ちょろの癒し部屋【スピリチュアルブログ】

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日スピリチュアルブログを更新しています。

右肩が痛い時のスピリチュアル的意味と対処方法

おはようございます。

ちょろです。

 

あなたは「最近何だか右肩が痛いな、、」ということがありませんか?

 

人間として肉体を持ち、この世界に生きているのであれば、誰もが感じてしまう可能性がある事です。

 

そこで今回は、「右肩がなぜか痛い」という場合に、スピリチュアル的にはどんな意味があるのか?というテーマで記事を進めていきます。

 

この記事を読んで、右肩が痛い時のスピリチュアル的対処方法を学びましょう。

 

肩の傷みはエネルギーが滞っている

f:id:choro0164:20210419064617j:plain

肩に痛みが出る時は、スピリチュアル的には「エネルギーが滞っているサイン」だと言われています。

 

肩が痛くなる時は、血液の流れが滞っている時。

全身の血液の流れはエネルギーの流れと考えてもいいので、肩に痛みが出る時はエネルギーが滞っていると考えましょう。

 

あとは、よく「霊が取り憑いているから」という人もいますが、これに関しては僕は否定的です。

 

霊の存在は科学的によく分かっていません。

霊の仕業で全てを片付けてしまうと、全ての物事を「霊の仕業」にしてしまいたくなるため、肩が痛くても例の仕業だとすぐに決めつけることはやめましょう。

 

では特に、右肩が痛い時にはどんな理由があるのでしょうか?次項でまとめてみました。

 

右肩が痛い時のスピリチュアル的意味とは?

f:id:choro0164:20210419065130j:plain

僕が考える、右肩が痛い時のスピリチュアル的意味とは、以下の3点です。

 

・男女間でのトラブル

 

・無理をしている

 

・運動不足

 

 

こちらになります。

それでは、一つずつの意味をさらに深掘り解説していきましょう。

 

右肩が痛い時のスピリチュアル的意味①男女間でのトラブル

スピリチュアル的に右肩は「異性の事」を表していると言われています。

 

特に「女性」を表しているという声もありますが、ここでは「異性」と定義して構わないでしょう。

 

右肩の血液の流れが滞ってしまい、エネルギーがうまく循環していないのであれば、あなたに何らかの男女間でのトラブルが発生している可能性が高いです。

 

ここ数日で、異性と喧嘩をしたり、異性から恨まれるようなことをしていませんか?

誰かの陰口を言ってしまったり、異性に冷たくしてしまったことはないでしょうか?

 

もし、心当たりがあるのであれば、早速「素直に謝る」「きちんと話し合う」などの行為で、男女間のトラブルを解消してみてください。

 

一気に右肩の傷みが無くなるはずです。

 

右肩が痛い時のスピリチュアル的意味②無理をしている

右肩が痛いと感じる方は「無理をしている可能性」が高いです。

 

日本人の右利き率はなんと世界でナンバーワンの94.5%。

世界規模で見ても87.6%の人が右利きだと言われています。

 

右利きの人は、基本的に利き手で多くの事を処理してしまうため、いつもよりも過剰にエネルギーを使って肉体を酷使してしまうと、すぐに体に不具合が出てしまいます。

 

不具合は神経を伝って脳に送られ、右肩に痛みを感じてしまう結果になるのです。

 

ひょっとして、今までやったこともない仕事、辛い仕事、などを「普段より無理をして」頑張っていませんか?

 

その頑張りが、あなたの右肩にエネルギーの滞りとして現れている可能性は高いでしょう。

 

早速生活を見直してみるのがおすすめです。

 

右肩が痛い時のスピリチュアル的意味③運動不足

右肩が痛い時には単純に「運動不足」の時もあります。

 

人は「イメージ」「行動」「休息」の3つの要素で現実をどんどん変えていく生き物です。

 

特にスピリチュアル界隈では「イメージすれば全ては叶う」などと言われ、イメージをすることに重きを置きがち。

 

でも僕は「行動」が無ければ、イメージが現実になることはないと考えています。

 

