ちょろの癒し部屋【スピリチュアルブログ】

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日スピリチュアルブログを更新しています。

夢がないとダメなのか?夢があった方がいい理由を解説!

おはようございます。

ちょろです。

 

突然ですが、あなたには夢があるでしょうか?

 

現代の日本は長引くデフレや人口減少の影響で「夢を持ちにくい環境」でもあります。

きっとこの記事を読みに来られたあなたも、夢が中々持てなくて苦しんでいるのかもしれません。

 

そこで今回は「夢がないとダメなのか?」という理由や、夢を持つことのメリットなどを解説していきます。

 

記事を最後まで読んで頂くことで、あなたも夢を持てるようになってくるはずです。

すぐに変われなくても、段々とあなたの人生は変化してくるでしょう。

 

では、早速記事内容を確認していきます。

 

夢を持つのはおすすめです!

結論から言ってしまいますと、夢を持つことはおすすめです。

 

理由は、次項で詳しく解説しますが、夢があると「あなたの人生が勝手に変わりやすいから」です。

 

人は何とかして自分の人生を変え、より豊かな暮らしが出来るように頑張っています。

誰もが今よりも幸せになりたいのです。

 

そしてその幸せな気分を体験させてもらうのに、必要なのが「夢」です。

 

もし、あなたが「夢がない」と思っているのであれば、何でもいいので、夢を持てるように自分を変えていきましょう。

 

 

夢を設定するにあたって、「どうして夢がないとダメなのか?」というより具体的な理由を、次項でまとめてみました。

 

夢がないとダメな理由とは?

どうして夢がないとダメなのか?

 

その具体的な理由は、以下の4点です。

 

・夢があるから現実が変わる

 

・夢があるから苦しめる

 

・夢があるから体験ができる

 

・夢があるから豊かになれる

 

 

これらの理由が挙げられます。

ちなみに、僕も「常に夢をアップデートし続けて」生きています。

 

夢があったので、実際にサラリーマンを退職し、ライターやブロガーの収益で暮らすことが出来ているのです。

 

では、夢があった方がいい理由を深掘り解説していきましょう。

 

 

理由①夢があるから現実が変わる

夢がないとダメな理由1つ目は「夢があるから現実が変わる」です。

 

人間は「夢」という目標を定めているので、どこに向かって進むのかが明確になります。

 

僕達人間がどこに進むのかを決めているのは、内なる「潜在意識」です。

確かに、普段意識できる「顕在意識」でも物事は決めていますが、顕在意識の力は全ての意識の中の「3%程度」だとされています。

 

残りの97%は潜在意識が決めているのです。

 

潜在意識とは別の言い方をすると「無意識」なので、知らない間にあなたの行動は無意識に決まっています。

 

つまるところ、きちんと夢を持っているだけで、あなたの体や脳は勝手に夢の方に歩いて行ってくれるということ。

 

夢を持つって素晴らしいですね。

 

理由②夢があるから苦しめる

夢がないとダメな理由の2つ目は「夢があるから苦しめる」です。

 

生き物としてこの世界に存在するのであれば、誰もが「苦しくない生き方」をしたいです。

 

なので「夢を持ったら苦しいの?嫌だなあ」と今あなたは思われたでしょう。

 

しかし、実は潜在意識が大きく変化する時には、「苦しみのエネルギー」が必要なのです。

 

 

振り子って、右側に大きく振れた分だけ左側に同じように振れますよね?

 

それと同じで、大きく苦しいパワーを感じた分だけ、逆側にワクワクパワーを発せられるのが、僕達人間の潜在意識。

 

苦しめば苦しんだだけ、次にやってくるワクワクのパワーは大きなものになります。

長雨の後の晴れの日は気持ちいい。そんなところですね。

 

理由③夢があるから体験ができる

夢がないとダメな理由の3つ目は「夢があるから体験できる」です。

 

僕は人生をより幸せなものにするのに「体験」が必要だと思っています。

体験するから感じられる世界が広がって、新しいチャンスに繋がる。

 

体験をしなければ、狭い世界で生き続けなければいけません。

 

 

夢が無くても様々な体験は出来ますが、「新しい体験」は起こりにくいでしょう。

夢があると、人は知らない間に、新しい場所に行きます。

 

そこで挑戦を行うのです。

新しい体験をすることで、幸せになるチャンスに気が付けるでしょう。

 

夢を持って体験をしてみませんか?

