ちょろの癒し部屋【スピリチュアルブログ】

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日スピリチュアルブログを更新しています。

怒りのコントロールができないのは病気なのか?怒りの浄化方法まで解説!

おはようございます。

ちょろです。

 

あなたは「怒りやすい人」でしょうか?「怒りにくい人」でしょうか?

 

人間には「怒り」を使って自分の身を守る術があります。

怒りを正しく活用すれば、敵から身を守ることが出来るのです。

 

しかし、怒りのエネルギーを自分できちんとコントロール出来なければ、不幸な人生になってしまうこともあるでしょう。

 

そこで今回は「怒りのコントロール」について、詳しく解説していきます。

怒りのコントロールができないこと自体が、病気でもあるのでしょうか?

 

どうすれば怒りはコントロールしやすくなるのか?

スピリチュアル的な視点で、その辺りの事を解説していきましょう。

 

記事を最後まで読んで頂くことで、あなたも怒りをコントロールしやすい人に変わっていけるはずです。

 

 

怒りのコントロールができない時は病気の可能性もある

怒りの感情は、人間が自分の身を守る上で必要な感情です。

しかしきちんとコントロールできないと、日常生活に影響が出てしまうため、病気である可能性もあります。

 

例えば、以下のような病気です。

 

・ADHD

・間欠性爆発性障害

 

 

もし、自分の怒りが「異常に頻繁に起こる」のであれば、心療内科などに通って相談してみてもいいかもしれません。適切な処置を受けられるでしょう。

 

とはいえ、怒りっぽい人が全て病気というわけではなく、グレーゾーンに分類される方も多いです。

つまり、怒りやすい「短気な個性の人」だというだけの場合です。

 

こういった個性の人の場合は、スピリチュアル的な「怒りの浄化方法」を試していただくだけで、かなり改善されることも。

 

怒りの浄化方法で、簡単な方法を次項にまとめてみたので、見ていきましょう。

 

怒りのコントロールができない人におすすめの浄化方法

怒りのコントロールができない人に、おすすめの浄化方法は以下の5つの方法です。

 

・6秒間の我慢

 

・「あ!怒ってるな」と思うこと

 

・毎日瞑想をする

 

・睡眠時間を6から7時間にする

 

・朝日を浴びる習慣を持つ

 

 

では、それぞれの浄化方法を具体的に解説していきましょう。

 

方法①6秒間の我慢

怒りのコントロールができない時は「とりあえず6秒間我慢する」のがおすすめです。

 

きっと多くの人は、怒りのコントロールをする時は「長時間我慢をしないといけない」と思っています。

 

しかし、怒りは6秒間我慢するだけで、その大半が浄化されるのです。

 

 

というのも、怒りとは「ノルアドレナリンの異常分泌」で、そのノルアドレナリンの量はたった6秒で半分になるとされています。

 

つまり、怒りはたった6秒で半減するのです!

 

 

数分の我慢は難しいかもしれませんが、たった6秒間であれば出来そうな気がしますよね?

 

さらに30秒程度我慢すると、半分の半分までノルアドレナリンは減っていきます。

 

1分間怒らずに我慢出来たあなたは、間違いなく怒りを浄化しコントロールできていると言えるでしょう。

 

方法②「あ!怒ってるな」と思うこと

怒りのコントロールができない時は「あ!俺、今怒ってるな」とか「キレそうになりつつあるな」と、自分で自分の怒りに気が付くのもいいでしょう。

 

自分の感情に気が付いて客観的にその感情と向き合う事で、あなたは怒りに対して冷静に対処できるようになります。

 

また、やり始めの頃は「怒りに気が付くのは難しい」と思っていますが、何度もやっているうちに、段々と習慣化していけるようになるはずです。

 

そうやって、自分の脳を成長させ、怒りをコントロールできるようになるのが、重要なポイントですね!

