない可能性もあります。

 

さらに、噂によれば「運命の人とは付き合うまでに長い」ともされているのです。

 

そこで今回は、「ちょっと気になる人がいるけど、運命の人なのかどうかわからない」というあなたの為に、運命の人とはどうして付き合うまで長いのか?を解説していきます。

 

最後まで読んで頂き、自分を変えてもらう事で、運命の人とより短期間で付き合えるようになるでしょう。

 

早速記事内容を見ていきます。

 

運命の人は意外と気が付きにくい

結論から言ってしまうと、運命の人は意外と気が付きにくいです。

 

なぜなら「あまりに近くにいて、空気に感じるような存在だから」。

 

ただ、全く「いい関係」にならないわけではありません。

本当の運命の人とは、普通の友人以上の関係に必ず発展します。

 

とはいえ、なかなかすぐに恋愛の関係にならないため、運命の人だと多くの人は気が付けないのです。

 

それが「運命の人とは付き合うまでが長い」と噂される所以。

 

どうして「運命の人には気が付きにくいのか?」、次項でスピリチュアル的な視点を元に解説していきましょう。

 

 

運命の人とは付き合うまでが長い理由

スピリチュアル的に見て、運命の人と付き合うまでに長い理由は、以下の4つの理由です。

 

・波動が合い過ぎて気が付かない

 

・トキメキを通り越している

 

・ストレスを感じない

 

・友人になってしまっている

 

 

この4つの理由で、運命の人とは付き合うまでが長いとされているのです。

それぞれの理由について、少し詳しく深掘りしていきましょう。

 

理由①波動が合い過ぎて気が付かない

運命の人と付き合うまでが長い理由1つ目は「波動が合い過ぎて気が付けない」ということです。

 

この宇宙にある物からは全て、何らかの波動が出ています。

 

僕からも出ているし、あなたからも出ているのです。

そして、その波動に共鳴しているものだけを、僕達は感じ取ることが出来ます。

 

ところが、運命の人は「あなたが最も居心地がいいと感じる人」なので、あなたとかなり似た波動を発しています。

 

波動の差が少しでもあれば、人は「何かの違和感」がありますが、運命の人のように波動がほぼ一緒の場合は、あなたが感じ取りにくくなってしまうのです。

 

 

ただ、時間はかかりますがその「違和感」を互いに認識出来れば、間違いなく最良のパートナーになるはずです。

 

理由②トキメキを通り越している

運命の人とは付き合うまでが長い理由の2つ目が「トキメキを通り越している」ということです。

 

運命の人は本当に安心できるほどそばにいるため、トキメキの感覚があまりありません。

 

恋をすると脳内からは、オキシトシンやドーパミン、セロトニンなどの幸福ホルモンがドドドっと出ます。

 

しかし、運命の人の場合は、恋よりも深い関係に既になっているので、それらのホルモンが出にくいです。

 

トキメキを通り越している状態なので、運命の人と付き合うまで時間がかかってしまうわけです。

 

理由③ストレスを感じない

運命の人と付き合うまでが長い理由の3つ目は「ストレスを感じないため」です。

 

世界の変化はストレスを感じて、そのエネルギーが蓄積されて一気に解放されて起こります。

 

つまり、ストレスが無ければ世界は変わりにくいのです。

運命の人は、前述した通りあなたとほとんど同じ波動の高さの人。

 

そこにはストレスがあまり存在しません。

ストレスを感じないので、世界が変わりにくいのです。

 

ただ、微量でもストレスはたまっていき、そのストレスが溜まった後に一気に解放されて、世界は変わるので問題ありません。

 

要するに、ストレスパワーが溜まるまでに時間がかかるので、運命の人とは付き合うまでが長いのです。

 

理由④友人になってしまっている

運命の人と付き合うまで長い理由の4つ目は「友人になってしまっている事」です。

 

運命の人とは、価値観もペースもよく合うため、いつの間にか友人のゾーンに入っている可能性は高いです。

 

あなたの意識が「あの人は友人だから」と認識してしまっていると、そこから恋人のゾーンに移すには、かなりの時間がかかります。

 

その以降の期間が長いため、運命の人とは付き合うまでが長いと言われるのです。

 

ただ、友人から発展して「生涯のパートナー」になるケースは非常に多いです。

友人だからと言ってないがしろにせず、今まで通りの距離感で楽しい時間を共有するようにしましょう。

 

 

運命の人と出来るだけ早く付き合う方法

そんな「付き合いにくい」運命の人ですが、より短期間で付き合える方法もあります。

最後に、運命の人と短期間で付き合う方法をご紹介しておきましょう。

 

・安心する人と一緒にいるようにする

 

・出来るだけ会うようにしてみる

 

・感謝の言葉を増やす

 

 

この3つの方法です。

それぞれ、詳しく解説しておきますね。

 

方法①安心する人と一緒にいるようにする

運命の人と出来るだけ短期間で付き合いたいのであれば、「安心できる関係の人と一緒にいるようにしてみてください」。

 

あなたが心を許せて、安心できる関係の人は、波動の高さがかなり近いため、運命の人である可能性が高いです。

 

正直、見た目はあまりタイプではないかもしれません。

しかし、一緒にいてその人のいい部分を知ることで、見る目は段々と変わってきます。

 

「トキメキを感じないから、候補から削る」のはおすすめしません。

 

方法②出来るだけ会うようにしてみる

「あの人と一緒にいると、何だか落ち着くから、ひょっとしてこの人は運命の人かも、、」という時は、出来るだけその人と会うようにしてみましょう。

 

物理的な接触機会が増えれば増えるほど、人はその人に好印象を持ちやすくなります。

 

また、その人とさらに「波動のマッチング」をすることが出来るため、さらにいい関係になりやすいでしょう。

 

 

気になるけれど、近づかないというのはNG。

出来るだけ会って、会話を楽しむようにしてみてください。

 

実は、僕も今の妻と出会って結婚するまでに、「出来るだけ会うようにして」いました。

会っているうちに二人の価値感は変わって、さらに高次の波動になれるのです。

方法③感謝の言葉を増やす

運命の人と出来るだけ短期間で付き合いたいのであれば、「感謝の言葉を増やす」のはおすすめです。

 

感謝の言葉を増やすと、僕達の脳の「幸せを感じる部位」が成長します。

 

幸せなことに目が向きやすいので、「目の前にいる運命の素敵な人」を認識しやすくなるはずです。

 

 

・今日も無事に生きていられる

・今日も仕事を無事にこなせた

・今日も美味しいご飯が食べられる

 

ありがとう。

と、感謝の言葉を増やし続けてみてください。

 

言い慣れるまでは違和感がありますが、脳が成長し始めると、どんどん言いたくなります。

 

感謝の言葉を増やすとあなたの信用度も高まって、周りからの評判もいつの間にか上がるはずです。

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は、運命の人とは付き合うまでがどうして長いのか?という理由を、スピリチュアル的な視点で解説してきました。

 

ひょっとするとあなたの目の前に、運命の人はゴロゴロ転がっているかもしれません。早速行動を変えて、運命のパートナーを手に入れてみましょう。

【スポンサーリンク】