ちょろの癒し部屋

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日スピリチュアルブログを更新しています。

氷河期世代は本当に悲惨で不幸せなのか?【スピリチュアル的視点】

おはようございます。

ちょろです。

 

バブル崩壊以後、不況が続く日本社会。

その、不況な日本を生き抜いてきた「ロスジェネ世代」とも呼ばれる、「就職氷河期世代」。

 

世の中では、「氷河期世代は悲惨で、不幸だわ」と、当たり前の様に言われます。

でも、それって本当でしょうか?

 

今回のテーマは「氷河期世代」です。

 

結論から先に書いていきますと、

 

え??別に今、生きてるんだから悲惨でも不幸でもなくね??

 

ということです。

実は、僕は「ど真ん中の氷河期世代」です。

 

僕は、高卒ですが、就職先を探すのに、かなり苦労しました。

挙句の果てに、超ブラック企業に入社し、クソみたいなサラリーマン生活を送ってきました。でも、

 

「それって、みんな一緒でしょ?」

 

と思うのです。

今回は、その辺りを具体的に、「スピリチュアル的視点」で見ていきたいと思います。

 

 東京都が悲惨な氷河期世代に7億円の予算割り当て実施

 

f:id:choro0164:20200123074117j:plain

就職氷河期世代というのは、本当に悲惨な時代を生きてきました。

 

僕は、ど真ん中の氷河期世代ですが、「景気がいい日本」を見たことがありません。

いつも世の中には、「暗いニュースと、死んだ目をした人ばかり」です。

 

仕事も「非正規雇用」の仕事を繰り返す方々ばかり。

さらには、仕事も無く「ひきこもり」の状態で、外出すら出来ない人も多くいると聞きます。

 そんな世界の中で生きてきた氷河期世代は、確かに不幸で悲惨でしょう。

 

例えば、僕の例ですが、高校を卒業して就職先を探すと 「選べるだけの求人がない」というのが、普通でした。

 1人に1社~2社程度の求人があればいい方。選ぶことなど殆ど出来ない時代でした。

 

そんな、「就職氷河期世代」の為に、東京都はこのほど「7億円の予算を計上」し、氷河期世代の正社員雇用化に向けた取り組みを、実施するそうです。

 

・派遣雇用先への1か月間の派遣を支援

 

・正社員と採用しやすいように、助成金を企業に出す

 

・都内の教員の採用人数を増やす

 

 

 

こういった感じの、7億円の使い方になります。

先行きも見えず、「正社員にすらなったことのない氷河期世代」にとっては、かなりの朗報かもしれません。

 

僕も実体験したので、本当に苦しいんです。どんなに頑張っても、「企業は認めてくれない」し、「認めてくれやすいのはブラック企業ばかり」です。

真っ暗な、氷河期世代だと言えます。

 

「今更の支援なんて遅い!!」と言われる方も、多いかもしれませんね。

 

氷河期世代でも今死んでいないなら悲惨でも不幸でもない

f:id:choro0164:20190807075109j:plain

でも、氷河期世代でも、「今、生きていますよね?」

それって、この上ない「幸せ」ではないでしょうか??

 

「氷河期世代だから、就職先も無くて、しょうがなくひきこもり生活をしてるんだ」

と、言われる方がいたとします。

 

それって、本当でしょうか?

 

2020年の今、日本は空前の人手不足に陥っています。

さらには、この先も「人手不足状態」は続いていくでしょう。

 

つまり、「仕事なんていくらでもあるから困るわけないじゃん!」

というのが、正しい見方でしょう。

 

ちなみに、僕も運よく正社員に採用され、30代後半まで生きていきました。

もちろん、「裕福ではないにせよ、結婚生活」もしています。

 

それでも、僕はもっともっと稼ぎたくて「努力」するのです。

仕事がこんなに沢山ある今、「働けない」というのは「言い訳」にしか過ぎません。

 

本当は「働きたくない」だけでしょう。

僕も、サラリーマンがあまりにブラック過ぎて辞めました。

 

でも、フリーランスになるまでに「多くの努力」は、してきたつもりです。

世界中には、もっともっと努力をして稼いでいる人はいっぱいいます。

 

