ちょろの癒し部屋【スピリチュアルブログ】

ワクワクと癒しを提供しようと、毎日スピリチュアルブログを更新しています。

ダメな自分を変えたい時におすすめの方法を解説!【スピリチュアル視点】

おはようございます。

ちょろです。

 

あなたは今の自分に満足していますか?

僕は今の自分にも満足していますし、もっともっと勉強をして死ぬまで成長を続けていきたいと考えています。

 

あなたがこの記事にたどり着かれたということは、僕と同じように「もっと成長したい」「ダメな自分を変えたい!」と思われている事でしょう。

 

そこで今回は、ダメな自分を変えたい時にはどんなことをすればいいのか?

というテーマで記事を書いていきます。

 

この記事をしっかり読んで頂ければ、あなたは間違いなくダメな自分を変えられるでしょう。

 

結論を先に言っておくと、「あなたは既にダメな自分を変えつつあります」。

 

では、具体的に見ていきましょう。

 

この世にはダメな人は一人もいない

f:id:choro0164:20210727073514j:plain

まず前提条件として、僕は「この世にダメな人は一人もいない」と考えています。

なぜなら、「既にこの世界に意識としてあなたが存在するから」です。

 

今のあなたの意識を作ったのは、大宇宙です。

まあ、神様だと言ってもいいでしょう。

 

その宇宙様が「あなたの意識も必要だから作っとくね」と言って作ったのに、不要なことってあります?

 

必要のないものを作るはずがないのです!

 

あなたが今、意識があって、スマホを持ってこの記事を読めているのであれば、間違いなくあなたは「ダメじゃない人」です。

 

しかも、「ダメな自分を変えたい!」と思ってこの記事を読んでいるわけですから、確実にダメじゃない人の波動を持っていると言えるでしょう。

 

ちなみに、昨日ツイッターでも書きましたが、先日群馬県富岡市にあるかなり激ヤバな珍スポットに行ってきました。

 

 

こんな意味の分からないダメスポットでも、この世界に存在する意味があるのです。

あなたの存在がダメなはずがありません。

 

とはいえ、何とかして今のダメな自分を変えたいとあなたは思っているでしょうから、おすすめの方法をいくつか次項でご紹介していきます。

 

 ダメな自分を変えたい時の3つの方法とは?

f:id:choro0164:20210727074229j:plain

 僕が考える、スピリチュアル的にダメな自分を変える方法3つはこちらです。

 

・朝日を浴びること

 

・瞑想をすること

 

・ゴールを決めて書くこと

 

 

 

以上の3点になります。

かなり当たり前のことばかりですが、ダメな自分を変えるためには必ず必要なことばかりですので、詳しく深掘りしていきましょう。

 

ダメな自分を変える方法①朝日を浴びること

ダメな自分を変える方法の1つ目は「朝日を浴びること」です。

あなたは規則正しい生活をして、なるべく朝日を浴びる努力をしていますか?

 

朝6時から9時までの間の朝日を15分程度浴びるだけで、人間の脳からは幸せホルモンのセロトニンがドバドバ出てきます。

 

セロトニンが出ることで、心を穏やかにすることが出来るため、前向きな行動が可能になり、ダメな自分をどんどん変えてくれます。

 

もちろん、スピリチュアル的に見ても、朝日には僕達の細胞をガンガンに変えるスピリチュアルパワーがギュッと凝縮されているため、朝日を浴びることはめちゃくちゃ大切なのです。

 

ちなみに、セロトニンは午前中にしか活性化されないため、午後からの日差しを浴びるよりも朝日の方が効果的です。

 

さらにセロトニンは、夜になると睡眠ホルモンの「メラトニン」にも変わるため、夜の寝つきも良くなります。

 

ダメな自分を変える方法②瞑想をすること

ダメな自分を変える方法の2つ目は「瞑想をすること」です。

 

僕も毎日瞑想をする時間を取っていますが、瞑想をすると「脳の力」が鍛えられます。

 

この本を書かれた脳科学者の「岩崎一郎先生」によると、、

 