つまり、「イメージは十分だけど、行動が足りないな」という場合にも右肩が痛くなってしまうのです。

 

ご存知のように、血液の流れは軽いストレッチや軽い運動を行う事で活性化されます。

イメージばかりを先行させて、全く運動をしないのではなく、必ず「イメージ+行動」をセットで行うようにしてみましょう。

 

僕も毎日軽めのウォーキングを継続していますが、行動を起こすだけで体中のパワーが循環し、前向きな気分を味わう事が出来ます。

 

無理に前向きになろうとせずとも「行動」を起こすだけで、人は前向きになりやすいのです。

 

右肩が痛い時のスピリチュアル的対処方法はこちら!

f:id:choro0164:20210419071543j:plain

それではここで、右肩が痛い時にはどんな方法で対処をすればいいのか?

 

具体的な方法をご紹介していきます。方法としては以下の2つです。

 

・自分らしく生きる

 

・瞑想してみる

 

 

それぞれの項目を詳しく解説しましょう。

 

右肩が痛い時の対処方法①自分らしく生きる

右肩が痛い時のあなたは「自分のペースを忘れて無理をしている状態」です。

 

人は常に「自分」と「自分以外」の差を感じて、その中でうまくバランスを取りながら存在しています。

 

自分のペースで生きると「宇宙や地球と同じペース」で生きられるため、エネルギーの流れが滞ることはあまりないのですが、自分以外の人のペースで生きると、凄く頑張って無理をし過ぎてしまうために、エネルギーの滞りが起こりやすくなります。

 

右肩が痛い場合、まずは「無理をせずに自分のペースでやること」を徹底してみましょう。

 

自分のペースで継続することで、過度な負担があなたの体にかかることが無くなり、右肩の傷みも段々和らいでくるはずです。

 

右肩が痛い時の対処方法②瞑想してみる

右肩が痛い時、あなたは沢山考えすぎて「もっともっと」と求めすぎている可能性が高いです。

 

「今の自分ではダメで、もっと幸せになりたい!」と考えすぎています。

 

イメージを持って、そこにたどり着く為に自分のペースで行動することはいいことですが、行き過ぎてしまうと体に負担がかかることになり、右肩にその傷みが発生することがあるのです。

 

そこでおすすめなのは「瞑想を取り入れること」。

 

1日10分程度でいいので、瞑想を行ってみましょう。

自分の吐く息に意識を集中させ、頭の中を空にします。

 

お腹の下まで空気を吸い込み、細い糸のように息をゆっくり吐く。

これを10分程度毎日続けると、あなたは「今が幸せなんだ」と感じやすくなるでしょう。

 

無理をしている体も、無理をしなくなるため、徐々に右肩の傷みも和らいでくるはずです。

 

 

というように、2通りの対処方法をご紹介しましたが、この2つの方法は万能薬ではありません。もし、肩の傷みが長引くようであれば、整形外科を受診されることがおすすめです。ここではあくまでも「スピリチュアル的な概念」から対処方法をまとめておきます。

 

右肩が痛い時には「休む」という選択肢を選ぼう

f:id:choro0164:20210419075429j:plain

右肩が痛いと言っているあなたは、かなりの頑張り屋さんなのかもしれません。

 

前述した通り、自分のペースを無理して行動していたり、もっと理想の自分に近づきたいと、休みも取らずに頑張っている可能性は高いでしょう。

 

そんなあなたに足りていないのは「休む」という選択肢です。

 

今のあなたが休んでも誰もあなたのことは責めません。

堂々と休みを取って「リラックス」してみてください。

 

「イメージ」して「行動」して「リラックス」をすると、あなたの潜在意識はババババっと変わり、一気に現実が変わっていく可能性は高いです。

 

しっかり休んで体力が回復してから再度行動することで、もっと上位の自分になれるかもしれません。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は、スピリチュアル的に見る右肩が痛い時の理由と、その対処方法について詳しく解説してきました。

 

右肩が痛いと感じているあなたも、この記事を読んで実行することで、その痛みから解放されるはずです。早速行動に移してみてください。

【スポンサーリンク】