ちょろの癒し部屋

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日スピリチュアルブログを更新しています。

ビッグデータのデメリットとスピリチュアルの関係

こんにちは。

ちょろです。

 

あなたは「ビッグデータ」という言葉を聞かれたことはありますか?

 

きっと、現代社会に生きていらっしゃる皆さんであれば、一度は聞かれたことがあるはずです。あるいは、普段のお仕事の中でかなりの量の「ビッグデータ」に触れられている方も多いでしょう。

 

そこで、今回はその「ビッグデータってデメリットが無いの?」という事について、記事を書いていこうと思います。

 

今回の結論はこんな感じです。

 

ビッグデータのデメリットはスピリチュアルパワーが埋めてくれる

 

そう。ビッグデータにもデメリットはあります。

つまり、AIの元となるデータも「完璧」ではありません。

 

そして、こんな時代だからこそ、「スピリチュアル的な直感」は確実に必要なのです。

では、具体的に見ていきましょう。

 

ビッグデータで現代社会は成り立ちつつある【搾取されるデータ】

f:id:choro0164:20200409220350j:plain

あなたは普段「電子マネー」「クレジット」などのキャッシュレス決済を使われますか?

 

日用品や生活必需品に使われる方もいらっしゃれば、スイカやイコカ、などの交通系のキャッシュレス決済を使われる方もおられるでしょう。

 

実はその「キャッシュレス決済」では、あなたのデータの一部が、「ビッグデータ」として企業側に搾取されているのをご存知でしょうか?

 

まあ、搾取されると言っても、「一人の人間が、どこでお金をチャージし、何時に買い物をしたり、電車に乗ったりしたのか。」という程度のデータですが、あなたの「一日の行動の一部」は盗み見られています。

 

そして、あなたのような「小さなデータ」をどんどん集めていけば、やがて膨大なビッグデータとなり、それが、企業のマーケティング活動に役立つわけです。

 

日常に、街中で見かけるような「広告」は、あなたの心に「直接的に訴えかけられやすい内容」になっているのかもしれません。

 

だって、あなたが「毎日そこを通ることがバレている」からです。

 

ビッグデータのデメリットはスピリチュアルのメリット?

f:id:choro0164:20200405074743j:plain

ビッグデータを集めていけば、かなりの人間の「習慣」がわかるので、効率的なマーケティングを行うのには便利です。

 

そして、そのビッグデータを解析して、どのようにマーケティングに生かすかを考えるのが、AIでしょう。

 

AIは、人間よりもはるかに優れた処理能力で、膨大なビッグデータを解析していきます。

あなたが今手に持って、検索を掛けている「検索ウェブブラウザ」も、AIの解析で自動的にランキングづけされているのです。

 

(僕の記事が上位に来ることを祈ってはいますが、、、)

 

しかし、この「ビッグデータ」にも実はデメリットがあります。

それは、以下のような物。

 

・いつも同じパターンの繰り返しで、イノベーションを起こしにくい

 

 

 ということです。

人間の行動というのは確かに「ほとんど同じタイミングで同じルート」を辿ります。

 

僕と似た人は、僕と似た生活様式をしていますし、あなたと似た人は、あなたと似た生活様式をしているのです。

つまりは、

 

・いっつも一緒の事を繰り返しやすいのがビッグデータのデメリット

 

 

 と言えるでしょう。

確かに今後のAIの発達で、イノベーションはどんどん起こるのかもしれませんが、イノベーションのおこしかたも「似たような物」になるのが普通。

 

人間であれば「10人いれば10通りのイノベーション」を起こせますが、AIは、そこまで突飛なことは起こりにくいと言えます。

 

そこで、僕は、ビッグデータの解析によるデメリットを埋めてくれるものが、こらからの時代には必要だと思っています。それが、、

 

・あなたや僕が5感(6感?)で感じるスピリチュアルパワー

 

 

 そう。

非科学的な物を信じられない人からすると、、「まーーた宗教的なことばっかり言ってる」と思われるでしょうが、このスピリチュアルパワーを感じる、人間らしさこそ、ビッグデータのデメリットを払しょくしてくれるのではないでしょうか?