もし、「ひきこもりで働けない」と言われる方がいらっしゃったら、それは間違い。

「ただ、働きたくない」だけでしょう。

 

氷河期世代でも最低限度の生活は保障されるから【今生きてるのは幸せ】

f:id:choro0164:20200123080451j:plain

あなたは今、「日本国」に生きています。

 

日本国では憲法で、「最低限度の生活」が保障されています。

もちろん、本当に最低限度なので、「何の資産を持つことも許されない」けど、衣食住だけは、確保できる生活です。

 

それでも、あなたは「今すぐ死ぬこと」はありません。

 

約80年前、日本は「戦争の時代」でした。

若者は「もっと長生きしたい」「妻と別れたくない」「子供を残して死にたくない」

のにも関わらず、「片道分の燃料しかない戦闘機に乗せられ、敵の戦闘機めがけて突っ込んでいきながら、一生を終える時代」がありました。

 

特攻部隊で、「国の為に自分の人生を捧げる生き方」です。

 

氷河期世代で、不幸で悲惨だ、という人はその「特攻部隊の方々」より、不幸でしょうか?

もし、彼ら涙を流しながら、あなたの前に現れた時「どうやって応じますか?」

 

僕も、「不幸の氷河期世代」ですが、戦争中に若くして亡くなられた方々から比べれば、めちゃくちゃ幸せです。

 

「人というのは欲張りな生き物」で、常に自分と何かを比較しながら生きています。

どうして、「働きたくない」と思うのか、それは、「働いて簡単に稼いでいる人と自分を比べて、惨めになっているから」だけでしょう。

 

ハッキリ言います。

 

この世に簡単に楽して稼いでいる人などいません

 

今は「楽そうに稼いでいる」風に見えますが、間違いなくその人は「過去のどこかの時点」で、努力や苦労を経験しています。

 

どうして、あなたが「氷河期世代で悲惨で悲しい思い」をするのかは、あなたが「努力」しないからでしょう。

 

今が幸せなのに、もっともっと幸せを求め続けるからです。

 

今生きてるだけで、いいじゃん!!と僕は思います。

 

スピリチュアルパワーを動かそうと行動しているか?

f:id:choro0164:20190717065829j:plain

人が行動をすると、「スピリチュアルパワー」が動きます。

どんな人が行動しても一緒です。

スピリチュアルパワーは間違いなく動きまくるでしょう。

 

「氷河期世代で悲惨で不幸せ」と感じる方は、本当に「行動」しているでしょうか?

 

僕も、若いころは「お前なんて何の役にも立たねーじゃん」と言われながら、仕事をした経験があります。

ハッキリ言って、「ぶちぎれ」ました。でも、生きるためには「その仕事」をこなすしかなかったので、頑張りました。

 

それぐらい、「みんな過酷な時代の中を」頑張って生きてきているのです。

その行動で、「多くのスピリチュアルパワー」を動かし、世界を変え続けているのです。

 

「氷河期世代だから仕方がない、、」という、言い訳をして行動をしない理由にするのは、とても簡単でしょう。

 

でも、スピリチュアル的には「いいイメージ」と「行動」を起こさなければ、一生あなたに「幸せな人生」は、やってきません。

 

逆に、「いつでも幸せな人生」は手に入るのに、その現実から「目を背けているのはあなた」だと言えるのではないでしょうか?

 

僕は、「常に理想の人生」をイメージしながら「毎日がむしゃらな行動」を起こしています。時間の無駄もしていません。

 

そして、僕は今「生きています」。

戦時中のように「苦しくて悲しい死に方」は味わっていません。

 

バカですが、毎日本を読んで勉強もしています。

毎日ブログも書いています。

言い訳して、行動をしないことは「僕の中ではあり得ません」。

 

行動して、スピリチュアルパワーを動かせば、間違いなくあなたの世界は変わります!!行動しましょう!!

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は、「氷河期世代は本当に悲惨で不幸せなの?」ということについて、書いてきました。

確かに、バブルや、高度経済成長期を過ごした人たちから比べれば、「不幸せ」なのかもしれませんが、好景気時代を過ごした人でも「悲惨な気持ちや、不幸な気持ち」は感じるものです。

 

それが、人間だから。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

【スポンサーリンク】