ちょろの癒し部屋

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日スピリチュアルブログを更新しています。

高い服はもったいないことはない【スピリチュアル的視点】

おはようございます。

ちょろです。

 

皆さんは「洋服代」に年間で、お幾らぐらい使われているでしょうか?

 

2017年の総務省の調査によれば、日本国民1人あたりが、月にかける洋服の代金は平均して、「3918円」という調査結果になっています。

 

つまり、1年間で「約48000円」です。

 

この金額を「少なすぎる」とみるか、「こんなもんじゃない?」と、見るのかは人それぞれでしょう。

 

そこで、今回は「高い服を買う事はもったいないのか?」ということについて、記事を書いていきたいと思います。

 

結論から先に書いておきます。

 

高い服を買って大切にすることはスピリチュアルパワーを動かすのでもったいなくない

 

ということになります。

高い服を買う事は「贅沢過ぎる」と思う人もいるかもしれませんが、高い服だからこその良さ、もあるわけです。

 

それでは、具体的に見ていきましょう。

 

 ファストファッションの影響で高い服はもったいないと思われている

 

f:id:choro0164:20200213072021j:plain

かつて、日本では「洋服は高価な物」でした。

 

というのも、日本の服というのは海外から見れば「高すぎる物ばかり」だったからです。

 

日本が不況になり、給与水準が下がった事も原因でしょう。

(高い服を買える人が少なくなった)

 

つまり、洋服にも「グローバル化の波」が押し寄せ、低価格で買うことの出来る「ファストファッション」が、流行っているという事になります。

 

ユニクロの創業者である、「柳井正さん」は著書の中で

 

” 香港のSPA(製造小売業)の技術の高さに衝撃を受けた ”

 

と、言われています。そのショックが「ファーストリテイリング」を産み、ファストファッションを日本中、世界中に広めていったのです。

 

日本のファッション業界はすでに、「SPA無くしては戦えない時代」になりつつあるのかもしれません。

 

つまり、「高い服は売れにくい時代」です。

 

商品をメーカーや卸から買えば、SPAよりも「原価率が高くなる」ことは、容易に想像できますよね?

そうした、洋服の低価格化は、給与所得が減っている消費者の心を掴み、日本国内では「洋服は安くて当たり前」「高い洋服はもったいない」という思考を産み出すきっかけになっています。

(ただ、高い洋服を買わないから、日本の経済が上向かないという逆説的なことも言えるのですが、、)

 

では本題。高い服は本当にもったいないのでしょうか??

 

高い服を買う事はもったいないことではない【長く着れる】

f:id:choro0164:20200213073246j:plain

僕は「高い服 = もったいない」とは思いません。

 

というのも、高い服には「高い生地」を使っています。

900円のTシャツと 2900円のTシャツ、あるいは9800円のTシャツでは、使っている生地のクオリティが違うわけです。

 

ただ、この「高い」という言葉には、明確な基準はありません。

人それぞれ、「高い」の捉え方は違います。

 

そして、「今の所得で買える金額」も様々です。

 

でも、「今着ている物より、ちょっとだけ高い服」と、考えれば、そこまで抵抗は無いのではないでしょうか??

 

もちろん、価格帯が上がれば生地のクオリティも高まります。

そうすることによって、「今の価格の服よりは長持ちする」ということが言えるでしょう。

 

これは、スピリチュアルとか関係なく、「物質的な話」です。

確かに、ユニクロの商品は「めちゃくちゃハイクオリティで、長持ち」します。

 

それでも、そのユニクロの商品よりも「いい商品」は、必ず世の中にあるのです。

その買い物をすることは「もったいないこと」ではありません。

 

高い服を買うと大切に使える【住む世界が変わる】

f:id:choro0164:20200209065259j:plain

まず、高い服を買うと「服を大切にする習慣」が身に着きます。

別に、「昨日まで900円のTシャツを着ていた人に、10000円のTシャツは勧めません。」

 

しかし、900円から「2900円」に値上げするだけでも、「服を大切にしてみようかな?」と思うことが出来るのが、人間の素晴らしさなのです。

 

しかも、「生地のクオリティも高まる」ので、さらに「もっと大切に着たい」となります。

 

ただ、「生活の中の全ての服」を、高くしろと言っているわけではなく、「たまには贅沢をして思い切って高い服を買ってみようよ」と、言っているだけです。

 

ちなみに僕は「GUの下着」「ユニクロの寝巻」「ユニクロのTシャツ」の愛用者です。

こんなに、安くてクオリティの高い商品を買わない理由はありません。

 

それでも!!それでもです!!

 

「高い服を買って、大切に着る事」は絶対に人間に必要な事だと思います。

 

というのも、ワンランク高い服を着ると、「あなたが住んでいる世界がレベルアップする」からです。

 

人は自分の物差しと、世の中の物差しを「常に比べながら」この世界を判断しています。

自分の物差しが「それなり」であれば、世界も「それなり」にしか見えません。

 

逆に「あれ?ちょっとレベル上がった?」と感じれば、あなたが存在する世界もレベルアップするのです。

 

 

だから、安い服も上手く使うけれど、「たまには高い服を買う事も大切」だと言えます。

あなた自身がどうあるのか?その価値観を「ちょっとだけ変えること」に、洋服は役立ちます。

 

高い服を買う事を決めるとスピリチュアルパワーが動く

 

f:id:choro0164:20200209073231j:plain

高い服を買う時にあなたが行う事は何でしょうか??

僕は、これだと思います。

 

・買う事を自分で決める

 

 

 そう。決める事です。

この「決める」というのは、スピリチュアル的にはとても大切なことです。

 

あなたが「どこに向かいたいのか?」を自分自身で決める瞬間だから。

どこに向かうのかが決まれば、世界はそこに向けて勝手に動き始めます。

 

いいですか?世界が先に変わるのではなく、「あなたが変わるから世界が変わる」のです。

高い服を買うと、それだけ大きなスピリチュアルパワーが動き始めます。

というよりも、「高い服を買うことを決める事」で、スピリチュアルパワーは動くのです。

 

以前、僕も洋服を売っていましたが、あるときお客様が、「10万円のジャケット」を買って下さいました。

 このお客様は、一般の会社員で、給与額も人並みだそうです。

そんな、普通の生活をされていたお客様が、「清水の舞台から飛び降りる覚悟」で、10万円のジャケットを「買おう!!」と、即決されたのです。

 

それぐらいに強い覚悟で決めることをして、人生が変わらないはずがありません。

 

ちなみに、そのお客様は「長渕剛さん」の大ファンだそうで、そのジャケットをきてライブに行かれたら、「注目の的」になって、沢山の友人が出来たと仰っていました。

 

今まで知り合えていなかった、「ワンランク上の人々」と繋がれた。

これはまさに、思い切って10万円のジャケットを買う事を、決めたから起こった事です。

 

実は、決めることで「そのお客様の見ている世界」は完全に変わったわけです。

僕も、そのお客様の事を「男らしい」と羨望のまなざしで、見るようになりました。

 

いいですか、「普段は安い服だけ」を着ても構いません。

しかし、ちょっと頑張って、たまには「高い服を買う」ということは、あなたにとってメリットしかないのです。

 

自分の住んでいる世界を、ちょとでもレベルアップしたいと考えるのであれば、たまには高い服を買いましょう。

それは、全くもったいないことではありません。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は「高い服を買う事は、もったいないことではない」ということを見てきました。

確かに、生活水準から離れた高い服を買う事は難しいかもしれません。

 

しかし、今よりも「ちょっとだけいい服」を買う事で、世界は段々と変わっていくかもしれませんね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

【スポンサーリンク】