ちょろの癒し部屋【スピリチュアルブログ】

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日スピリチュアルブログを更新しています。

自分らしく生きるとはどういうことか?を解説【スピリチュアル視点】

おはようございます。

ちょろです。

 

突然ですがあなたは「自分らしく生きること」を実践できていますか?

人間にとって、自分らしく生きるというのはとても重要なことです。

 

恐らくあなたは、自分らしく生きるのってどういうことなんだ?と思われて、この記事をタップされたのだと思います。

 

そこで今回は、スピリチュアル的に見て自分らしく生きるとはどういうことなのか?を徹底解説します。

 

 

記事を最後まで読んで、行動を変化させてもらうだけで、あなたも自分らしく生きることが可能です。

早速記事を進めていきましょう。

 

人生は一度だけなので自分らしく生きた方がいい

僕は、サラリーマンを2018年に辞め、突然フリーランスになりました。

ハッキリ言って、かなり大それた決断でしたが、今でも無事に生きられています。

 

サラリーマンを辞めたことで、自分らしく生きることを実践できていると思っています。

 

 

人生は一度きりです。

さらにいうと、今日という1日は「一生で会えない1日」になります。

 

つまり、今日やりたいことを「諦めたら」死ぬまであなたは後悔しなければいけません。

 

有難いことに、あなたはスマホを片手にこの記事をタップし、「自分らしく生きること」を今まさに学んで下さっています。

 

この記事に出会えたという事は、あなたが今日を無駄にせずに済むということです。

 

 

記事を最後まで読んで、サッとブラウザを閉じ、すぐにでも「自分らしく」生きてみましょう。

今を無駄にしないことが、自分らしく生きる秘訣です。

 

でも、もっと具体的に「自分らしく生きるとは?」ということを、次項でまとめてみたので、かみ砕いてみていきましょう。

 

自分らしく生きるとはどういうことか?

スピリチュアル的に見て、自分らしく生きるとは以下のようなことです。

 

・自分で決めること

 

・ワクワクを優先すること

 

・脳を最良の状態にすること

 

・孤独でないこと

 

 

それぞれの項目について、詳しく解説していきます。

 

①自分で決めること

自分らしく生きるとはどういうことか?の答え1つ目は「自分で決めること」です。

 

人間は本来、全ての事を自分で決められる生き物です。

 

 

しかし、現代社会は沢山の人が一緒に暮らしていて、それぞれに助け合って生きているので、自分で決めるのを「ずっと我慢している人」も沢山います。

 

僕もサラリーマンの時は、仕事を辞めたくなかったので、かなり我慢していました。

 

でも、サラリーマンをいきなり辞め、フリーランスになってしまうと、全てのことを自分で決めなければいけません。

 

 

相当なプレッシャーですが、逆に「自分らしさ」を感じられています。

 

・収入のあて(仕事を探す)

・1日のスケジュール

・経費計算

・売上金の回収確認

・健康管理の為の自己管理

 

こんな感じで、全ての物事を自分で決めています。サラリーマンでも「部分的に自分で決めること」は可能です。

 

自分で決めてみませんか?

 

②ワクワクを優先すること

自分らしく生きるとはどういうことか?の答え2つ目は「ワクワクを優先すること」です。

 

自分で物事を決める最大の基準は、それがワクワクするかどうか?で決めましょう。

 

 

僕はいつもワクワクを軸に全てを決めていますが、かなり自分らしいと感じています。

 

ワクワクを基準に物事を決めると脳からはドーパミンが沢山出て、結果として「最良のパフォーマンス」を維持できます。

 

ちょっと難しそうだけど、「チャレンジしてみるか!」を合言葉に今日を過ごしましょう。

 

③脳を最良の状態にすること

自分らしく生きるとはどういうことか?の答え3つ目は「脳を最良の状態にすること」です。

 

脳を最良の状態にすると、覚醒時のパフォーマンスが上がるので、短時間で色んなことを処理できるようになります。

 

 

つまり、仕事も、嫌なことも、苦手なことも、家事も、全ての事を「ギュッと短縮」出来るのです。

 

 

もちろん好きなことをやる時には、脳の状態がいいとパフォーマンスも高まります。

好きなことを、もっと好きになりやすいのです。

 

僕も、毎日瞑想したり睡眠時間を確保するなどして、脳を最良の状態に維持していますが、マジ最高ですね。

 

脳のパフォーマンスを意識して生きられていますか?