 

理由④夢があるから豊かになれる

夢がないとダメな理由の4つ目は「夢があるから豊かになれる」です。

 

基本的に人は「豊かで幸せな人生を過ごしたい」という内容の夢を持ちます。

 

いきなり「不幸せで貧乏な人生になりたい」と夢を描く人は少ないはずです。

 

 

つまり、夢を持って行動を起こすから、あなたは自然と豊かな人生を歩みやすくなるのです。

 

前述した通り僕達の体や脳は、無意識的に「夢に向かって」歩き始めています。

夢を設定した時点で、その夢に向かっているのです。

 

つまり「どんどんあなたは豊かになれるように」なっています。

夢をきちんと設定してみましょう。

 

夢があるデメリットとは?

実は、夢を持ってしまうといくつかの「デメリット」があります。

 

一応、デメリットとメリットを理解した上で、夢の設定を行いましょう。

主なデメリットからご紹介していきます。

 

・叶わなくて辛い時もある

 

・バカにされることもある

 

 

それぞれの項目について、深掘り解説しておきましょう。

 

デメリット①叶わなくて辛い時もある

夢を持ってしまうデメリットの1つ目は「叶わなくて辛い時もある」です。

 

夢を設定すると、確かに夢の方向に勝手に進んでいきます。

 

しかし、その進む方向が「自分のイメージした方向とは全然違う方」に進むこともあるのです。

 

なぜなら「潜在意識がそっちの方向に進んだ方がいい」と思ったから。

 

 

夢を設定したから、全てが思い通りになるわけではありません。

辛い思いを経験することもあるでしょう。

 

デメリット②バカにされることもある

夢を持ってしまうと「バカにされること」もあるでしょう。

 

・「お前、バカじゃねーの?できるわけねーじゃん」

・「いっつもお前は実現不可能なことしかいわねーよな」

 

 

などなど、とにかくバカにされます。

 

僕もサラリーマンを辞めて、自由の身になる時には、かなり周りから反対されました。

信じてくれたのは妻だけです。

 

ハッキリ言って、世の中の99%くらいの人は夢を持つ人をバカにします。

 

夢を持つときは、そのことを考慮して持ちましょう。

 

夢があるメリットとは?

逆に夢を持つことで、「メリットも」沢山あります。

 

主なメリットとしては、以下の2点が考えられるでしょう。

 

・ワクワクできる

 

・身も心も豊かになれる

 

 

こちらの2点です。

メリットについても、深掘りして解説しておきましょう。

 

メリット①ワクワクできる

夢を持つことで「ワクワクできる」メリットがあります。

 

どうして人は生きているのか?

 

それは「幸せになってワクワクしたいから」です。

ワクワクを感じる為に、人間はこの世界に生きています。

 

夢を持つことで、そのワクワクは簡単に手に入るでしょう。

思い通りにならないことも多いかもしれませんが、だからこそ「夢がかなった時の気持ちよさ」はひとしおです。

 

あなたも夢を持って、ワクワクを感じてみませんか?

 

メリット②身も心も豊かになれる

夢を持つことで「身も心も豊かになれる」メリットがあります。

 

夢を持つと、自然と夢の方に向かって人生が進んでいきます。

豊かさや幸せにならない夢を持つ人は、ほとんどいないはずなので、夢を持つだけで「豊かになりやすい人生」になれるでしょう。

 

 

まずは、心の豊かさが手に入り、その後「お金」などの現実面での豊かさが手に入ります。

 

 

あくまでも、心の豊かさが先なので注意するようにしてください。

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は「夢がないとダメなのか?」ということをメインテーマにして、夢を持つことの素晴らしさをご紹介してきました。

 

どんなに小さな夢でもいいので、あなたは夢を持った方が幸せになれます。

僕も夢を持つことで、今の自由な暮らしを手に入れているので、あなたも早速夢を設定してみてはいかがでしょうか?

【スポンサーリンク】