 

そもそも、ビッグデータを活用する目的は、「人間を理解する事」です。

しかし、人間など「そんなに簡単に理解されるものではない」というのが僕の考え方です。

 

その一つに目には見えないパワーの「スピリチュアルパワー」があります。

いきなり、スピリチュアルの流れが変わって、今までとは真逆の行動をとるのが人間です。

 

それを、ビッグデータは本当に正確に読み取れるのでしょうか?

ひょっとすると、人間のスピリチュアルな変化は、AIよりも、「人間」が5感で感じ取った方が、正確なのかも?とも思うのです。

 

スピリチュアルパワーがビッグデータを変える?

 

f:id:choro0164:20200326063845j:plain

 となってくると、今度は逆の事も起こります。

 

スピリチュアル的な行動が、予期せぬことを起こし、ビッグデータの集計結果を変えてしまう事もあるでしょう。

 

AIからすれば、、「??なんだこれは、、??」と思う事も、人間はしてしまうのです。

 

確かにAIは、その先の予測をどんどん修正しながら行っていくでしょうが、人間の持つ、「精度の高い脳」には敵いません。

 

人間は、スピリチュアルパワーのような、科学では理解できないエネルギーを動かすことも出来るので、AIには「理解不能のデータ」として、伝わってしまうかもしれませんね。

 

これが、スピリチュアルのメリットです。

 

僕は、過去に「小売業」の経験が20年近くあります。

小売業では、ビッグデータを使い、在庫管理、販促、データ管理を行います。

 

確かに「効率」は上がりますが、「心に突き刺さるMD」はデータでは出来ません。

そういった観点からも、スピリチュアルは確実に「ビッグデータのデメリットを補完する」と言えるでしょう。

 

SNSに踊らされる前にスピリチュアルを使う【ビッグデータをスルー】

f:id:choro0164:20200409223250j:plain

そして、最後に「SNS」です。

 

SNSはソーシャルネットワークサービスの略。

スマホを持っているひとなら、誰でもが使っているものでしょう。

 

このSNSにも、おびただしいほどの情報が流れています。

これも見方を変えると一つの「ビッグデータ」になります。

 

しかし、先のウイルスパニックで、世の中を混乱させた一つの要因がSNSの投稿でした。

 

確かにSNSでコミュニケーションを取ったり、情報を拡散させることは便利ですが、どこまでSNSを信頼するのかは、人それぞれ。

 

僕は、こんな膨大な情報を得られる時代だからこそ、この「SNSをスルーすること」も必要な場合があると思っています。

 

(僕の記事が読まれなくなるのは悲しいですが、、)

 

SNSの情報を得て、あなたが実際に「どうやって行動するのか?」を決めるには、スピリチュアルパワーをフル活用する事がおすすめです。

 

スピリチュアルを使うというのは、人間が元々持つ「5感」の「直感」を使って、色々なことを決めるという事です。

 

僕の前職の「小売業」でも、お客様が買い物をする時に最終的にどうやって判断するのか?それは、、、

 

・何となくの直感

 

 これです。

「今日は気分がいいから買っちゃおう!!」とか

「今日は気分が乗らないからやめとこう、、」とか、

人間はそういった直感でお金の使い方を判断します。

 

SNSに流れる情報を元に、5感で色々感じて、最終的にスピリチュアル的な部分で全ての物事を判断して行動しているのが、人間なのです。

 

だから、SNSばかりに踊らされるよりも、スピリチュアルパワーに踊らされた方が確実に幸せになれます!!

 

というように、ビッグデータは確かに便利で欠かせない物ですが、僕達人間のスピリチュアルパワーも絶対にこれからの時代には必要でしょう。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回はビッグデータのデメリットと、スピリチュアルの補完関係を見てきました。

 

あなたにも間違いなくスピリチュアルパワーを動かす能力は備わっています。

なんなら、「毎日動かしています」

 

 今日からちょっとだけでも、直感に頼った人生を歩んでみませんか?

 

【スポンサーリンク】