ちょろの癒し部屋【スピリチュアルブログ】

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日スピリチュアルブログを更新しています。

【ニート編】何をすればいいかわからない時の対処法!

おはようございます。

ちょろです。

 

2021年の日本には「約75万人のニートがいる」と言われています。

(引用元:Yahoo!ニュース)

 

 

40歳までの人が43人集まると、その中の1人がニートだという計算だそうです。

 

多いのか少ないのかは別として、本人は「めっちゃ苦しんでいる」と思われます。

そして、この記事を読みに来られたあなたも、そのうちの一人なのかもしれませんね。

 

そこで今回は、「ニートになってしまい何をすればいいのかわからない時にはどうすればいいのか?」ということを、詳しく解説していきます。

 

 

今ニートであっても、全然大丈夫です。

今からぼちぼち挽回していきましょう。

 

それだけの素質が、あなたにはまだあります。

 

なぜなら、人の脳は死ぬまで成長できるから。

 

今日から行動を変えるだけで、あなたの人生は確実に変わるでしょう。

記事を、是非とも最後まで読んでみてください。

 

ニートは能力がないわけではないと知っておく

ニートの方は、周りから散々「お前は無能だ」と言われ続けているので、いつの間にか「自分は無能だ」と洗脳されています。

 

でも、それは真実ではない可能性が非常に高いです。

 

この世に「無能な人」はいません。

確かに、現代社会に適応しにくい人は、めちゃくちゃいるかもしれませんが、何かの能力は必ず持っているのです。

 

・意外と手先が器用

・相手の話をただうなずきながら聞くのが苦ではない

・力だけはめっちゃ強い

 

などなど、コミュ力は無くても、能力がある人はめちゃくちゃ多いのです。

 

無能な人などほとんどいないでしょう。

 

ちなみに、僕は今まで多くの部下を指導してきましたが、秀でた能力がない人は、一人もいませんでした。

必ず何かの特技があったのです。

 

 

それを踏まえ、ニートの人は「何をすればいいのか」ということを、次項でまとめてみたので、見ていきましょう。

 

ニートで何をすればいいのかわからない時の対処法

では、ニートで何をすればいいかわからない時の対処法をまとめました。

 

・ネットで仕事を探してみる

 

・ハロワに行く

 

・絶対に夜は寝る

 

・朝から散歩をしてみる

 

・日記やブログを書いてみる

 

 

この5つの方法が、対処法です。

確かにニートにも能力はありますが、「行動」しなければ世界を変えることは出来ません。

 

それぞれ、どんな行動なのか詳しく見ていきましょう。

 

対処法①ネットで仕事を探してみる

ニートで何をすればいいかわからない時には「ネットで仕事探し」をしましょう。

 

例えば、クラウドソーシングサイトの「ランサーズ」などで案件を探すのもおすすめです。

 

クラウドソーシング「ランサーズ」

 

簡単に登録も出来、すぐに案件に応募も出来るので、何か「これならできそうだ」という物があれば、早速取り組んでみましょう。

 

ネットで仕事を探せば、基本的にコミュニケーション能力は必要ありません。

 

しかも、個人で仕事を受注するので、こなした時の達成感が凄いです。

(僕もランサーズはいまだに利用中なのです)

 

もしよければ、登録だけでもいかがでしょうか?

 

対処法②ハロワに行く

ニートで何をすればいいのかわからない時には「ハロワに行く」のもいいでしょう。

 

ハローワークに行っても、あなた好みの仕事があるかどうかはわかりません。

ただ、当り前ですが求人内容はコロコロ変わります。

 

たまたま行った時に「めちゃくちゃ条件がいい仕事」が掲載されているかもしれません。

 

 

ここ数年の日本の労働市場では、人手不足感が強いため、即採用もあるかもしれません。

仕事を仕事を開始することで、「何もしないより、意外と楽しい」と思う事が出来るかもしれないでしょう。

 