 

 

僕も短気でせっかちな性格をしていますが「あ!俺、怒りそうになってるわ!」と一旦休息をとるようにしています。

 

なかなか難しい方法ではありますが、早速生活の中に取り入れてしまいましょう。

 

方法③毎日瞑想をする

怒りのコントロールができない場合は「毎日瞑想をする」のもおすすめです。

 

毎日瞑想をすると、以下のような効果が期待できます。

 

・「今」に集中しやすくなる

・幸せを感じやすい脳になる

・自律神経を整える効果がある

 

毎日5分から10分程度行う事で、怒りのコントロールを上手にしやすい人になれるでしょう。

 

自律神経のバランスも整えやすくなるので、夜にしっかり眠れるようになります。

するとさらに、怒りをコントロールしやすくなっていけるはずです。

 

僕も毎日継続していますが、昔と比べて圧倒的に怒りをコントロールできるようになってきています。

 

方法④睡眠時間を6から7時間にする

怒りのコントロールができない時には「睡眠時間の確保」が有効です。

 

睡眠時間は出来るだけ7時間は確保しましょう。

 

最低でも6時間がいいです。6時間未満の睡眠時間だと、「短時間睡眠」に分類され、睡眠負債がずっと溜まり続けてしまいます。

 

 

睡眠時間をきちんと確保することで、自律神経のバランスが整えられ、怒りを受け流しやすい人になれるでしょう。

 

さらに寝ている間に人間はネガティブな記憶をデリートする力があるので、寝るというのはかなり人を幸せにしてくれる行動です。

 

方法⑤朝日を浴びる習慣を持つ

怒りのコントロールができない時は「朝日を毎日浴びて」みましょう。

 

朝日を毎日浴びることで、生活のリズムを整えられるようになります。

 

朝日を浴びることで、幸せホルモンセロトニンが出て、夜になるとメラトニンに変わるので、睡眠の質が向上しやすくなります!

 

 

 

また、朝日を毎朝数分間浴びることで、しっかりと脳を覚醒させられますから、夜になると勝手に眠りやすくなるのです。

 

 

しっかり眠れるから、脳のアップデートが毎日適切に繰り返され、「イライラの原因」をしっかりと消してくれますね。

 

怒りのコントロールができるメリットとは?

怒りがきちんとコントロールできるようになると、どんなメリットがあるのか?

2点ほど挙げてみました。

 

・波動の高い人と出会える

 

・収入がアップしやすい

 

 

怒りのコントロールができるようになると、こんなに良いことばかり起こるのです。

 

では、それぞれの項目を深掘り解説しておきましょう。

 

①波動の高い人と出会える

怒りのコントロールができるようになると「波動の高い魅力的な人」と出会えるようになります。

 

波動の高い人は、心を落ち着かせる能力の達人。

 

なので、怒りのコントロールができるようになったあなたも、内なる波動が高まるので、波動の高い「魅力的な人」と同じ世界に行けます。

 

 

つまり、怒りのコントロールができるだけで、あなたの周りには多くの「波動が高い人」がやってくるのです。

 

僕も自分の怒りコントロールを身に着けた時から、会社経営者などの「波動が高い人」と接点が増えてきた過去があります。

 

②収入がアップしやすい

怒りのコントロールができるメリットの2つ目は「収入がアップしやすいこと」です。

 

会社の中で役職を得ていくと、当り前ですが収入は上がります。

 

しかし、上司になるという事は多くの部下を持つということ。

部下がきちんと自分のサポートをしてくれなければ、仕事がスムーズに進みません。

 

 

ということで、怒りをきちんとコントロールすると、部下からも慕われるので多くの仕事が処理できるようになり、収入のアップに繋がります。

 

頭ごなしに怒って指導をしないので、部下からの信頼も厚いです。

 

収入のアップを狙うのであれば、怒りのコントロールは絶対ですね!

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は「怒りのコントロールができないのは病気なのか?」ということを中心に、怒りのコントロールについて、詳しく解説してきました。

 

ここまで読んで頂いたあなたは、間違いなく怒りをきちんとコントロールして幸せな人生を送れるようになるでしょう。

 

早速行動を変えて、幸せを手に入れていきましょう。

【スポンサーリンク】