” 瞑想は脳の島皮質を鍛えて、脳全体をバランスよく使えるようになる ”

 

とのことなので、瞑想を続けている人は、自分の潜在意識をガンガンに使えるようになりやすくなるのです。

 

瞑想という言葉が「宗教的で嫌」と思われるのであれば「マインドフルネス」という行為も同様の行為なので、そう認識してもいいでしょう。

 

あなたが「私ってダメだわ」と思っている時は、きちんと脳を使い切れていない状態なのかもしれません。

 

そうなのであれば、まずは毎日瞑想を5分から10分程度行う習慣を持ちましょう。 

 

 ダメな自分を変える方法③ゴールを決めて書くこと

ダメな自分を変える方法の3つ目は「ゴールを決めて紙に書くこと」です。

 

僕達がこの世界を認識して、「こんな世界なんだ!」と決めているのは、自分の潜在意識の力です。

 

その潜在意識は「どこに向かうのか?」を明確にしてあげなければ、「どんな世界を見たらいいのか?」が分からなくなります。

 

つまり、あなたは「ダメな自分を変えて○○になりたい!」というゴールを決めなければいけないのです。

 

何でもいいので「○○になった!ありがとう!」と紙に書いて、目の前に貼りましょう。

 

ポイントは今まで何度も言っている通り「○○になった!」と手に入ったように書くことです。

潜在意識は、まだ手に入っていない「○○」と「今の現実の差」を埋めようと今のあなたを無意識的に変える方向に進みます。

 

だから、書いて貼っておいて、あなたは今日一日を頑張って過ごすだけで、必ずその方向へじわじわと向かえるのです。

 

ダメな自分を変えたければ、紙に書きましょう。

 

ダメな自分を変えたいと思った瞬間に叶っている

f:id:choro0164:20210727080551j:plain

昨日は、僕もダメな自分を変えるために、不思議なパワースポットに行き写真を撮ってきました。

 

かなりコアな場所で、心の底から不思議体験をすることが出来たのです。

 

それもこれも、僕が死ぬまでどんどん学んで「自分を変えたい!」と思っているから。

「変えたい」とも思わず、なにも感じずに生きていると、不思議なパワーを感じることはありません。

 

重要なのは「ダメな自分を変えたい!」と思ったあなたの今の意識です。

 

つまり「ダメな自分を変えたい!」とあなたが思った瞬間から、あなたはダメじゃなくなりつつあるということです。

 

もちろん、前述したような方法を活用することで、さらにダメなあなたではなくなりますが、今「変えたい!」と思ってこの記事を読んで頂いているだけで、あなたは変わりつつあるのです。

 

最高ですね。

 

ダメな自分を変えたいと思ったことに価値がある

f:id:choro0164:20210609102527j:plain

あなたは「ダメな自分を変えたい」と今思っていますが、そう思ったことだけで、かなり価値があります。

 

多くの波動が低い人は「自分はダメだから、どうせかわんねーよ」と思って生きていますが、あなたは「変えたい!」と今思っているのですから、比べるとかなり波動が高い状態です。

 

しかも、有難いことに、この記事にもたどり着いて頂き、僕と同じ波動の高さまで来れました。

 

何も思わずに「ぼーっと」生きていれば、人生は何も変わりません。

今あなたが思ったように「ダメな自分を変えたい!」と思って具体的な行動を起こすことに、こんなに多くの価値があるのです。

 

早速具体的な行動に移しながら、今の「ダメな自分」を変えてみましょう。

 

あなたなら、必ず変えられるはずです。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は、ダメな自分を変えたい時におすすめの方法を、スピリチュアル的な視点でご紹介してきました。

 

実際に行動を起こして変わるかどうかは、あなたにかかっています。

僕があなたを変えることは出来ませんが、あなたが自分で変わることはとても簡単です。

 

すぐにでも、朝日を浴びて、瞑想をする習慣を作り、紙に書いてダメな自分を変えていきましょう。

 

【スポンサーリンク】