ちょろの癒し部屋

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日スピリチュアルブログを更新しています。

自分のために生きる3つの方法【スピリチュアル的視点】

おはようございます。

ちょろです。

 

あなたは自分の人生を「自分のため」に使えているでしょうか?

他人のために生きていないでしょうか?

 

今回は僕が考える、スピリチュアル的「人生を自分のために生きる方法」として、詳しく解説していきます。

 

自分のために生きられないと感じる人が多いから自殺者も増える

f:id:choro0164:20201013064727j:plain

発表があったように令和2年9月の自殺者数が「1,805人」と、前の年の同月と比較すると「143人」も増えています。(前年比108%)特に女性の自殺者が増えているそうです。

 

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、仕事がどんどん無くなっていく人が「未来を描けずに」人生を終わらせる決断をしているのでしょう。

 

しかも、お金を稼いでいくには、周りの人のペースで生きていかなければいけません。

いや、本当は「自分のペース」でもいいのに、「自分勝手に生きるな!」と教育を受けてきている日本人は、無意識的に他人のペースで生きてしまっています。

 

自分のために生きるとは、「自分のペースで生きる事」だと僕は考えます。

しかも、日本人は仕事が無くなって、収入がゼロになっても、死んでしまう事はありません。

 

きちんと、支援の窓口は設けてあります。

厚生労働省HPより引用: お金に困っている人へ、支援があります

 

もちろん、生活保護を受けることも出来ます。

お金の問題で死ぬことは無いのです。

 

そんな時こそ「自分のペースで、自分のために生きる」を実践してもらいたいと考えています。

 

この世界には、色々な特徴の人がいます。

周りの人と同じように作業が出来ない人も、多くいるのです。

 

あなたは、あなたのために生きればいいだけだと考えています。

 

自分のために生きる方法【スピリチュアル的視点】

f:id:choro0164:20201013070039j:plain

僕が考える、自分のために生きる方法は、以下の3点です。

 

・自分のペースでしかしない

 

・自分で考えてみる

 

・ありがとうの連呼

 

 

前述したように、「自分のペースで生きる事」は、とても重要です。

それぞれ、具体的にご紹介していきます。

 

自分のために生きる方法①自分のペースでしかしない

自分のために生きる方法の1つ目は「自分のペースでしかしない」です。

 

無理に他者のペースに合わせる必要が、どこにあるのでしょうか?

そりゃ、やってみて出来るのであれば、それでいいと思います。

 

でも、能力的に出来ない人はいます。

そんな人は、自分のペースでぼちぼちやっていくだけでいいと思うのです。

 

そりゃ、中には「ペースを合わせてくれないことに」怒ってくる人もいるでしょう。

でも、そのペースでしか出来ないんだから仕方ないのではないでしょうか?

 

僕は、サラリーマン時代に色々なペースの人を見てきました。

 

・初めからすごいスピードで覚えるけど、努力は嫌い

・めっちゃゆっくりだけど、毎日ずっと努力をする

・人のまねをするのが得意

・どんなに怒られても、自分のやり方を変えない

 

個性あふれる人が世の中には沢山います。

あなたは自分のペースで生きられているでしょうか?

 

ひょっとすると「あなた自身が自分のペースではない」から、周りにいる「自分のペースで生きている人」を許せていないのかもしれません。

 

自分のために生きる方法②自分で考えてみる

自分のために生きる方法の2つ目は「自分で考えてみる」です。

 

自分のために生きられない人は、自分で考えることを放棄しています。

元々は、自分で考えていたはずなのに、「お前は自分で判断するな」「お前は非常識だから考えるな」などなど、酷い事を言われ、考えなくなってしまっているのです。

 

僕は、「自分で考えて、自分で行動する」をおすすめします。

 

どんなに人と違う選択肢になってもOK。

どんなにその答えを人にばかにされてもOKです。

 

なんなら、「なんだ、そんなありきたりな答えしか出せないのか。」

 

とでも、思ってやりましょう。

 

自分で考えて自分で行動すると、「自分のために生きてる」感じがすごくします。

僕も、サラリーマンを辞める時は、「自分で考えて、自分で行動しました。」

 

自分のために生きる方法③ありがとうの連呼

これは、「ありがとう」を色々な人に言いまくってみよう!

 

ということです。

よく、日本人は「すみません」という機会が多すぎると言われています。

 

僕はどんどん「ありがとう」を使っていくべきだと考えています。

一番理想的なのは、、

 

「お前、なに今のタイミングで、ありがとうって言ってんの?頭おかしいんじゃね?」

 

と言われるくらいに、気持ち悪がられる事です。

ここまで理想の境地に達せれば、ありがとうを言う機会はめちゃくちゃ増えます。

 

ちなみに、インドには「ごめんなさい」という言葉は存在しないそうです。

みんな「お互い様だよね」と生きているので、謝る習慣はありません。

 

自分のために生きるのは当たり前

f:id:choro0164:20201013072015j:plain

自分のために生きることは「人間として当たり前」です。

 

中には「自分のためって、自己中じゃね?」と仰る方も沢山います。

しかし、どうして「自己中」だと思うのか?というと、その人が「自分のために生きた経験がないから」です。

 

みんなが、自分のためだけに生きていて、それが世界中で当たり前であれば、自己中という発想は産まれません。

 

仕事を沢山こなすのが大好きな人は、沢山仕事をすればいい。

仕事をゆっくりこなしたい人は、仕事をゆっくりこなせばいい。

 

これだけのことです。

僕は、せっかちで仕事を沢山したい人なので、好きな仕事だけ、めちゃくちゃしてきました。

 

今でもそうです。

新しいチャレンジの仕事も、どんどん受けて毎日学びまくっています。

 

仕事をしたくなければ、冒頭に書いたように、厚生労働省に相談することも出来ます。

 

自分のためにみんなが生きだすと、世界ってめっちゃ幸せになるはずです。

 

「全員が自分の好きなペースだけで生きる」これが一番合理的だと僕は思います。

 

自分のために生きることは誰かを守る事でもある

f:id:choro0164:20201013072652j:plain

自分のために生きるという事は、誰かを守る事も含めていいと思っています。

 

例えば、「守りたい家族」「守りたい恋人」「守りたい親」「守りたいペット」。

大事な人を守ることが、「あなたが最大限にやりたいこと」であれば、絶対にそれを押し通すべきです。

 

守りたい家族のために「やりたくない仕事をする」。

こんなに自分のために生きている人がいるでしょうか?

 

裏を返せば、守りたくないのであれば守らなければいいのです。

自分で心の底から「守りたい!」と思った時だけ守ればいい。

 

逆に「守りたい物」を作ってしまうのも効果的かもしれません。

その守りたい人がいるから、あなたは自分のために生きることが出来るようになります。

 

どうして、他者のペースで生きて、他者のために守る必要があるのでしょうか?

全て守るのは「自分のため」ではないでしょうか?

 

自分のために生きる事=大切な人を守る事 だと僕は考えています。

僕も、家族を守るために自分の好きな仕事をし続けるでしょう。

 

それが幸せだから。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は、スピリチュアル的に見た「自分のために生きる方法」をご紹介してきました。

 

上記の様な方法を使うと、幸せになって、ワクワクして、スピリチュアルパワーはどんどん動き出します。潜在意識はどんどん変化して、あなたの見ている世界をどんどん変えてくれるでしょう。

 

そして、気が付いた時には「超幸せ」の中にあなたはいるのです。

 

ちなみに、僕はそうやって毎日幸せを感じています。

自分のために生きるってことは、全世界を幸せにしちゃうでしょう!

 

今日もありがとうございました。

【スポンサーリンク】