 

④孤独でないこと

自分らしく生きるとはどういうことか?の答え4つ目は「孤独でないこと」です。

 

人は孤独になると正常な人と比べて3倍近くも死亡率が高まるそうです。

だから、誰か大切な人は作るのがおすすめ。

 

仕事の仲間、趣味の仲間、旅行に行って知合う人、近所のおばちゃん、誰でもいいので誰かと関わるようにしましょう。

 

 

僕は結婚して妻がいるので、全然孤独を感じていません。

さらに、こうして今ブログを読んで下さっているあなたとも、繋がりを感じられています。

 

 

孤独になってしまうと、自分らしく生きるどころか、生きていても楽しくないと感じてしまいます。

SNSのコミュニティなどを利用するなどして、孤独にならない工夫をしてみてください。

 

自分らしく生きる為にすること

では、自分らしく生きるためにはどんなことをすればいいのでしょうか?

おすすめの方法を、いくつかピックアップしてみました。

 

・毎日の瞑想

 

・失敗してもいいので行動する

 

・人の意見を聞いて自分で決める

 

 

それぞれ、深掘り解説していきますね。

 

方法①毎日の瞑想

自分らしく生きたいのであれば「毎日瞑想」を行いましょう。

 

5分から15分程度でいいので、息を思いっきりおへその辺りまで吸って、20秒かけてゆっくり吐く、瞑想を行うのです。

 

冷たい床に座禅を組んでやってみてください。

 

瞑想を行うだけで、僕達の脳は幸せを感じやすい脳になってくれます。

 

 

幸せを感じやすいので、チャンスにも気が付けるようになり、ワクワクを優先しやすい人になれます。

 

タダで出来るので、かなりおすすめです。

 

方法②失敗してもいいので行動する

自分らしく生きたいのであれば「失敗してもいいので行動すること」がおすすめです。

 

前述した通り、僕はサラリーマンを辞め、今の生活を継続していますが、後悔はしていません。

 

 

かなり思い切った行動ですが、、まず「行動したこと」で人生はガラッと変わり始めています。

 

もちろん、収入も安定してきました。

 

あなたに「仕事を辞めること」はおすすめしませんが、失敗してもいいので「何かにチャレンジする」のはとてもおすすめです。

 

 

サラリーマンとして生きていくとしても、転職先を探すなど、「小さな行動」を起こしてみてはいかがでしょうか?

 

方法③人の意見を聞いて自分で決める

自分らしく生きたいのであれば「人の意見を聞いてから、自分で決め続ける」のも重要です。

 

自分だけで勝手に決めてしまうと、周囲から反発され「孤独」になってしまいがちです。

 

 

でも人の意見をきちんと聞いて、あなたなりにみんなに提案できたのであれば、それが「自分で決めたこと」に繋がります。

 

また、自分で完全に決められることでも、誰かのアドバイスをもらうと、新しいチャンスに気が付くきっかけになります。

 

 

そして思い切って自分で決めることで、あなたの心は「真の豊かさ」を感じて、自分らしくなれるでしょう。

 

豊かさとは「お金」だけではありません。心の豊かさも大切なのです。

 

それが、人の意見を聞いて自分で決めることで可能です。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は、自分らしく生きるとはどういうことか?というテーマを、スピリチュアル的な視点で解説してきました。

 

ここまで読んで、実際に行動を変えたあなたはまさに「自分らしく生きることを実践している人」です。

 

もっと自分らしく生きることは可能です。僕も実体験していますが、あなたも一緒に自分らしく生きてみませんか?

【スポンサーリンク】