行動して「行ってみる」だけでもおすすめです。

緊張して行動するから、世界は変わりやすくなるのです。

 

対処法③絶対に夜は寝る

ニートで何をすればいいかわからない時には、「夜は絶対に寝て」下さい。

 

ニートになってしまうと、毎日やることもなくぼーっと過ごすので、昼夜逆転の生活になってしまいがちです。

 

昼夜逆転の生活になると、脳の中のアップデートが正しく行われません。

 

グロースホルモンも適切に分泌されないので、ニートからバージョンアップすることが出来ません。

 

逆に夜12時までに寝て、朝6時か7時に起きる生活をしていると、どんどんやってみたいことが見えてくるはずです。

 

嫌な記憶も消えて、いい記憶だけが長期保存されるようになるのです。

夜寝るのは、ニートにとって必須でしょう。

 

対処法④朝から散歩してみる

ニートで何をすればいいかわからない時には、「朝から散歩してみる」のがおすすめです。

 

朝から散歩をすると、脳内からセロトニンが出て、1日中幸せを感じやすくなります。

 

幸せを感じやすい脳なので、日常の「いいこと」に気が付きやすくなって、どんどんいいことが起こっているような気になれます。

 

 

セロトニンが出て、ワクワクすると内なる波動もグッと高まるので、「いい出会い」「運がいいこと」もじわじわと起こってくるでしょう。

 

 

たった15分でも構いません。朝の散歩を習慣化してみましょう。

ちなみに、朝出たセロトニンは、夜になると「睡眠ホルモンメラトニン」に変わります。

 

そして、夜になるとぐっすり眠りやすくなるのです。

 

対処法⑤日記やブログを書いてみる

ニートで何をすればいいのかわからない時には「日記やブログを書いてみる」のも効果的です。

 

愚痴の日記ではなく、、

 

「今日起こった良いことを頑張って思い出す日記」

 

にしましょう。

 

日記やブログにまとめることで、自分の人生を冷静に客観的に見られるようになります。

 

客観的に見られると、自分が今から「何をしたいのか?」を発見しやすいのです。

ニートの方には、日記やブログがイチオシです。

 

僕も仕事を辞めた後に、猛烈にブログを書いて、今に至っています。

 

 

ニートで何をすればいいのかわからない時の注意点


ニートで何をすればいいのかわからない時には、いくつかの注意点があります。

 

2点ほど挙げてみたので、見ていきましょう。

 

・物事を「白」と「黒」で分けない

 

・悪口、愚痴をなるべく言わない

 

こちらの2点です。

ちょっとだけ、深掘り解説しておきます。

 

注意点①物事を「白」と「黒」で分けない

もしあなたが、何をすればいいのかわからない時は、、

 

「100点じゃないとダメ」

 

という思考をやめてください。

 

世の中の90%以上の物事は「グレー」です。

白か黒で分けようとするから、あなたは自分が苦しくなって、行動できないのです。

 

「今日は自分なりに頑張ったから、これでいいか」と、自分に甘々になってみましょう。

ぶっちゃけその方が、成長できます。

 

注意点②悪口、愚痴をなるべく言わない

僕は「悪口や愚痴を、出来るだけ言わないことを」おすすめします。

 

なぜなら、悪口や愚痴を言うと僕達にはこんな不快なことが起こるからです。

 

・悪口が脳の長期記憶に保存されてしまう

・内なる波動が下がる

・時間を無駄にしてしまう

・悪口を自分が言われているような気になって、悲しくなる

 

悪口や愚痴は、本当にメリットがありません。

 

むかつくことは、1回だけ思いっきり話して、終わりにしましょう。

それで時間の無駄は限りなくゼロになります。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?今回はニートで何をすればいいのかわからない時の対処法を詳しく解説してきました。

ここまで読んで下さったあなたは、間違いなく変化しやすい人です。

 

早速行動を変え、内なる波動を高め、とっても楽しい人生への一歩をスタートさせましょう。

 

【スポンサーリンク】